【2019年夏服・20代~30代向け】帰省する人が多い夏は同窓会シーズン!カジュアルかつモテる男性の同窓会ファッションとは?

帰省のシーズンでもある夏には、自然と同窓会も多くなります。
久しぶりに同級生に会うのは楽しみな反面、「どんな服装をしていこう?」とお悩みの方も結構多いのではないでしょうか。

実は同窓会のコーディネートは、少し慎重に選んでほしいところがあります。
もちろん大げさに考える必要はありません。
今回は、同窓会ファッションについて解説していきますので、参考にしていただけますと幸いです。

1. 昔からの友人だからと言ってコーデを油断してはいけない!

どうせ昔からの友人だし、適当な格好をしていけばいいか・・・そう考えているのなら、ちょっと待ってください。
いくら初対面ではない相手だからとはいえ、会ったときの印象は大切にしなければいけません。

おそらく中には、「自分で選んだ服で会うのが初めて」となる人もいるでしょう。
ということは学生時代より成長した自分をアピールするチャンスでもありますし、相手の第一印象を良い方に上書きすることもできるはずです。
特に最後に会ったときから期間があいていればあいているほど、服装には気をつけた方がいいと言えます。
もしかしたら、学生時代に気になっていたあのコの目線が変わるかもしれませんよ。

また、後ほど詳しく解説いたしますが、「同窓会の開催場所」を調べておくことも非常に重要です。
もしかするとその場にそぐわない格好をしてしまい、悪い意味で目立ってしまうかもしれません。
その観点からも、同窓会のファッションは慎重に考えるようにしましょう。

では、同窓会コーデを考える上で最低限抑えておきたいポイントをご紹介します。

①同窓会の開催場所をチェック

コーディネートを考える上で重要なのはTPOをわきまえること。
そこで下準備として、同窓会の開催場所をチェックしておきましょう。
レストランなのか、ホテルなのか、それともカジュアルな居酒屋なのかで全く服装は異なってきます。

②ホテルでの同窓会はきれいめスタイルで

もしその場所がホテルであれば、ラフな服装は避けた方が無難です。
と言うと、スーツのようなフォーマルスタイルで行かなければいけないのかと思われるかもしれませんね。

しかし正直言って、ホテルでの同窓会であってもスーツの人は比較的少数派です。
帰省しているのであれば特に、スーツを持っていくのも面倒なので、普段使いできるようなアイテムを組み合わせるのがオススメですよ。

③レストランなどでの同窓会はお店の雰囲気に合わせたスタイルを

レストランと一口に言っても、そのお店の雰囲気はさまざま。
事前にリサーチして、どんな雰囲気なのか調べておくことはとても重要です。

とはいえ、今はインターネットで簡単に調べられる時代なので、入念な下調べは不要。
お店によってはドレスコードが設定されているところもあるため、ここは怠らないようにしましょう。

④カジュアルな居酒屋であればコーデを悩む必要はない?

中には、地元に残っている人がよく行く居酒屋で行われるなど、そこまできれいめスタイルが求められない同窓会もあると思います。
では果たしてそのような同窓会は、特に服装にこだわる必要はないのでしょうか?

いえ、久しぶりに会う旧友がいるという点では変わりがないため、少しは気を遣う必要があります。
とはいえきれいすぎる格好をすると浮く可能性が大なので、やはり事前にどのような雰囲気のお店なのか調べておきたいですね。

2. 同窓会での「久しぶり!」の印象を最高のものにするためのテクニックとは?

ここまでは最低限やっておきたいことについてお話しましたが、ここからは、具体的などんなファッションをすればいいのか?という点について解説していきたいと思います。

2-1.【20代らしさ・30代らしさが大事】年相応のファッションをする

周りと差をつけよう!と思うのは悪いことではありませんが、そう思いすぎるあまり若すぎるファッションをすることは、あまりオススメしません。
20代・30代になっても学生のようなファッションをすることは、単純に似合いませんし、子供っぽい印象に受け取られます。

では年相応のファッションとは一体どういうものなのか?そう頭を悩ませる人もいるかもしれません。
やはり基本は、派手な柄やカラーを避けることです。

もちろんワンポイントとしてそれらを取り入れる人もいます。
でもそのようなスタイルはお洒落に慣れているからできることであり、まだ自分に似合う服装や自分のスタイルが確立されていないうちは、あまり意識しない方が無難です。
一歩組み合わせを間違えば、ちぐはぐな印象をも与えかねません。

それに、そのようなスタイルは人を選ぶのも事実。
もし明確に「自分はこういう服を着たい!」と思っているのならそのスタイルを極めてみてもいいかもしれませんが、「好印象を持たれるような服装をしたい」と考えているのであれば、誰から見ても好感を持たれるようなファッションをマスターすることをオススメします。

少し話は逸れたものの、年相応のファッションを考えたときにはこの部分も意識した方がいいでしょう。
ファッション誌の中のモデルさんのような服装を見よう見まねで取り入れることは、見方によっては小学生のごっこ遊びのように感じられてしまうもの。
それよりは自然体な雰囲気を感じられる、シンプルな服装の方が年相応に見え、好感触を得られますよ。

2-2.カジュアルさを適度にミックスした夏コーデを

中には、「もう考えるのが面倒だからスーツでいいや・・・」と思う人もいるかもしれませんね。
確かに20代・30代ともなると誰もが1着は持っていますし、失敗することもないので選択肢として間違いではないでしょう。

でも実は、どんな場所での同窓会であっても、スーツでくる人はあまり多くないというのが事実。
その結果、逆に浮いてしまうという可能性もありえます。

それに、「逃げ」ともとられかねないスーツは、「あんまり私服に自信がないのかな?」と思わせる原因にも。
悪い印象を与えるとまでは言いませんが、いい印象を持ってもらうことはできないでしょう。
帰省先の同窓会であれば、スーツを持っていくという手間も生じます。

そこで、きれいめな服装をしたい人にオススメしたいのが、スーツを少し崩したような「ジャケパン」スタイル。
最近では「スマートカジュアルスタイル」とも呼ばれていますね。

ジャケパンは「ジャケット×パンツ」の略で、スーツほどかっちりした雰囲気を感じさせず、でもきれいめな印象は与えてくれるという万能スタイルです。
パンツはチノパンでもデニムパンツでも、どんなものでも構いません。
ただチノパンはデザインやカラーによってはおじさんっぽい印象になりかねないので、比較的普段使いにしやすいものをチョイスしましょう。

インナーはもちろんシャツでもいいのですが、ちょっときれいすぎるなと感じたらTシャツやカットソーなどでもOK。
ジャケットのデザインがかっちりめのものであればあるほど、ラフめなアイテムを使って着崩すと今風にまとまりますよ。

2-3.【モテる要素は“適度”に!?】異性だけではなく同性の目も大事

さて、同窓会でどうしても気になるのが、女子の目線です。
もしかしたら新たな出会いに発展するかもしれないので、気合いを入れたいところですよね。
しかし果たして、本当に異性の目線だけを気にして、コーディネートを考えればいいのでしょうか?

その答えはNOです。女性と同様、男性の目線もぜひ意識してください。
例えば、「あいつ、今日キメてきてるな・・・」と思われるのって、結構恥ずかしいと思いませんか?

下手すれば同性からの印象を悪くしてしまうかもしれません。それはきっと本意ではないはず。
なので、あまりにも気合いを込めすぎたファッションは避けた方が無難です。
例えばビジネスシーンでは到底着ないようなスーツであったり、胸元を大きく開いて男らしさを強調していたり、「普段はしてないだろう」と思わせるようなファッションがこれに当てはまります。

そう思わせることを避けるには、逆に「これは普段でも使えそう」と思えるアイテムを使ったコーディネートにまとめあげましょう。
等身大の姿でいる方が、異性からも同性からも好感をもたれますよ。

3.【2018年夏服】同窓会で注目を集めるアイテム!

同窓会ファッションのポイント作る上でのポイントをお話ししたところで、オススメのアイテムをご紹介します。
どれも取り入れれば、「服装に気を配っている人なんだな」と一目置かれるアイテムです。
もちろん日常でも使えるものばかり。ぜひ参考にしてみてくださいね。

トリッキー杢フライスVネック五分袖Tシャツ(ワイン)

ワインカラーは適度な大人っぽさを醸し出すのに便利なアイテム。あまり手が出ない色かもしれませんが、意外とどんなアイテムにも合わせやすいので重宝します。さらにVネックだと、赤系統の色ながら男らしさを身にまとえるのでオススメです。夏らしく1枚で着てもいいですし、ジャケットと合わせても◎

商品ページ

先染ボーダー半袖Tシャツ(チャコール)

ボーダー柄のTシャツも定番ではありますが、どうしてもコーディネートが単調になりがち。そんなときは、こちらのようなやや不規則なボーダー柄のTシャツを利用してみましょう。着ていても楽しいですし、「面白いボーダーだね!」と声をかけられるきっかけにもなります。こちらもインナーにするのもオススメ。

商品ページ

テレコポロシャツ(ブラック)

ポロシャツであれば、ブラックのシンプルなもので男らしさをアピールするのも手段のひとつ。シンプルであればあるほど控えめに、でも地に足のついたスタイルができます。確かに目を引く部分はありませんが、「一緒にいて安心できる」と思わせる服装は、モテへの第一歩です。ジャケットと合わせてもかっこよくまとまりますよ。

商品ページ

フェイクレイヤード半袖ポロシャツ(オフホワイト)

最近定番になってきた、ポロシャツの重ね着スタイル。こちらのアイテムはフェイクレイヤードになっているのですが、そういうアイテムを選べば夏でも快適に過ごすことができます。ちゃんと現代の流行も知っていて、上手にそれを取り入れていると感じさせるアイテムです。

商品ページ

綿麻ストレッチ七分袖テーラードジャケット(ブラック)

夏用のジャケットを選ぶときには、デザインも然ることながら、質感も重要視したいところ。こちらは綿麻素材を使用していますが、形は一般的なテーラードジャケットなので、きれいさも程よく残っています。もちろん着ていても涼しいので、ジャケパンスタイルをしたいときの候補に入れてみてください。

商品ページ

カット六分袖ジャケット(杢グレー)

テーラードジャケットは定番すぎてつまらない。そう感じる、少しお洒落に慣れてきた人は六分袖のこちらのようなジャケットに挑戦してみましょう。中にシャツを着てオーソドックスなパンツを履くとかっちりしすぎた印象に収まってしまいますが、デニムパンツを合わせたり、Tシャツやカットソーなどを合わせたりすれば、大人カジュアルスタイルにまとまりますよ。

商品ページ

カット六分袖カーディガン(ベージュ)

ジャケットが必須のスマートカジュアルスタイルでの参加が必要ないのであれば、カーディガンを使ったコーディネートもぜひ挑戦してみてください。特にこちらのような、ノンカラー(襟なし)のカーディガンは大人っぽさと若々しさが適度に同居しており、一気にコーデに洒落感を持たせることができますよ。

商品ページ

リンクスジャガード六分袖カーディガン(ブラック)

オーソドックスなカーディガンは、やっぱりブラックがベスト。こちらのような柄にデザイン性のあるものは、一味違った雰囲気のあるコーディネートにまとまるのでオススメです。使いやすいのに新鮮さを感じさせるアイテムは周りと差をつけたい場面でも役立ちます。

商品ページ

ストレッチツイルクロップドカラーパンツ(ネイビー)

この時期のボトムスとして必須のアイテム、クロップドパンツ。どうしてもやんちゃなイメージが気になる人は、カラーに気をつけてみましょう。例えばこちらのネイビーカラーは、今年のトレンドでありつつも、控えめで優しいイメージを与えます。ラインがきれいに見えるものにこだわるのもいいですね。

商品ページ

ベルト付きクロップドパンツ(ホワイト)

夏らしい爽やかさを感じさせるホワイトのクロップドパンツもオススメ。少し若すぎるかも?と思われるかもしれませんが、ホワイトのパンツは実は年齢を重ねても長く使えるアイテムなんです。あまりトップスも選ばないので、一度使えばその使いやすさにやみつきになるはず。ただ、トップスに明るいカラーのものを着てしまうと全体がぼんやりしてしまうので、避けるようにしてくださいね。

商品ページ

カツラギスキニーアンクルパンツ(ベージュ)

あまり脚は見せたくないな、と思ってる人に試してもらいたいのが、アンクルパンツです。その名のとおり足首部分だけが見えるようにデザインされており、クロップドパンツほど軽さが強調されないのが特徴のひとつ。でもフルレングスのパンツに比べると、格段に夏向きです。こちらのようなベージュカラーだと、気負わず使うことができますよ。

商品ページ

カツラギパンツ(ホワイト)

それでもフルレングスのパンツで、大人っぽくまとめたい!という人は、ホワイトのパンツを使ってみましょう。自然体の雰囲気はそのままに、清潔感のあるファッションにまとまります。ホワイトパンツをマスターするのは、大人の条件の一つと言ってもいいかもしれません。こちらも年齢を問わないので、長く使えるアイテムです。

商品ページ

オックスフォードシューズ(ブラック)

コーディネートを考える上でやはり気が抜けないのがシューズ。きれいめスタイルであればスニーカーは履けないし、でも革靴はかっちりしすぎだし・・・と悩む人も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメなのがオックスフォードシューズ。特にブラックなどのシックなカラーであればかなりかっこよくまとまりますよ。

商品ページ

キャンバスローカットシューズ(グレー)

もう少しカジュアルなものをお探しであれば、キャンバス素材のシューズはいかがでしょうか。こちらのようにきれいめなデザインのものを選べば、普段使いにも困りません。フルレングスのパンツでもいいのですが、クロップドパンツやアンクルパンツなどの足元が強調されるボトムスを履いたときには特に大活躍してくれます。

商品ページ

メッシュタイプオーセンティックスニーカー(ホワイト)

スニーカーでも問題なさそうであれば、ホワイトのスニーカーで爽やかさをアピール!おちらのような珍しい素材を使用しているスニーカーであれば、話のタネにもなるのでぜひ取り入れてみたいところです。ホワイトを強調させるためにも、ボトムスに深めの色をチョイスしてみると全体のメリハリがつきます。

商品ページ

バックジップチャッカブーツ(ベージュ)

最後にご紹介するシューズは、夏でも違和感なく履けるチャッカブーツです。夏にブーツ?と思われるかもしれませんが、あまりブーツの持つ重たく暑苦しい雰囲気は感じさせないものであれば、問題なく使うことができます。ジャケパンスタイルに非常によく合いますよ。

商品ページ

やはりお洒落を楽しみたいときは、アクセサリーもこだわってほしいと思います。もちろんここまでに紹介したアイテムと比べ「必須」と言えるアイテムではありませんが、手っ取り早く大人っぽさを出せるアイテムなので、ぜひ取り入れてみましょう。ネックレスであれば、こちらのようなゴツさもあまり感じさせないシンプルなデザインのものがオススメです。

商品ページ

レザーブレスレット(キャメル)

意外と人は、他人の手元をよく見ています。素肌を見せがちな夏場であれば、ぜひブレスレットを取り入れて彩りを加えてみましょう。金属素材のものもいいのですが、例えばこちらのようなレザーアイテムであれば、よりソフトな雰囲気をまとうことができます。カラーがいろいろ選べる点もポイントが高いです。

商品ページ

合皮ボディバッグ(ブラック)

最後にご紹介するのは、もはや定番となったボディバッグです。使ったことがないと、使いにくく感じるかもしれませんが、慣れれば普通のバッグが煩わしくなる身軽さを感じさせてくれます。リュックやトートバッグなどは多少年齢を選びますが、ボディバッグは40代・50代と年齢を重ねても問題なく利用できるのも嬉しいですね。

商品ページ

4.周りの見る目を変えるオススメコーデ10選

同窓会に使ってほしいアイテムをたくさんご紹介しましたが、じゃぁどう使えばいいの?と疑問に思う方もいるでしょう。そこで、コーディネート例も兼ねて、オススメコーデをご紹介します。

ジャケット×半袖Tシャツ×スキニーパンツ(3点セット)

まずは定番、ジャケパンスタイルから。ブラックのテーラードジャケットとカーキのパンツの組み合わせは、手軽に大人スタイルを作れる王道コーデ。とはいえ落ち着きすぎてしまうこともあるので、インナーには明るめカラーのTシャツを取り入れましょう。

商品ページ

ジャケット×半袖Tシャツ×デニムパンツ(3点セット)

デニムパンツを使ったカジュアルジャケパンスタイルならこちら。デニムパンツのカラーも然ることながら、裾を少しめくることによって、涼し気な印象にまとめあげています。もちろん、もう少し明るめカラーのデニムパンツでもOK。その際はインナーをグレーなど、少し色味のあるものに変えるとバランスがよくなりますよ。

商品ページ

ジャケット×半袖無地T×クロップドパンツ(3点セット)

きれいめジャケットとホワイトのクロップドパンツという、聞いただけではちぐはぐに案じる組み合わせですが、実は適度なとっつきやすさを持つ大人コーデに仕上がります。インナーにはブラックを取り入れてモノトーンで統一しているので、モード感もバッチリ。学生時代のファッションと比べるとおそらくだいぶ印象が変わると思うので、「なんかかっこよくなったね!」と声をかけられるかも?

商品ページ

ジャケット×半袖Tシャツ×スキニーパンツ(3点セット)

テーラードジャケット×ホワイトTシャツ×ベージュのスキニーパンツという、着る人を選ばないコーディネートです。シンプルゆえにひとつひとつのアイテムのデザインやシルエットが際立ち、「普通なのにかっこいい」を実現させています。アイテムそれぞれの着回し力も高いので、この一式があれば手持ちのアイテムで何通りものコーデが楽しめるはずです。

商品ページ

ジャケット×半袖Tシャツ×スキニーパンツ(3点セット)

ネイビーのジャケットを使った、トレンド感のあるコーディネートです。実はネイビーのジャケットは、それだけで爽やかさかつきれいさを醸し出せる便利なアイテム。深めの色ながら、どんな組み合わせをしても、全く違和感を覚えさせません。より軽さを強調したいのであれば、インナーにはホワイトなどの明るいカラーのTシャツを。

商品ページ

七分袖シャツ×五分袖Tシャツ×デニムパンツ(3点セット)

ここからは、ジャケパンまでかっちりしていないものの、きれいめで好印象なコーデをご紹介します。まずこちらは、ワインカラーのインナーが印象的なコーディネート。また、さりげなく仕事をしているのがボトムスのグレーのデニムパンツです。ホワイトほど明るくなく、ブラックほどシックではない。そんな程よい抜け感が、ワンランク上の男に見せてくれます。

商品ページ

ポロシャツ×デニムパンツ(2点セット)

グレーのデニムパンツは、ブラックのポロシャツにもよく合います。ブルー系統のデニムパンツと比べると、より大人っぽさが強調されていますよね。ともすれば「おじさんっぽい」と思われがちなポロシャツスタイルを、若々しく洗練された雰囲気にまとめてくれます。第一ボタンを開けて少し肌をチラ見せさせれば、より今風になりますよ。

商品ページ

カーディガン×半袖Tシャツ×スリムパンツ(3点セット)

ノンカラーのカーディガンは、それ自体がお洒落で印象的なアイテムです。なので、インナーやボトムスはこちらのようなシンプルなものがオススメ。比較的長めの丈がポイントのアイテムなので、インナーは短めのものをチョイスしたいですね。クロップドパンツよりは、アンクルパンツやフルレングスの裾を少しめくったぐらいの方が、無難にまとまりますよ。

商品ページ

七分袖シャツ×無地Tシャツ×カラーパンツ(3点セット)

夏らしさをギュッと詰め込みブルー系統で統一した、爽やかさコーディネートです。カラーの系統を揃えるコーデは正直に言って難しいこともあるのですが、マリンコーデが主流なことからもわかるとおり、ブルーで揃えることは比較的簡単と言えます。シャツの袖口のリブがコーデのアクセントになっていて洒落感をも演出。ぜひ挑戦してほしいコーデです。

商品ページ

七分袖シャツ+半袖Tシャツ×スキニーパンツ(2点セット)

最後にご紹介するのは、ブラックのシャツをライトアウターに、ボーダーTシャツをインナーに使用した大人カジュアル定番スタイルです。実はこちらのトップスはセットになっているアンサンブルなのですが、それぞれ単体でも十分使い勝手がよくアレンジしやすいアイテムになっています。ボトムスにはスキニータイプのアンクルパンツを。普段使いでも全く問題がありません。

商品ページ

5.まとめ

夏の同窓会ファッションについてお話してまいりましたが、いかがでしたか?
やはりTシャツとデニムパンツのみ、というわけにはいきませんが、あまり深く悩む必要はないことはわかっていただけたと思います。
基本的には年齢に合ったファッションを、と思ってもらえれば大丈夫です。

さて、コーディネートが決まったら、あとは旧友との再会を楽しむだけです。
変に気負わずに、エンジョイしてくださいね。

夏服コーディネートに関する関連記事はこちら

↓夏服の着こなし術に関する情報はこちらの記事をご覧ください!
【永久保存版】2018年版!夏服のメンズファッションコーディネート術

2018年夏に流行の半袖・七分袖シャツ、Tシャツを使用した全身コーディネート

2019年の夏服はシルエットが決め手!七分袖ジャケットで作る美シルエットの男前コーデ2018/11/06

夏の天敵!脇の汗染み、黄ばみは目立たない色・柄のTシャツを選んでカバーしよう!2018/04/10

夏だ!海だ!リゾートだ!2019年夏のオススメリゾート系ファッション特集2018/10/11

夏祭りや花火大会デートにもピッタリ!今夏のイチオシメンズコーデで出掛けよう!2018/04/12