『モテたいわけではないのだが』トイアンナ新著発売記念インタビュー

view1,875

そつなく彼女ができる男と、いつまでもモテない男の違いとは?

「無難カッコいい」ファッションを提供するネットショップ『メンズファッションプラス』。そこで好評連載中のトイアンナさんのコラムが『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』という書籍となり4/8に発売しました。そこで今回はトイアンナさんへ発売記念に「そつなく彼女ができる男と、いつまでもモテない男の違い」を教えてもらいました!

――こんにちは、今日はよろしくお願いします。

トイ:よろしくお願いします!

彼女ができない男性は、アプローチが極端



――早速ですが、いつまでもモテない男性って何が悪いんでしょう?

トイ:まず、前提として「モテないことが悪い」わけじゃないと思うんですね。いまって「モテたい!」って理由で服やふるまいを決める時代でもないですし。ただ、人生相談で「彼女ほしい」男性は多いですね。彼女は欲しい、でもうまくかない。そういう男性が決して性格が悪いわけでもない。

むしろ性格に難アリ男子でも、途切れず彼女がいる人っていますよね。じゃあ何が違うのかっていうと、彼女がいない男性は「何もしない」んですよ。



――「何もしない」って、ほんとになんもないってことですか?

トイ:そうです。彼女ができない男性は、悩んでいるだけでアウトプットがないんです。ただ想い続けている。「君を想うことしかできない」って、J-POPなら美しい歌詞になりますけど現実では無です。無。



――だからといって、ガツガツいく男性って引かれますよね。

トイ:そうなんです。そこで矛盾しているようなんですが、普段「何もしない」引っ込み思案な男性ほど、決意を固めたらいきなりガツガツ告白してしまうんです。何年もただ想い続けて、いきなり告白する。

そうすると女性は恐怖しか感じません。これまで意識してなかった男性が、いきなりライオンになって襲い掛かってくるように見えちゃいますから。彼女ができない男性、言い換えれば恋愛初心者の男性ほど「1か0の極端なアプローチをしやすい」んです。

そつなく彼女ができる男性は、好意を小出しにする

――なるほど、じゃあそつなく彼女ができる男性は、何が違うんでしょうか。

トイ:そつなく彼女ができてトントン拍子に結婚するひとって、アプローチを段階的に踏めるんです。人と距離を詰めるのがうまい。
「最初はグループのみんなへ平等に話しかける」「グループでご飯へ行く」「1対1のランチに誘ってみる」「ランチで仲良くなれたら今度飲みに行こうよ、と言ってみる」といったようなステップを踏めるので、警戒心を抱かれにくいんです。



――さっきの彼女ができない男性と対照的ですね。

トイ:そうなんです。ところが問題なのは「さあ、段階的にアプローチしよう」といっても、これまで成功体験がない恋愛初心者の男性にとってハードルが高すぎる。
女性へ「普通に話しかけろ」と言っても、普通ってなんだよ!みたいになっちゃう。中高で女友達が少なかった男性は特に「女子と話す」ことがすでに特別ですから。普通なんてアプローチ、知らなくて当たり前なんですよ。



――そうですよね、女子と話すだけでも緊張しますよ。

トイ:ところが、男子校出身者だろうが、これまで女子との触れ合いが少なかろうが大学や専門学校では共学になりますし、職場には女性もいます。だからこれまでのやり方ではうまくいかないんですね。

彼女ができる・できない以前に、大人のコミュニティで浮かないように振る舞わなくちゃいけない。そこからつまづくと、「彼女ができる」っていうゴールが、果てしなく遠く見えてしまう。隣では自分と同じようなルックスの男性が、そつなく彼女を作っているのに。その差がわからないんです。だって、教わってこなかったんだから。

遠いゴールも、階段が見えればどうってことない



――そういった課題に取り組むのが新著『モテたいわけではないのだが』ということですか。

トイ:そうです、そうです。そつなく彼女を作るためのテキストがないなら、作ってしまえばいい。これまでにも「モテ術」「ナンパ術」の本は世にでていますし、どれもよいテキストだと思います。

けれど一方で、「普通に彼女を作る方法」はあまり書かれてきませんでした。「彼女の作り方」なんて普通すぎて、教科書なんていらないと思われてきたからかもしれません。けど、2014年の調査ではすでに20代男性の4割が「彼女がいたことがない」んです。(※)4割の男性がどうするか知らないことが、これまで網羅されてこなかった。って、大問題じゃないですか。



――確かに、そうですよね。

ですから新著『モテたいわけではないのだが』では、彼女を作るまでのステップを細かく書かせていただきました。内容は「女性に声をかけるのが怖くなくなる方法」から、「返事をもらえるLINE」までかなり実践的です。あと「大多数の女子に受ける服」は写真付きで掲載しています。こういう本では具体的であることが第一なので。

こうやって小さなステップを踏んでいくと、大きなゴールに見える「彼女を作る」も、実はどうってことないんだ、恐れるに足らないぞ、と思っていただけるはずです。足元を見て掃除していけば、いつかおうち全体がキレイになるように。彼女づくりも「意外とできるな」と思っていただければと思います。



――ありがとうございました。

トイアンナさんの新著『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』は4/8発売! 購入すべき服リストはメンズファッションプラスが完全提供しています。

『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』

購入はこちら:http://amzn.asia/70ZviA4

メンズファッションプラス掲載「彼女を作るコーデ」一部公開!

書籍に掲載された「彼女を作るコーデ」から、一部を公開いたします。残りは書籍でチェックしましょう!

【トイアンナ推薦! 最初の1枚に揃えたいトップス&ボトムス】

商品ページ

単体で着られる&合わせやすいグレーのアンサンブルトップスは、最初の1枚にピッタリ。

商品ページ

黒のチノパンは必ず持っていたい1品。黒いシューズと合わせれば足長効果も期待できます!

トイアンナさんのご出演のマネキン買い


商品ページ

出典:
ブライダル総研 恋愛観調査2014 20代男性のうち、付き合ったことがない人41.6%
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000010032.html

著者:トイアンナ (id:toianna)

外資系企業での女性を対象とした消費者リサーチや500人を超える相談実績から現在はライターとして独立。
恋愛、キャリアからエンディングまで幅広くアドバイスを行う。
 
ブログ「トイアンナのぐだぐだ」は最高月間50万PVを記録。『恋愛障害~どうして「普通」に愛されないのか?~』など著書多数。

トイアンナの男子改造計画カテゴリの人気記事

≫もっと見る