【2021年版】梅雨のメンズファッションコーデ術。

梅雨時期は、寒暖差が激しかったり、湿気や雨のダメージも考えると着る服に悩んでしまいますよね。

しかも暑い夏が目前なので、梅雨だけのために、買い足すのもちょっと・・・と考えている人も多いでしょう。

そこで今回は、夏になっても着られる梅雨にオススメのアイテムとコーデをご紹介します。

【2021年】梅雨にオススメのトップス

配色ミニ裏毛半袖クルー(オフホワイト)

4,900

吸湿性に優れたスウェット生地のTシャツです。
湿気が多い日も、サラッとドライな着心地で雨季のストレスとおさらば。
袖周りはラグラン仕様で、より動きやすを追求したシルエットになっています。

汗染み防止加工ベア天竺Tシャツ(ネイビー)

4,100

6月頃からのお悩み、汗染みを防止してくれる加工を施したベーシックなTシャツです。
夏場や湿気が多く蒸し蒸しする梅雨はどうしても、汗染みが気になり、グレーや濃い色のTシャツを避けてしまうと思いますが、
これなら汗染みを気にせず好きな色のTシャツを着られます。

【2021年】梅雨にオススメのボトム

ベルト付テーパードパンツ(ホワイト )

8,300

爽やかなホワイトのテーパードパンツは夏になっても着られる1着。
特に梅雨にオススメの理由は、素材。
表面がサラサラとした水を弾くような素材なので、多少の雨なら浸水を防ぎ快適に履くことができます。

ストレッチツイルショートパンツ(カーキ)

3,600

真夏まで履くことを考えるなら、断然ショートパンツ。
通気性バツグンでストレッチ性もあるので動きやすさもピカイチ。
裾周りが濡れる不快感とも無縁です。

少し肌寒い日は秋にも使える防水加工のパーカーを取り入れよう

カチオン染めジップパーカー(ブラック)

6,650

伸縮性に優れた生地で、防水仕様の薄手パーカーです。
梅雨時はもちろん、旅行先に持っていったり、秋口の羽織としてなど、
細々使えるところがあるので、一枚持っておくとかなり重宝します。

ストレッチアノラックパーカー(カーキ)

13,350

アウトドアシーンにも活躍する、ウィンドブレーカー兼レインウェアでもあるアノラックパーカー。
胸と両脇にファスナー付きポケットがあるので、荷物が少ない日はこれ一枚被って、手ぶらでもOK。
手軽にトレンド感もでる今年一押しのパーカーです。

【2021年】梅雨にオススメのコーディネート2選

【蒸し暑い】気温20度以上にオススメの梅雨コーデ

五分袖コーチジャケット×半袖スウェット×ショートパンツ

16,210

吸湿性に優れたスウェットTシャツと、サラッとした着心地が特徴のサッカー生地を使ったショートパンツを合わせたスタイル。
蒸し暑い梅雨から夏にかけて、着用感も見た目も爽やかに決まります。
アウターは五分袖で通気性を保ちながら、雨を弾きやすい素材のものでより動きやすく。

【肌寒い】気温20度以下にオススメの梅雨コーデ

パーカー×長袖Tシャツ×パンツ

26,050

雨風に強いアノラックパーカーと、クライミングベルト付きスポーティなテーパードパンツを合わせたカジュアルスタイル。
アノラックパーカーは薄く、コンパクトにまとめられるので、外で脱ぎたくなってもカバンにしまえるので邪魔にならず安心。
天候が心配なアウトドアシーンにもピッタリなコーディネートです。

梅雨のコーデ術まとめ

夏まで使える梅雨の時期にオススメのアイテムとコーディネートをご紹介しました。

今の時期、新しい服を買い足すなら、

トップスは吸湿性に優れたスウェット生地や綿麻素材の物を選ぶ

ボトムは夏まで使えて通気性に優れたクロップドパンツやショートパンツを選ぶ

アウターは秋口にも使えそうなデザインで防水・撥水加工が付いているものを選ぶ

以上3つのポイントを意識しながら選ぶと、よりお得にお買い物ができますよ。

今年は、雨でも気分が上がる、快適なお洒落を楽しみましょう!

夏服コーディネートに関する関連記事はこちら

↓夏服の着こなし術に関する情報はこちらの記事をご覧ください!

【2021年夏メンズファッション】中学生・高校生のための夏アイテム&コーディネート指南続きを読む»
実はダサイよ!大学生向け「2021年夏のダサいファッション」を避ける方法続きを読む»
【20代~30代向け】2021年5・6月のメンズファッション、何を着ればいい?合コンでモテる男性の服装とは?続きを読む»
【オシャレマニュアルVol.1】メンズファッションのオシャレの考え方と取り入れ方続きを読む»
【オシャレマニュアルVol.2】シンプルで大人っぽいキレカジコーデは女性にも男性にも好印象続きを読む»
【オシャレマニュアルVol.3】コーディネートの基礎!自分のスタイルに合わせるファッション続きを読む»