モダール素材ってどんな素材?

view2,958

モダール素材は、レーヨンのように絹に似た性質を持つ合成繊維です。レーヨンとモダールが違っているところは、モダールの方が濡れていても強度のある性質を持っていることです。

モダール素材とは?

モダール素材といえば、オーストリアにあるレンチング社が作っているレーヨン素材の一種となります。レーヨンの原材料となっているのは木材パルプであり、特にどの木材を使うということは決められていません。それに対して、モダールの場合はブナの木の木材パルプを使っています。実は、モダールは有害な廃棄物を出さずに作られることから、自然と共存する合成繊維というふうに捉えられています。実は、レーヨンは絹のような特徴を多く持っています。たとえば、手触りが滑らかであったり、光沢感があることや吸湿性に優れているといった性質があります。モダールもそんなレーヨンと同じような性質を持った素材です。

モダール素材の洗濯の仕方とは?

モダール素材は、どのような繊維が使われているかによって洗濯方法が違ってきます。たとえば、モダール100%の生地なら、ちょっとシワになりやすいという性質を持ちます。その場合は、脱水をする時間をなるべく少なくしてシワにならないようにしながらハンガーで干します。また、綿やリネンの混ざった生地なら、普通のモードで洗濯機で洗うことができます。洗剤なども一般的に家庭で使われているものにしても大丈夫です。それに、もし薄い布でできているストールがモダール素材であったら、洗濯機のお洒落着洗いのメモリに設定して洗うのがおすすめです。しかし、なかにはドライクリーニングでしか洗えないと表示されたものもありますから、最初に絵表示を見て確認した方が失敗しなくて済みます。

モダール素材の魅力とは?

モダール素材の魅力といえば、絹に似た手触りや光沢感が挙げられます。また、その快適な着心地のため、ファストファッションブランドの商品においてもモダール素材がよく使われるようになりました。特に、コットンやリネンなどとモダールが混合した生地のファッションアイテムがよく販売されています。モダールの良い面は、あまりお手入れに気を使わなくてもいいところです。そのため、ユニクロや無印良品などでも口コミで人気が出ています。特に、モダール繊維の混じったストールなどが人気を持っています。その美しいカラーや暖かさなどが高く評価されています。カラーバリエーションも豊富であり、好きなカラーのストールを選べるのも嬉しいところです。