超解説!男性のスマートカジュアルとは

view1,551

 
ちょっとしたパーティーにお呼ばれ。
ホテルに入っているレストランでの食事。
慣れない場所でちょっとドキドキですが、不安なことが一つ。

『ドレスコード:スマートカジュアル』

 
「何を来ていけばいいのかわからない!」
 

せっかく楽しみな予定があっても、何を着ていけばいいのかわからないと不安になってしまいますよね。
そこで今回は、私たちを悩ませる「スマートカジュアル」が何なのか、しっかりと理解していきましょう。

そもそもスマートカジュアルとは?

スマートカジュアルと言われたら、「なんかキレイな格好してこい」と言われていることはわかります。
しかし、そもそもスマートカジュアルってなんなのでしょうか。

スマートカジュアルは、ドレスコードの一種

スマートカジュアルは、ドレスコードの一種です。
「一般的な結婚式には略礼服」がドレスコードでは身近な例ですね。

スマートカジュアルは、結婚式でおなじみの略礼服よりもカジュアルな位置付けであることがわかりますね。

同じような言葉に以下のような言葉が存在します。
・ビジネスカジュアル
・カジュアルエレガンス

正直、定義にはブレがありますが、男性にとってはどれも同じような服装です。
ただ、ビジネスカジュアルは、会社でのクールビズ等も含まれるためビジネス的な意味合いが強くなります。

では、スマートカジュアルの具体例を見てみましょう。

 

男性のスマートカジュアルの基本形は、ジャケパンスタイル

商品ページ

典型的なスマートカジュアルです。
所謂ジャケパンスタイルですね。
シャツの上にジャケットを羽織って、革の靴を履けばOKです。

「スマートカジュアル」と言われれば、この類の格好をしていけばまず問題ありません。
しかし、「これだけが正解!」というわけではないのがスマートカジュアルの難しいところ。

 

スマートカジュアルは、場面によってマチマチ

ジャケパンスタイルはスマートカジュアルの王道ではありますが、答えはそれだけではありません。
もう少し崩したスタイルでもスマートカジュアルとして通用する場面がたくさんあります。
逆に、格式高いフレンチレストランのディナー等だと、上に例として出した格好でもカジュアルすぎるかもしれません。

例えば、レストランのドレスコードで「スマートカジュアル」と言われる場合、レストランにもよりますが、
「タンクトップとか半ズボンとかダメージジーンズはやめてね」
という意味合いで使われている場合も多いのです。
もちろんジャケパンで行くのが一番安心ですが、
「当日周りを見たら、もっとカジュアルな格好も多かった」
ということもあります。

 

一流ホテルの「スマートカジュアル」の解釈

具体的に、「スマートカジュアル」と表記されている有名で高級なホテルに問い合わせて見ました。

▼ザ・リッツカールトン・東京
アジュール フォーティーファイブ:カジュアルエレガンス
ひのきざか:スマートカジュアル

Q:スマートカジュアルって、具体的にどういう服装で行けばいいんですか?
A:
具体的な例といたしまして、極端にカジュアル感の強いTシャツやショートパンツ、汚れたスニーカー等はご遠慮いただいております。
必ずジャケットにネクタイ、ヒールの靴でなければならないという訳ではございませんので、
普段のお洋服でお越し下さいませ。

Q:夏は「ジャケット無しでシャツだけ」、「シャツ無しでTシャツの上にジャケット」でもいいんですか?
A:どちらも適切です。

Q:ダメージ無しであれば、ジーンズでもいいですか?
A:大丈夫です。

Q:ちなみに、「カジュアルエレガンス」と「スマートカジュアル」って何か違いがあるんですか?
A:大きな差はございません。

世界展開する5つ星ホテルの中のレストランですが、予想以上に優しい解釈です。
「絶対にジャケパンでなければいけない」というわけではないんですね。

ただ、「(フレンチレストランのアジュール フォーティーファイブは)より落ち着いた、フォーマルな雰囲気のあるレストランでございますので、そのような場にふさわしいお洋服をご案内しております」ということも教えてくださいました。
スマートカジュアルと一言で言いますが、場所次第で結構変わってくることが伺えます。

 
▼コンラッド 東京
cerise:スマートカジュアル

Q:スマートカジュアルって、具体的にどういう服装で行けばいいんですか?
A:タンクトップ、短パン、ビーチサンダルにつきましてはご遠慮いただいておりますが
オールデイダイニングでカジュアルなレストランですので、
どうぞお気軽にご利用ください。

Q:夏は「ジャケット無しでシャツだけ」、「シャツ無しでTシャツの上にジャケット」でもいいんですか?
A:どれも問題ございません。

Q:ダメージ無しであれば、ジーンズでもいいですか?
A:大丈夫です。

こちらも5つ星ホテルに入っているレストラン。
ですが、こちらも服装の解釈は結構ゆるい印象を受けました。
「綺麗で他の人を不快にしない服装にしてくださいね」という意味合いでのスマートカジュアルなのでしょう。

 

このように、特にレストランにおいては「絶対にジャケパンを死守しなければいけない」というわけではないことがわかります。
ジャケットは絶対ではないですし、ジーパンでも入れないことはありません。

ただ、同じホテルに入っていてもレストランによって雰囲気は変わってくるので、適切なスマートカジュアルの意味合いも変わってくることもわかりました。
「ビュッフェ形式のレストランだから、Tシャツの上にジャケットでもいいかな」
「星付きのフレンチだから、ジャケパン革靴が安心だな。パンツもスラックスにしておこう。」
というような想像が必要なんですね。

また、「お店に許されているから、ギリギリまでゆるく行こう!」という考えもよろしくありません。
入店拒否はされないとしても、周りから浮いてしまっては食事を楽しむことが難しくなってしまいますよね。

スマートカジュアルと一言で言っても幅が大きいので、
どんな場所に行くのかを考えて、スマートカジュアルのコーデを考える必要があることがわかりました。

 

スーツじゃダメなの?

スーツが正解かもしれませんが、思考を停止してスーツにするのはオススメできません。

スーツで行ってスマートカジュアルのドレスコードに引っかかる、ということはありません。
しかし、スーツで行って居心地がいいかを考えてみてください。

周りの人もスーツで行くのであれば、もちろんスーツでも問題ないですよね。
ただ、もしスーツがあなた一人だったら、問題はないはずなのになんだか居心地が悪い・・・なんてことになってしまいます。

どこに、誰といくのか。そして、他の人はどんな格好をしていくのかを今一度確認してみてください。

 
 

要するに、のスマートカジュアルはどうすればいいの?

1.他の人と一緒に行くのであれば、周りの雰囲気に合わせる

他の人と一緒にドレスコードがある場所に訪れる場合、同行する人と雰囲気を合わせるのが一番簡単な方法です。
素直に、どんな感じの服装で行くのかを聞いてしまいましょう。

「レストラン側は、かなりカジュアルでもOKって言っているじゃない!」

と思ってカジュアルな格好で行ったとします。
確かにレストラン側からは何とも思われないでしょう。

しかし、同行者がどう思うのかは分かりません。
同行者がスマートカジュアルをかなり固く考えている可能性もあります。
相手に「軽く考えられているんだな」と受け取られてしまうかもしれません。

自分も同行者も心地よく過ごせることが一番大事ですよね。
そのためには、周りの雰囲気に合わせるのが一番カンタンです。

 
2.素直に訪れる先に聞いてしまう

あなたがどこを訪れるのかにもよりますが、
例えばレストランであれば、聞けば丁寧に教えてくれます。

ホテルの総合受付に聞いても、レストランに直接聞いても教えてくれるでしょう。
スマカジ指定してくるレストランであれば、だいたい丁寧に対応してくれます。

「電話は嫌だな」

と思う方も多いと思います。
最近は、Eメールでの問い合わせ対応をしているホテル・レストランも多いので、公式HPを調べてみてください。

 
3.安全な王道ジャケパンコーデにしておく

「スマートカジュアル」と言われているのであれば、一旦ジャケパンにしておけば安全です。

・ジャケット
・シャツ
・スラックス
・革靴

それぞれ無難なデザインの抑えめの色にしておきましょう。

 
 

夏のスマートカジュアル コーデ例

では、スマートカジュアルの具体的なコーデを見ていきましょう。
有名レストランからの回答でも触れましたが、「スマートカジュアル」は解釈の幅が広い難しい言葉です。
あなたが実際にどんなところに行くのかを考えて、どこまでカッチリするのか、もしくはカジュアルにするのかを考えてみてください。

▼夏でもOK、綿麻ストレッチジャケットコーデ

商品ページ

シックな色合いで大人っぽく、クールな男性にぴったりなスタイルだと思いました。
20代前半の若い男性から30代後半まで、幅広い年代に似合うと思います。
好感度はとても高いです!
ブルーのシャツは遊び心もあってオシャレだと思います。
鞄もこのスタイルによく合い、かっこいいですね。
(35歳 会社員 Fさん)

大分カジュアルですね。
ホテルレストランでお食事する格好ではないと思いました。
好感度は低いです。
20代半ばの男性のする格好のように思いました。
やはりホテルならば襟はほしいですね。
(33歳 会社員 Aさん)

暑い夏にジャケパンは辛い!
ジャケットは綿麻素材のストレッチ仕様。
私服としても優秀な楽々コーデです。

ただ、女性の意見を聞いても分かる通り、かなりカジュアルよりであることは確かです。
そのお店の雰囲気や、一緒に行く人の認識によってはもう少しカッチリした方がいいかもしれません。

 
▼白パンが爽やか!夏のシャツコーデ

商品ページ

とても爽やかな印象です。
春夏っぽいスタイルで、足元にオシャレを感じます。
20代後半から30代後半の爽やかな男性によく似合うと思います。
細身でスタイルの良い男性に着てほしいファッションだと思いました。
季節は限られますが、好感度は高いです。
(35歳 会社員 Fさん)

全体的にさわやかでとてもいい印象を受けます。
アンクル丈にロールアップしている感じがお洒落で見た目もしっかりしています。
30代の男性に良さそうな大人の男性のコーデですね。
(28歳 会社員 Mさん)

ジャケットを省いたカジュアルなスマートカジュアル。
白パンのおかげで明るいコーデに仕上がっています。
ローファーもオシャレですね。

 
▼楽チン、ポロシャツでカジュアルなスマカジコーデ

商品ページ

場面は選びそうですが、夏であればこのくらいが本来は楽チンです。
「誰とどこにいくのか」を考える必要もありますが、実際にはこの格好で入店拒否をされるレストランは中々ありません。
例えば、「高級フレンチレストランのディナー」とかになると辛いかなぁというところ。
詳細はぜひ、そのお店に問い合わせてください。

ポロシャツには夏らしい柄も入っていて、オシャレ感もバッチリです。
窮屈な服で行くよりも、このくらいラフな格好で行って楽しんだ方が良いかもしれませんね。

 
▼カジュアル寄りジャケット×白パンスマカジ

商品ページ

 

半端丈でカジュアルな杢柄のジャケットを使ったスマカジです。
全体的に色が明るく夏でもOKですし、カジュアル感も強め。
でもジャケットを羽織っているのでスマカジとして十分戦えます。

 
▼白パン×黒ジャケットの大人っぽいスマカジ

商品ページ

 
綿麻素材のサマージャケットを使用した夏のスマートカジュアルです。
夏のスマカジの例としては理想的だと思います。
靴は革靴ですし、全体的に上品。
でも、ある程度快適で白パンのおかげで夏っぽさも少し残っています。

 
 

春・秋のスマートカジュアル コーデ例

 
春・秋のスマカジは、基本的に「ジャケット+シャツ」をトップスに持ってくることになります。
いわゆる一番オーソドックスな”スマカジ”というわけです。

ただ、「春だから少し明るい色を入れよう」「秋だからワインレッドで季節感を」というような気遣いができると、ファッションとしても楽しむことができますね。

 
▼チノパンにシャツとジャケット、王道コーデ

商品ページ

品がよく落ち着いた印象です。
だけど、ジャケットが少し地味な色かなと思いました。
無難で失敗しないコーディネートだと思います。
30代後半から40代の男性にあいます。
(33歳 在宅業 Hさん)

チノパンで少しカジュアルさを残しつつ、上着はきちんとジャケットでキメていて好感度高いです。
かしこまったスーツで来られるよりは、こちらも少し気を抜いて気楽に楽しめそうです!
20代から40代の男性に着てほしいコーデです。
(28歳 主婦 Eさん)

ジャケット・シャツ・チノパンという、よくあるジャケパンコーデです。
色合いも抑えられていて、シャツも無地の白シャツが採用されています。

詳しく考えるのであれば、一番カッチリしているジャケパンコーデではありません。
スラックスではなくチノパンが採用されていますし、ジャケットが比較的カジュアルよりだからです。
しかし、その分親しみやすいコーデに仕上がっていますね。

 
▼バンドカラーシャツで差がつく、ジャケパンコーデ

商品ページ

シックな色合いの中にも少し砕けた感じでお洒落な雰囲気を感じですね。
好感度は中の上くらいで、まぁまぁ良く感じます。
年齢的には10代後半から35歳くらいまでに良さそうです。
(35歳 専業主婦 Tさん)

スタンドカラーやノーカラーのシャツは、ジャケットとパンツのセットアップを着るときにはお仕事感を軽減させてくれるのでかしこまりすぎず、レストランでのデートにはぴったりです。
20代から40代の男性が着ると好感度は高いです。
(29歳 家事手伝い Iさん)

バンドカラーのシャツを取り入れるとググッとオシャレ感が高まります。
「服装に気を使っています!」ということがビシビシ伝わって来ますよね。
シャツは外に出されているので、スマートカジュアルの中でもカジュアルな部類に入ります。

 
▼大人っぽい黒系ジャケットコーデ

商品ページ

全体的なカラーとしてはややブラックが多く地味かもしれませんが、清潔感が非常にあり私であれば合格点を出します。
若い人がこのコーデを行ってもやや年上に見えてしまうかもしれません。
(28歳 自営業 Oさん)

ジャケット、パンツのカラーがシックで全体的にきれいめコーデですが、メガネを着用することでラフさとオシャレ度が増します。
このスタイルにはメガネは絶対あった方が良いです!
スニーカーを合わせているところも好感度が高いですね。
20代前半から30代後半まで幅広い年代に似合うファッションだと思います。
(35歳 会社員 Fさん)

暗い色でまとめた大人かっこいいコーデです。
シャツ抜きのカジュアルな装いで、夏でも不快ではない嬉しいスタイル。
白のシューズが良い感じですね。

 
▼カジュアル寄り、ストライプシャツのスマカジコーデ

商品ページ

少しカジュアル寄りなスマカジです。
スラックスでなくチノパンですし、シャツの裾を出していますよね。
気の知れた友達との食事ならば、このくらいのカジュアル感の方が肩肘をはらず楽しむことができそうです。

全体が少し暗めなコーデとなっているので、どちらかというと秋の方が雰囲気として合っているかもしれません。

 
▼大人カジュアルなジーンズ×ジャケットコーデ

商品ページ

 

ジーンズなので、スラックス等と比べるとカジュアル寄りなコーデ。
その分親しみやすく打ち解けやすい雰囲気です。
ジーンズの青色が爽やかです。
スマカジとしては、ジーンズOKの場面で活躍しそうです。

 

著者:ちゃんてぃ

「これ以上私のように拗らせた人間を増やしたくない」
の信念の元、実際に女性にアンケートをとった根拠のあるモテ情報を調査しています。(『モテちゃん』)
モテると思ってコンサルティングファームに入社しましたが、それでもモテません。
最近、もう開き直っています。

【連載】女子の本音アンケート企画カテゴリの人気記事

≫もっと見る