【メンズ】ブルーレイレコーダーのおすすめ人気ランキング10選【安いモデルからハイエンドモデルまで紹介!】

売れ筋の人気ブルーレイレコーダー10商品を徹底的に比較しました!

ブルーレイレコーダーがあれば、おうち時間をもっと楽しめるようになります
テレビ番組の録画機能、ブルーレイやDVDプレーヤー機能などマルチに活躍してくれるからです。

ただ、その種類は様々でどれを選んでよいのか迷ってしまう方も多いでしょう。
どんなブルーレイレコーダーがよいのかは、機能性や予算など、選び方のポイントを押さえる必要があります。

そこで今回は、おすすめのブルーレイレコーダーと一緒に、ブルーレイレコーダーの選び方のポイントを紹介していきます。
お気に入りのブルーレイレコーダーで家での時間をもっと楽しんでみましょう。

ブルーレイレコーダーの選び方

それではさっそく選び方のポイントを紹介していきます。
選び方を参考に、自分にぴったりのブルーレイレコーダーを見つけてくださいね。

①【HDDの容量で選ぶ】録画時間に合わせて

参照:Amazon

ハードディスクの容量は、録画したい番組の数、録画した番組を見るまでの期間を考慮して少し余裕がある容量を選ぶのがポイント
1TBなら約127時間、2TBならその倍の録画時間なので、選ぶ時の目安にしましょう。

また、ハードディスクの容量が不足することが心配な方には、映像を圧縮する機能がついたブルーレイレコーダーがおすすめ。
多少画質が落ちるものの、必要な容量を抑えて録画できますよ。

②【画質や音質で選ぶ】欲しいクオリティに合わせて

せっかく映像を楽しむなら、画質や音質はこだわりたいですよね。
自分の求めるクオリティを満たすモデルを選びましょう。

超高画質を楽しむなら「Ultra HD ブルーレイ対応」

参照:Amazon

従来のブルーレイよりも高画質な映像を楽しむために開発されたUltra HD ブルーレイ。
Ultra HD ブルーレイの映像は解像度や色、輝度の向上によって、まるで映画館で見ているかのような映像を自宅で楽しむことができます。

ホームシアターなどのシステムと合わせれば、録画した番組を超高画質で、自宅で手軽に楽しむことも可能です。
画質にこだわりのある方はチェックしてみてくださいね。

臨場感のある音を楽しむなら「ハイレゾ対応」

参照:Amazon

ハイレゾに対応しているレコーダーなら、スピーカーシステムとの相性は抜群です。
ハイレゾとはCDに比べて、音をより細かくデジタル化し、生の音に近付ける技術のこと。
音の圧力や表現力が段違いで、CDでは味わえなかったニュアンスを感じることができます。

高音質になることで映画やテレビ番組をさらに楽しめるのはもちろんのこと、ライブ映像なども臨場感たっぷりに味わえるのがメリットです。
高画質な映像と合わせると、まるで会場にいるような雰囲気を楽しめますよ。

③【付加機能で選ぶ】ライフスタイルに合わせて

ブルーレイレコーダーは、ただ録画をしてくれるだけの機械ではありません。
最新技術を存分に生かした便利な機能が搭載されているので、自分の生活スタイルに合わせて、欲しい機能を探してみましょう。

外出先でも映像を楽しみたいなら「スマホ連携機能」

参照:Amazon

スマホ連携機能とは、専用アプリをスマホにインストールしてレコーダーと連携させると、録画した番組をどこでも見ることができる機能のこと。
これがあれば、自分の好きなタイミングで録画した番組を楽しめます。

この機能は、スマホでレコーダーの遠隔操作も可能。
番組の録画を忘れてしまっても、スマホで予約することができるため、万が一の時も安心ですね。

番組の時間帯被りが心配なら「同時録画機能」

参照:Amazon

同時録画機能があれば、見たい番組の時間帯が被っても安心です。
同時録画機能のあるレコーダーにはチューナーが複数搭載されているため、同じ時間帯の番組を録画することができるのです

また番組をいちいち予約するのが面倒、という方には自動で録画してくれる機能を搭載したモデルが便利です。
指定したチャンネルの番組を自動で全て録画してくれるので、見逃す心配もありませんよ。

次の機種への引継ぎをしたいなら「SeeQVault対応」

参照:Amazon

レコーダーの寿命は5~7年と言われており、定期的に買い替える必要があります。
買い替えの際、まだ見ていない番組がハードディスクに残っている時に便利なのが「SeeQVault(シーキューボルト)」です。

SeeQVaultに対応していれば外付けのハードディスクやブルーレイ、SDカードなどを介して録画しておいた番組を、次の機種に引き継ぐことができます。
買い替えのタイミングを図る必要もなくなるのでとても便利ですよ。

ブルーレイレコーダーのおすすめ人気ランキング10選

それでは以上の選び方を踏まえて、ブルーレイレコーダーのおすすめ人気ランキング10選を紹介していきます。
選び方やポイントを参考にしながら、欲しい商品を見つけてくださいね!

1位

使い勝手のいい「ワンタッチ予約録画」機能が◎

スマホ連携機能や同時録画機能などの基本的な機能は充実していて、コスパに優れるのが特徴です。

録画は予約画面から番組を選んで「ワンタッチ予約録画」ボタンを押すだけなので、小さいお子様や高齢の方でも簡単に操作することができます。
基本的な機能さえあれば、価格は控え目にしておきたい方におすすめです。

HDD容量 1TB
画像・音質 ハイレゾ対応
付加機能 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応

2位

最長770時間録画できるので撮りだめに最適

タレントやアーティストの名前を入力すると、出演番組を自動で録画してくれる便利機能があるのが特徴です。
番組表から名前を探す必要がないため、スムーズに録画することができます。

さらに、画質を落とせば最長770時間の録画が可能なのもおすすめポイントです。
ハードディスク容量が500GBと少なめですが、この機能を使えば容量の小ささも十分カバーすることができますね。

HDD容量 500GB
画像・音質 ハイレゾ対応
付加機能 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応

3位

ホコリシールドで掃除の手間が少なく済む

録画予約も再生も、声で簡単に操作できるのが特徴です。
同メーカーのテレビ「AQUOS」のリモコンやスマホアプリが、音声での操作に対応しているため、リモコンを押す手間がなくなります。

さらにドライブ内部にホコリが入るのを防ぐ「ホコリシールドBDドライブ」を搭載、約3倍の長寿命設計を実現しています。
長く愛用できて操作の手間が少ないレコーダーを探している方におすすめです。

HDD容量 500GB
画像・音質 -
付加機能 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応

4位

時短再生機能が忙しい朝にぴったり

忙しくて見たいテレビ番組を見る時間がない、という方におすすめなのがこちらのブルーレーレコーダーです。
リモコンの「時短」ボタンを押せば、54分の番組を最短5分で見ることができます

またこの機能は専用アプリをインストールするとスマホでも使うことができます。
スマホで見られれば、朝の準備の合間や電車での移動中など、ちょっとした時間を活かすことができるので好きな番組を見逃さずに済みますよ。

HDD容量 1TB
画像・音質 -
付加機能 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応

5位

3番組同時録画ができてコスパも◎

こちらはコスパに優れながらも、3番組を同時録画できることが特徴のモデルです。
3番組を同時に録画できることで、見たい番組が重なってしまった時だけでなく、ニュースを見比べたい時にも便利に使うことができますね。

またユーザーが好きなジャンルをAIが学習して自動で録画してくれる「AI録画」を搭載しているのも大きな特徴です。
使えば使うほどに成長するAIを育ててみてはいかがでしょうか。

HDD容量 1TB
画像・音質 -
付加機能 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応

6位

音声操作で新4K放送を楽しめる

通常のチューナーに加えて「新4K衛星放送」チューナーを内蔵したモデルで、最大3番組を同時に録画できるのが特徴です。
高精細な映像をたっぷり楽しむことができますね。

スマートスピーカーにも対応しているため、ソファでくつろいだ姿勢のまま、音声だけでレコーダーの操作が可能
停止やスキップ、早送りなどの操作も簡単にできるのでおすすめですよ。

HDD容量 4TB
画像・音質 Ultra HD ブルーレイ対応・ハイレゾ対応
付加機能 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応

7位

大容量で機能性に優れる最強モデル

こちらはDIGAのハイエンドモデルのブルーレイレコーダーです。
ハードディスクの容量やチャンネルの数が優れているだけでなく、ハイビジョン放送なら最大8チャンネルを28日間自動で録画する機能を搭載

しかも録画した番組は自動でジャンルやシリーズごとに整理してくれるので、大量の録画番組リストの中からでも見たい番組だけをすぐに楽しむことができます。
お気に入りの番組がスムーズに見つかり、探すストレスもないためおすすめですよ。

HDD容量 10TB
画像・音質 Ultra HD ブルーレイ対応・ハイレゾ対応
付加機能 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応

8位

テレビのメーカーを問わない「おまかせ画質モード」が嬉しい

こちらのブルーレイレコーダーは、番組表のスクロールが速く、短時間で録画したい番組を見つけられるのが特徴です。
スクロールが遅いのがストレスに感じている方にぴったりですね。

また2,500パターンのパラメータから最適なパターンを選んで出力してくれる「おまかせ画質モード」があるのがおすすめポイントです。
ディスプレイに合ったパターンで高画質な映像を楽しんでみてください。

HDD容量 4TB
画像・音質 Ultra HD ブルーレイ対応・ハイレゾ対応
付加機能 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応

9位

4Kの高画質にこだわりたい方にぴったり!

「HDR(ハイダイナミックレンジ)10映像」にアップコンバートすることで、より豊かな明暗表現を実現したこちらのモデル。
映像の白とびや黒つぶれがなく、リアルな奥行感と質感を楽しむことができます

さらに2Kの地デジの映像を4K解像度に変換することも可能なので、4K非対応の映画やドラマなども高画質で楽しめるのが魅力です。
4Kから地デジまで高画質で楽しみたいという方におすすめですよ。

HDD容量 4TB
画像・音質 Ultra HD ブルーレイ対応
付加機能 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応

10位

オリジナルのライブ映像ブルーレイを作れる!

こちらのレコーダーはダビング機能が秀でているのが特徴です。
CMを飛ばせる「ラク見機能」とダビング機能を使えば、CMをカットした状態でブルーレイにダビングすることができ、車などで楽しむ時もCMを気にする必要がありません。

さらに複数の録画番組のチャプターの中から、好きなシーンだけを再生するプレイリストを作成することもできます。
リストごとダビングできてオリジナルのライブ映像を作ることもできるのでおすすめです。

HDD容量 3TB
画像・音質 Ultra HD ブルーレイ対応
付加機能 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応

おすすめ人気ブルーレイレコーダー比較一覧表

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
商品画像
HDD容量 1TB 500GB 500GB 1TB 1TB 4TB 10TB 4TB 4TB 3TB
画像・音質 ハイレゾ対応 ハイレゾ対応 - - - Ultra HD ブルーレイ対応・ハイレゾ対応 Ultra HD ブルーレイ対応・ハイレゾ対応 Ultra HD ブルーレイ対応・ハイレゾ対応 Ultra HD ブルーレイ対応 Ultra HD ブルーレイ対応
付加機能 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応 スマホ連携機能・同時録画機能・SeeQVault対応
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

ブルーレイレコーダーのお手入れについて

お気に入りのレコーダーを購入したら、少しでも長く大切に使いたいですよね。
そこで、長持ちさせるための丁寧なお手入れ方法をご紹介します。

熱暴走を防ぐために定期的な掃除を

参照:Amazon

ブルーレイレコーダーは、内部で発生した熱をファンを使って放出する仕組みになっています。
しかし排気ファンがホコリで塞がれてしまうと、レコーダー内部の熱を放出できなくなり、熱暴走によって故障の原因になることも。

そのためブルーレイレコーダーは定期的に掃除してホコリを除去してあげる必要があります。

ブルーレイレコーダーの表面を掃除する方法

参照:Amazon

表面を掃除する時は、メガネ用のクロスやマイクロファイバークロスなど汚れを拭き取れるものを、汚れが頑固な場合は中性洗剤を準備しましょう。
掃除の手順は以下の通りです。

1.クロスで表面のホコリを除去する
2.頑固な汚れを薄めた中性洗剤で優しく拭き取る
3.乾いたクロスで仕上げる

また掃除の際、アルコールやシンナー類を使うのは控えましょう
レコーダーには金属部品やプラスチックがあるため、腐食や変色のリスクがありますよ。

ブルーレイレコーダーの背面を掃除する方法

参照:SONY公式サイト

レコーダーの背面を掃除する時は掃除機と、ティッシュや綿棒など隙間の掃除が出来るものを準備します。
掃除の手順は以下の通りです。

1.掃除機で大きなホコリを除去する
2.掃除機で取り切れなかったホコリをティッシュなどで除去する

また、掃除機にホコリ除去用のヘッドがついているなら使うのがおすすめですよ。
レコーダーに傷をつけてしまうリスクが減らせるだけでなく、ヘッドがホコリをからめとってくれるため、掃除がしやすくなりますよ。

人気名作映画なら、こちらもチェック!

お気に入りのブルーレイレコーダーで、素敵な映像を楽しんでみませんか?
素晴らしい映画を最高の環境で鑑賞できたら、おうち時間を満喫できること間違いなしです。
邦画から洋画まで、ジャンル別の人気名作映画おすすめランキングはこちら!

【ジャンル別】絶対に見て損しないおすすめの人気名作映画30選+5選!続きを読む»

まとめ

ブルーレイレコーダーを購入する時は使っているテレビのメーカーと揃えたほうがいい、というように考えている方も少なからずいるのではないでしょうか。
しかし同メーカーで揃えるメリットは、リモコンを兼用できること程度しかありません。

安価なレコーダーでも3万円以上かかるため、決して簡単な買い物ではありません。
したがって、せっかく買うなら自分の使い方に見合う性能の1台を選ぶのがおすすめです。
使いやすいブルーレイレコーダーがあれば、おうちタイムもより楽しめますよ。