トロピカル素材ってどんな素材?

view1,390

トロピカル素材は、サマースーツなどの素材として使われる生地となっています。その特徴には、薄くてコシがあることなどが挙げられます。また、丈夫なので洗濯する時にもあまり気を使わなくて済むというメリットがあります。

トロピカル素材とは?

トロピカル素材といえば、ウールを使って織られたトロピカルクロスと呼ばれる生地を指します。「トロピカル」という名称は、南国や夏を思わせる雰囲気があります。実は、「トロピック」という言葉から来ているといわれています。トロピックは、亜熱帯という意味になっています。だから、元々亜熱帯付近で使われていた生地ということです。このトロピカルの生地は、最初はイギリスにおいて開発されており、その後マレーシアやインドなどの地域に広まっていったものとされています。このトロピカル素材は、主に夏向きのファッションアイテムの素材として用いられています。

トロピカル素材の洗濯の仕方とは?

トロピカル素材のファッションアイテムを洗濯するなら、なるべくドライクリーニングに出すことをおすすめします。しかし、どうしても自宅で洗う必要があるなら、専用として販売されている洗剤を使ってやさしく手洗いするようにしてください。もし、アイロンをかける必要があるなら、140℃~160℃ぐらいの中温に設定してかけるようにした方が失敗しません。トロピカル素材は、夏用のファッションアイテムに用いられることが多く、通気性が高くて薄手の生地となっています。だから、夏用のスーツなどにトロピカル生地が用いられていることが多いので、分からなければ絵表示ラベルなどを見るのがおすすめです。

トロピカル素材の魅力とは?

トロピカル素材の魅力には、夏の蒸し暑いシーズンでもサラリとした快適な着心地を実現できることが挙げられます。トロピカル素材のファッションアイテムは、着ていることを忘れてしまうほどに軽くて素晴らしい通気性を実現できます。つまり、夏には最高の素材といっても過言ではありません。「トロピカル」とは「熱帯地方」といった意味ですが、そんな名称がぴったりであると思えるほど夏向きな素材となっています。トロピカル素材のファッションアイテムは、ビジネスシーンでクールビズ向けのメンズ服として使うこともできます。夏向きのサマースーツにこのトロピカル素材が使われていることも多いです。或いは、夏の街歩きにカジュアルファッションとして使うのもお洒落な雰囲気になってきます。