「マイクロファイバー素材」ってどんな素材?

view216

マイクロファイバー素材は、当てるだけで水気が取れたり、洗った髪がすぐに乾かせる素材として重宝されています。ただし、マイクロファイバー製のタオルなどで人間のお肌をこすると傷ができますから気をつけてください。

マイクロファイバー素材とは?

マイクロファイバー素材といえば、ナイロンやポリエステルから作る合成繊維を指します。その繊維は非常に細くて、直径が1デニール以下の細さとなります。このマイクロファイバー素材は、「面白いほど汚れが取れるふきん」などとして活躍しています。その性質として、綿と同じぐらいの素晴らしい吸水性を持っているのが特徴です。ただし、柔らかい素材をこのマイクロファイバーの生地でこすると傷になってしまうので要注意です。人間のお肌や家具を擦ると傷ができてしまうので気をつけてください。

マイクロファイバー素材の洗濯の仕方とは?

マイクロファイバー素材を洗濯したい場合には、普通の洗濯機で洗っても大丈夫です。他の化学製品のタオルと同様に、マイクロファイバー素材の生地は強く作られています。ただし、縫製がしっかりしているかどうかを購入する時に確かめておくことが大切です。しっかりと縫製されていない場合は、洗った時に糸がほどけてしまうことがあるからです。ほどけた糸が他の生地の繊維と絡み合うと他の繊維が傷つく可能性がありますから、やはり洗濯ネットに入れて洗濯機に入れるようにしてください。また、絵表示を見れば洗剤の種類も、中性や弱水流性というように指定されているはずですから事前に確認しておきましょう。また、マイクロファイバー素材は高温に弱いので、乾燥機などの使用は控えた方が賢明です。

マイクロファイバー素材の魅力とは?

マイクロファイバー素材の魅力として、天然繊維である木綿よりも素晴らしい吸水性を持っていることが挙げられます。そのため、マイクロファイバー素材で作られているタオルは、汚れや水などを多く吸水してくれます。それに、汚れても洗えばすぐに元通りになるのも嬉しいメリットです。現在、マイクロファイバー素材は、眼鏡拭きのクロスや自動車などの汚れを拭き取るクロスとしても使われています。或いは、その肌触りの良さを生かして下着などの衣類にも使われていたりします。実は、マイクロファイバーには抗菌性がありますから、下着の生地としても適しているといえます。これまであった様々なアイテムに使われてその特性を発揮させているのが、このマイクロファイバー素材となります。