洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料

サテン素材ってどんな素材?

view305

サテン素材には、光沢があって滑らかな手触りがあります。そのため、コートやジャケットの裏地としてよく活躍する素材です。どちらかというと装飾的な生地として用いられることが多いです。

サテン素材とは?

サテン素材といえば、日本において繻子織といわれる光沢のある生地を指します。また、「サテン」という言葉は生地の織り方の種類であり、絹やポリエステル、ナイロンなどが原料となります。サテンは、傷つきやすく吸水性などもあまりありません。しかし、光沢があって滑らかな肌触りなのでコートなどの裏地に使われたりします。裏地が滑らかな肌触りである方がコートやジャケットなどの脱ぎ着がしやすいためです。それに、サテンはちょっと華やかな雰囲気がありますから、パーティー用のドレスなどを作るのに使われることもあります。メンズファッションでは、シャツやスカジャンなどの素材ともなります。

サテン素材の洗濯の仕方とは?

サテン素材のシャツなどを洗濯する時には、やはり絵表示を見て洗濯機で洗えるのかなどをチェックしてください。サテンの素材には、様々な種類がありますから、その素材に合った洗濯方法が必要となります。もし、他の衣類と一緒に洗濯機で洗うなら、洗濯ネットにたたんで入れてから洗うようにしてください。脱水をする時には弱めの設定にすることをおすすめします。洗濯が終わって干す時には、よくシワを伸ばして陰干しにした方が生地が傷みません。アイロンをかける必要があるなら、高い温度に設定せずに裏側からかけるようにすると上手にシワを伸ばせます。

サテン素材の魅力とは?

サテン素材の魅力は、絹やポリエステルなど様々な繊維で作られた生地があることです。たとえば、絹で作られたシルクサテンは、上品な光沢感があって肌触りも最高のクオリティの高い生地です。そのため、パーティー用のドレスや衣装を作る生地として使われています。その他にも、ディスプレイなどの目的に利用されることもあります。また、ポリエステルサテンであれば、シワになりにくいですが染料で染めにくいといったデメリットも持っています。しかし、シルクサテンと同じように光沢があり、その手触りもしなやかです。或いは、アセテートサテンの生地もやはり絹のような光沢があって様々な用途に使われています。最後にレーヨンサテンですが、木材パルプなどの自然な原料から作られていますので環境にやさしい素材となっています。これにも絹のような光沢感があり、カラーバリエーションにも様々なものがあります。

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

友だち追加

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ