メンズ ビジネスカジュアル徹底講座!

「うちの会社はビジカジOKだよ!」

要するに、何を着ていけばいいのでしょうか?
色々考えていると、面倒になってしまいます。

この記事では、そんなビジカジについてわかりやすく解説していきます。

「そもそもビジカジってなんだろうか?」

「何をしちゃいけないんだろう?」

明日からビジカジに迷わないように、しっかりとチェックしてみてください。

すぐにコーディネートをチェックしたい方はこちら

 

注意点ですが、この記事で紹介しているビジカジコーデはかなりカジュアル寄りです。
どちらかというと、私用で使うスマカジに近いコーデです。
会社によってはOKですが、ビジカジの解釈が固めの会社ではNGかもしれません。

ビジカジは、その会社ごとに意味合いがかなり違います。
周りの人、特に上司を観察して、適切で浮かないビジカジを目指していきましょう。

そもそもビジネスカジュアルとは?

ビジネスカジュアル、という言葉はここ数年広まってきましたよね。
オフィスカジュアル、という言葉もありますが、だいたい同じ意味で使われています。
ちなみにスマートカジュアルも同じような服装を指すことが多いですが、あくまでもレストランや結婚式の二次会など、非公式な場でのコーディネートを指しています。

そんなビジカジの定義はかなり曖昧です。

あえて一言で言うならば、『その会社で受け入れられるスーツよりカジュアルな服装』のことです。
 
 
例えば、ビジネスカジュアルの定番はチノパンやスラックス等のパンツにテーラードジャケットをあわせたコーデです。
スーツはジャケットとパンツの柄が同じセットアップスタイルですが、ビジカジのコーデではジャケットとパンツの柄が別になっているコーデを想像してください。

そして何よりも、ポイントは「その会社で受け入れられる」ということ。

ビジカジと一言で表現されますが、フォーマル色が強いジャケパンスタイルから、柄シャツやジャケット+Tシャツをあわせたような私服のようなスタイルまで様々です。
その中で、あなたはどの程度カジュアルなビジカジを選ぶべきかは難しい問題です。
 
 
どの程度カジュアルなビジカジを選ぶかは、周りの雰囲気に合わせるのが一番安全です。

同僚や上司がフォーマル寄りなジャケパンを選んでいる中、自分だけカジュアルな薄いテーラードジャケット+Tシャツだと浮いてしまいます。
逆に、周りがカジュアルな服装なのに一人だけしっかりキッチリしていてもおかしいですよね。

ビジネスカジュアルと一言で言いますが、何が正しいビジカジかは「あなたの職場の雰囲気を見て判断する」のが一番安全なのです。

 
メンズファッションプラスでは、比較的カジュアル寄りのコーデを"スマートカジュアル"として扱っています。
スマートカジュアル表記ですが、会社やコーデによってはビジネスカジュアルとしても着用することができます。

ビジカジで気をつけたいアイテム

「その会社ごとに違う」と言っても、ビジカジで一般的に気をつけなければいけないアイテムは存在します。
知らないうちに悪気がないのに評価が下がっていく・・・なんて絶対に避けたいですよね。

丈が長いシャツを外に出さないで

ファッションに興味があまり無い方がやりがちなミスです。

「カジュアルなビジカジなら、シャツの裾を出してもOKだよね」

確かに、周りの人がそのくらいカジュアルであればシャツの裾を出すことは全く問題ではありません。
しかし、そのシャツは裾を出してもよいシャツでしょうか?
 
 
シャツには大きく分けて2種類あります。
裾を出すタイプのものと、裾を入れるタイプのものです。

裾を入れるタイプのシャツは、シャツがすぐパンツから出てこないように裾が長めに作られています。
その裾が長く作られているシャツは、裾を出して着てはいけません。
著しくだらしなく見えるからです。

例えば、ワイシャツは基本的に裾が長く作られています。
シャツの裾を出したい場合には、ワイシャツとは別に裾を出してもおかしくない長さのシャツを購入するようにしてくださいね。

パンツ:チノパンはスラックスよりもカジュアルなことを理解しよう

ジャケパンコーデではスーツで使っているパンツを取り入れることになります。
しかし、どのパンツがカジュアルなパンツかわかりますか?

「上司がジャケパンだ!僕もジャケパンにしよう!」

ジャケット&シャツスタイルはなかなか間違えないと思いますが、
意図せず、上司よりもカジュアルなパンツを選んでしまうことは大いに考えられます。
 
 
カジュアルなパンツの例は、例えばチノパンです。
綾織りで厚手に作られています。
ベージュのチノパン、あなたも一本は持っているのではないでしょうか。
オーソドックスアイテムですが、一段階カジュアルになります。

また、最近では丈が少し短いパンツも普及しています。
くるぶしまで見えるような九分丈パンツは、うまく使うと垢抜けて見える優秀なアイテムです。
ですが、それがOKかNGかは会社によって変わってくるでしょう。

英字のプリントは意味を考えて

そもそも英字がプリントされているアイテムはかなりカジュアルであることは前提として押さえておいてください。

そんなカジュアルなアイテム、英字アイテムには無数のデザイン存在しています。
ただ、その意味を理解せずに使っている方も多いのではないでしょうか。
それは仕事に悪影響を与えるリスクを内包している行為です。

「うちの会社はほぼ私服なビジカジだから、どんな英字でも大丈夫だよ!」

という方もいるでしょう。
そういう会社も確かに存在しています。
 
 
しかし、どの場面でもそれが問題ないかはわかりません。

例えば、ヘマをしてしまい上司に謝りに行ったとします。
上司はすごく怒っていて、あなたも誠心誠意謝っています。

でも、ジャケットの下から覗いているTシャツには

"FUCK"

 

会社では、様々なシチュエーションが考えられます。
いつもなら問題にならない英字Tシャツだったとしても「相手が誰か」「相手の気分はどうか」という、自分ではコントロールできないことによってアウトになってしまう場合も有りえるのです。

上司が英語に堪能ならば、内心バカにされているかもしれません。
英語がわからないのは恥ずかしいことではないですが、それをあえて主張していく必要はないですよね。

どんなに会社がゆるいと言えども、いらないリスクは避けるのが社会人です。

ダメージ系は基本的に避けて

こちらも、ビジカジとしては多くの人は選ばないアイテムです。
やってしまうとしたら、

「ウチの会社はジーパンもOKのゆるい会社だ!」

「じゃあお気に入りのダメージジーンズ履いてっちゃおう!」

というパターン。

ダメージジーンズはなれている人はなんとも感じませんが、普段履かない人からするとなかなか尖ったアイテムです。
少なくても「しっかりとした社会人である」という主張をするアイテムではありません。
破れていますから。
 
 
非ダメージ系アイテムとダメージ系アイテムの差は大きいものです。
周りの人がカジュアルな格好をしていたとしても、ダメージ系を使っていいということにはなりませんので、注意してくださいね。
1段階、大きなカベが存在するのです。

OKかどうかは、同僚、上司の様子を見て決めるようにしてください。

同じ理由で、ドクロやスタッズが施されたものも注意してください。
「しっかりとした社会人」ではなく「威圧感や攻撃的な性質」を伝える要素です。

スーツのジャケットの使い回しには気をつけて

スーツのジャケットをジャケパンでも使い回せるかどうかは「モノによる」と言えます。

スーツのジャケットは基本的に「肩パットカッチリ・光沢強め・丈長め」です。
そんなスーツのジャケットはチノパン等の別のパンツと合わせると違和感を感じてしまいます。

なので、基本的にジャケパンコーデでスーツを使い回すことは難しいのです。

が、スーツもいろいろなのでモノによっては使い回せないこともありません。
要は、肩パットが薄くて、マットな質感で、丈が抑えられているデザインのスーツであればビジカジでも使いやすいのです。

「じゃあ私の持っているスーツは使えるの?」

OKかNGか判断が難しいと感じるのであれば、やめておいたほうが無難です。
現在出回っているスーツをビジカジに回すと、だいたい違和感を覚えます。

夏は汗ジミに気をつけて!

夏は汗に気をつけなければいけない季節です。
クーラーが効いた涼しいオフィスであればよいのですが、真夏はお昼を外に食べに行っただけで結構汗を書いてしまいます。

特に気をつけなければいけないのが、ワキの汗じみ。
ジャケットを羽織ったコーデであれば隠れてくれますが、ジャケットを省いたビジカジスタイルの場合には、ワキの汗じみが見えてしまうこともあります。

汗をかきやすい人は、汗のシミに気を使ったビジネスカジュアルを目指すようにしましょう。
 
 
まず、汗対策グッズに頼る方法があります。
制汗剤や腋汗パッドを用いましょう。
基本ではありますが、匂いの対策にもなるので、汗っかきの人は特に夏に必要な対策グッズです。

それでもダメならば、シャツの色を工夫するようにしましょう。
白や黒のシャツは汗が目立ちにくいのです。
逆に、水色や灰色などの中間色は汗のシミが目立ちます。

ですので、白か黒のシャツを選んでおけば、汗のシミができてしまっても目立ちにくいのです。
「目立たないから大丈夫!」というわけではありませんが、汗のシミが遠くからハッキリ分かる状態であるよりはマシですよね。

夏はニオイにも気をつけて!

以前働いていた職場に、汗かきで体臭がきつい人がいました。
女性社員全員が「あの人くさいよね」と影で話していました。
仕事を積極的にしてくれる良い人だったのですが、臭いのは頂けないです。
(30歳 Iさん)

汗染みだけでなく、夏はニオイにも気をつけなければいけません。
特に汗っかきの人は、「夕方になるとなんか臭い!」となりかねません。

まず、朝のシャワーを浴びましょう。

人間は、夜の間にも汗をたくさんかいています。
ですので、朝起きた時点で雑菌が増えていて臭いということも十分ありえます。
その上から昼間の汗が加わり夕方まで放置・・・なんてことになったらニオイはさらに悪化してしまうことは明らかです。
 
 
次に、制汗剤を使うようにしましょう。
臭くなってから使うのではなく、先に気になる箇所に使っておくことで、雑菌の繁殖をおさえてくれます。
すでに使っている人も多いでしょう。
夏の必須アイテムと言えますね。

脇汗がひどい人は、脇汗パッドの検討をしましょう。
すでに別の項目で触れましたが、脇汗を抑えることにも繋がり、見た目が悪化することも防いでくれます。

また、途中でインナーのTシャツを変えることも検討してみてください。
汗をまず吸ってくれるのはインナーのTシャツです。
インナーのTシャツを途中でリセットしてあげるだけで、ニオイを相当抑えることができます。

冬のおすすめビジカジ用アウター

冬のビジカジは、春秋のビジカジ+落ち着いたコートでOK!
まずは、代表的なコートをチェックです。

チェスターコート


商品ページ

大人っぽくてオシャレなアウター筆頭のチェスターコート。
ビジネススーツ用のアウターとしてもおなじみです。

ステンカラーコート


商品ページ

とってもオーソドックスな冬用のコート。
ビジネススーツの上から着るためのコートとして、あなたも持っているのでは無いでしょうか?

Pコート


商品ページ

少しカジュアル寄りの王道コート。
そもそもスーツにも合わせられるのでビジカジでも問題はありません。
ただ、あまり飾りのあるデザインのものは注意してくださいね。

ダッフルコート


商品ページ

こちらもカジュアル寄りのおなじみコート。
フードが付いていて、可愛らしく柔らかい雰囲気を作ってくれます。
ダッフルコート自体が可愛らしい雰囲気なので、中に合わせるコーデはカッチリ寄りにしたほうが女性好感度が高まります。

冬のビジカジ、コートの中

さて、コートの内側はどんなコーデが良いのでしょうか。
コスパを考えると、春や秋のビジカジコーデをそのまま使い回すのが一番オススメです。

すでに書いたとおり、適したビジカジスタイルは会社によって異なります。
ですので、上司や同僚のオフィスでのカジュアル具合を観察した上でスタイルを選ぶようにしてください

ここでは、「キレイ系の私服まで許されている」ようなビジカジを想定したコーデをご紹介します。

王道系、落ち着き重視のジャケパンコーデ


商品ページ

とても爽やかなコーディネートだと思います。
チノパンはカジュアルに見えますが、ジャケットの色が落ち着いているので、キレイめなコーディネートになっているのが女性としては好印象です。
ジャケットも堅苦しくなく、とても親しみやすい男性の印象です。
(31歳 会社員 Mさん)

シャツにジャケットをあわせた、カッチリ寄りのコーデ。
ジャケットやパンツの生地感など、カジュアルな部分もありながら、シャツインスタイルなので、しっかりした大人のような雰囲気です。

大人ジャケットコーデ


商品ページ

落ち着いた色のコーデのジャケットでシンプルな感じにお洒落さをプラスしているなと思いました。
(28歳 会社員 Yさん)

20代前半の若い人が着こなしそうなコーディネートかなと思います。
素足に革靴を履くのは職場でもアリかな?とちょっと疑問でもあります。
(28歳 主婦 Mさん)

カジュアルながらある程度大人な雰囲気があるジャケットを使ったコーデ。
「私服だけれども、社会人らしい大人感」が素敵です。

王道カジュアル、テーラードジャケット×カットソーコーデ


商品ページ

グレーのテラードジャケットが大人っぽくて素敵です。
少しカジュアルに着こなしているので、親しみやすい印象があります。
後輩から慕われる男性が着ていそうです。
(31歳 会社員 Mさん)

ジャケットがあるので、フォーマル感が出ていて取引先とのミーティングなどでも違和感ないなと思います。
グレーが少し明るめで爽やかな印象です。
(29歳 会社員 Yさん)

シンプルで綺麗なアイテムを組み合わせた鉄板コーデ。
シャツが入っていないので、かなりカジュアル寄りではありますが、とても格好いいですよね。

パンツの丈感も素敵です

シャツ×ケーブルニットの柔らかコーデ


商品ページ

ジャストサイズで着こなしている感じに清潔感が感じられてジャケットでなくニットなところも良いと思いました。
(33歳 専業主婦 Sさん)

黒のニットが暖かそうでとても良いと思います。
ニットの下にシャツを重ね着しているのもお洒落ですし、仕事帰りのプライベートでも違和感なく着こなせそうです。
(28歳 主婦 Mさん)

シャツの上からニットを合わせるのもビジカジの定番コーデ。
定番コーデが被りがちなビジカジですが、こんな風に少し凝った合わせをしてみると、ファッションが楽しくなりますね。