天竺素材ってどんな素材?

view3,636

天竺素材は、セーターだけでなくトレーナーやパーカーなどにも使われている生地です。元々、インドから輸入されていた生地であるため、「天竺」と呼ばれるようになったともいわれます。

天竺素材とは?

天竺素材といえば、別名をメリヤス編みとも呼ぶニット生地の編み方の一種類とされています。その特徴は、横へ伸縮する力が大きいことであり、お店で販売されているTシャツやセーターなどの多くがこの天竺素材を使っています。日本において、昔はインドのことを天竺と呼んでいました。そのため、インドで作られた木綿を昔は天竺木綿と呼んでいました。さらに、インドから輸入された生地などを天竺と呼んでいたことから、この名称が付いたともいわれています。白い色をした厚手の生地となっており、シーツなどの素材としてもよく用いられています。

天竺素材を洗濯する時の注意点とは?

天竺編みの原料として使われるのは、綿や麻であることが多いです。そうした生地を洗濯すると、生地がねじれたような形になってしまうことがあります。そのため、ハンガーなどに干す時には形を整えて干すようにしてください。それに、もし綿100%と表示されていたら、洗濯することで少し縮むことがありますから注意した方がいいです。綿の割合が多い場合は、色落ちなどにも気を付けて洗濯した方が失敗しません。また、麻の割合が多いなら、脱水した時に生地が毛羽立つことがありますからそれにも注意してください。もし、天竺素材のTシャツなどを洗おうと思うなら、あまり強い力で脱水しないようにすることをおすすめします。

天竺素材の魅力とは?

天竺素材は、Tシャツなどにも使われることが多く、サラッとした肌触りで通気性がよいなどの魅力があります。たとえば、綿とポリエステルが混紡された生地なら、汗などを吸い取ってくれる綿の吸湿性と洗濯しても乾きやすいポリエステルの特性の両方が活かされた生地ともなります。また、綿のTシャツはほとんどの製品がこの天竺編みです。この天竺素材の特徴には、その軽さや生地の薄さなども挙げられます。そのため、あまり激しい運動をするような時に着るのには向きません。耐久性がないため、すぐに破れてしまいます。だから、天竺素材のアイテムをスポーツウェアにすることは、あまりおすすめできません。特に、生地の伸縮性が高く求められるような運動は避けてください。また、天竺編みで織られた生地には、その表と裏に素人でもすぐ分かるような特性が見られるのも面白い点です。