メルトン素材ってどんな素材?

view3,371

メルトン素材は、ダッフルコートやピーコートの生地として活躍しています。特に、近年の日本ではメルトン素材のコートが多く活躍しており、冬のメンズファッションには欠かせない素材となってきています。

メルトン素材とは?

メルトン素材といえば、厚地で滑らかな手触りの生地であり、冬の代表的なアウターであるダッフルコートやピーコートなどの製作に用いられる生地です。フェルトのような感触があり、保温性が高くて暖かい生地となっています。そのため、スタジャンや軍服などの素材としても用いられることがあります。或いは、水を弾く撥水性に優れた性質もあります。近年は、ショート丈のダッフルコートやピーコートが若い男性を中心にしてトレンドとなりました。そのため、このメルトン素材の防寒着も多く生産されて活躍することになっています。つまり、メルトン素材は、日本の冬にはなくてはならない素材といっても過言ではありません。

メルトン素材の手入れとは?

メルトン素材のコートを持っているなら、外出した後には馬毛ブラシや豚毛ブラシを使って必ずブラッシングするようにしてください。その理由は、コートに付着した毛玉や花粉、ホコリなどを取り除くためです。そのままにしておくとコートが劣化しやすくなるのでブラッシングが必要となります。また、幅の広いハンガーにメルトンコートをかけておくのもおすすめです。そして、コートを着て外出したら、1日はクローゼットに入れずに置いておき、乾燥を促すようにしてください。それに、同じコートを毎日着ないようにして、いくつかのコートを持っておいた方がコートが長持ちします。それから、雨の日はメルトンコート以外のコートで外出するようにしてください。もし、メルトンコートが濡れてしまったら、乾いたタオルを使ってしっかりと水気を拭き取ることが大切です。

メルトン素材の魅力とは?

メルトン素材の魅力には、暖かいことやファッショナブルなコートが多いことなどが挙げられます。また、値段の高いメルトンコートと安いメルトンコートが存在しており、それぞれ特徴があります。たとえば、高価なメルトンコートは、多くのコットンを圧縮した素材であり、保温性が高くてわりと重量があります。しかし、安いメルトンコートは、アクリルなどを圧縮していることもあり、コートから糸くずが出たり保温性が低かったりします。それに、重量の方はわりと軽いという特徴があります。しかし、安いメルトンコートでもきちんと手入れすれば長く着られることもあります。