筋肉質な男性のためのファションコーデ講座

筋肉は最高のファッション!
が、実生活だと合う服が少なくなり、コーデに困ってしまうこともしばしば。
流行りのアイテムとの相性も悪いことが多いものです。

そんな方のために、筋肉質な人は「どんなアイテムを避けるべきなのか」「どんなファッションをするべきなのか」をまとめます。

結論は、「脱いだらスゴイ」と「ニットでゆったり大人感コーデ」です。

筋肉は「脱いだらスゴイ」にとどめておく!

せっかく鍛えた筋肉、見て欲しいですよね。
しかし、あからさまに筋肉をアピールするようなコーデは女性好感度を下げてしまうのです。

女性100名への独自アンケート調査とともに詳しく見ていきましょう。
ちなみに、アンケートでは「なかやまきんに君レベルのマッチョ」を想像して回答してもらっています。

マッチョのタンクトップコーデは女性的に厳しい

まずは、マッチョの方で時々好む方がいる、タンクトップコーデ。
調査の結果、お出かけなどでのタンクトップスタイルは止めたほうが無難だということが分かりました。

「好感度は低い」「好感度はどちらかというと低い」と答えた人が残念ながら過半数を超えていますね。
詳しい理由を女性に聞いてみました。

そもそも白のタンクトップが好きではない。黒ならまだマシだけど。
季節感とかTPOを考えて欲しい。
乳首、脇毛、胸毛、背中の毛など見たくないものも見えそうで気持ち悪い。
(30歳 Yさん)

好きではない。みんなに見せびらかしたいんだなーと思う。
マッチョの人は飲み会の席で脱ぎたがるイメージがある。
夏ならいいと思うけれど、時、場所、場面は考えた方が良いかなと。
(32歳 Aさん)

清潔感があれば良いと思います。
汗だくとか、脇毛が見えてるとかは絶対に無理です。
あとは、タンクトップの色も重要かも・・・。
白は肌着っぽさがあるし、赤とか派手なのは恥ずかしい・・・。
黒が引き締まって見えて良いと思います。
(30歳 Mさん)

結構辛辣な意見もありますね。
ただ、もちろん人によってはOKという場合もあるようです。

10人の女性に意見を伺いましたが、問題として多く挙げていたのは「清潔感」「ナルシスト感」「TPO問題」です。
基本的にタンクトップは部屋着かジムでのトレーニングウェア、もしくはシャツなどの下に着るインナーに留めておいた方が良さそうです。

マッチョのピチTスタイルは女子ウケ悪め

さて、タンクトップはだめでしたがTシャツはどうなのでしょうか?
調査の結果、筋肉でパッツンパッツンになったTシャツスタイルも女子ウケがあまり良くないと判明しました。

「好感度は低い」「好感度はどちらかというと低い」と答えた人が残念ながら過半数を超えています。
理由を女性に聞いてみました。

どちらかというと嫌いです。
筋肉を見せつけてナルシストっぽいからです。あと、乳首も気になります。
(31歳 Mさん)

嫌いですね。
いかにも「このTシャツの上からでも分かるオレの筋肉スゴいだろう」みたいな感じが大嫌いです。
(26歳 Gさん)

「筋肉アピール」が女性からすると苦手なようです。
女性のおっぱいアピールに世の男性は弱いものですが、逆はダメなんですね。ふしぎです。

もちろん胸筋がすごいから胸がモコっとなるのは仕方がないことです。
問題なのは、「ワザと小さめのTシャツを選んで筋肉アピール」的なことをしたスタイル。
無駄に女性好感度を下げてしまいますので、止めておきましょう。

マッチョは「ニットでゆったり大人感コーデ」を目指す

じゃあ、筋肉質なあなたはどんなコーデをすればいいのでしょうか。
筋肉を無理にアピールせずに、具体的にはニット等柔らかい雰囲気のものを使うことをオススメします。

「脱いだらスゴイ」でとどめておく

鍛えた筋肉は素敵です。
が、他の人に見せようとしてしまうと、そのアピール感が女性好感度を下げてしまうことは、前の項目で分かりましたよね。

ですので、サイズ感が合っているアイテムを使って、上からなにか羽織りましょう。

なかやまきんに君級の筋肉がある男性のファッションについて、
ジャケットやカーディガン等の「筋肉を隠すコーデ」とTシャツなど「筋肉が分かりやすいコーデ」のどちらが良いかを聞いた結果がこちらです。

圧倒的に何か上から羽織ったコーデが支持されていることが分かりますね。

羽織りましょう。
で、「ジャケットの胸元からチラッと筋肉が仕方なく見えちゃった!」的に、嫌らしくないように見せるわけです。

シンプルなニット系を選んで、ムサくならないシンプルコーデを

羽織るのにオススメなのは、ニット系素材のジャケット等。

根拠は雑誌 Men's JORKERの公式サイトの情報です。(引用元:Men's JORKER Premium)
プロの意見によると、マッチョのコーデは以下に気をつけるべし、とのこと。
・ガッチリとした体格を上手に活かすには、ニット素材などの柔らかい風合いの素材を使うのがコツ
・ジャケットは収縮色(黒や紺など暗い色)を使うとスッキリする
・インナーはジャストサイズ、ジャケットはゆとりのあるサイズを選ぶ
・パンツはテーパード(足先にかけて少し細くなるやつ)でパツパツにならない程度にスッキリ見せる

上記の根拠にしている記事はジャケットとジーンズを特集しているものですので、同じ"羽織るもの系"の王道であるカーディガンもニット系ですしぜひチャレンジしたいですね。

具体的にコーデを見てみましょう。

黒のワッフル生地ジャケットコーデ

21,100

ふわっとした優しい印象のワッフル生地の黒ジャケットを使ったコーデ。
ベージュのインナーにカーキのパンツでカジュアルな雰囲気に寄っていますね。

グレーのワッフル生地ジャケットコーデ

34,050

シャツの上からパーカーを合わせています。
シャツを挟むと少し綺麗な印象に。
パンツはストレッチ素材のものですが、太ももの太さによってはパッツンパッツンになってしまうので注意しましょう。

グレーのワッフル生地ジャケットシンプルコーデ

21,100

同じグレーのワッフルジャケットを使ったコーデ。
グレージャケット×白カットソーの定番コーデですが、よくある生地のジャケットのコーデよりも柔らかく優しい感じになっていますよね。

ショールカーディガンのシンプルコーデ

18,600

首周りに襟がついたカーディガン。
ニットジャケットに近い雰囲気を作ることができます。
紺色もしっかり収縮色(小さく見える色)ですのでポイントも押さえられていますね。

関連リンク

顔が大きい男性のための、全力ファッション講座続きを読む»
マネキン買いで一気に垢抜ける!おすすめ春コーデ集続きを読む»