「モッズスーツ」ってどんなスーツ?

モッズスーツとは、イギリスで流行っていたモッズファッションから来たデザインのスーツのことです。このモッズスーツでは、上着のボタンが多めに作られていたり短めの丈のパンツとなっていたりします。

モッズスーツとは?

モッズスーツといえば、ファッション性が高くて細身なシルエットを持つスーツを指します。「モッズ」とは1950年~60年代にイギリスにおいてトレンドとなったファッションや音楽などのことです。モダンジャズやモダニズムなどの言葉から、このモッズという呼び方が生まれました。ファッションであれば、モッズファッション、ヘアスタイルならモッズカットというように今でも若者たちに親しまれているのがモッズです。その中でも、モッズスーツは三つ揃えのスーツとなっており、Vゾーンが狭くてシルエットが細身であることを特徴としています。それに、くるみボタンといってスーツの生地と同じ布でボタンをくるんでいるデザインのものなどもあります。

モッズスーツはビジネスシーンには向かない?

モッズスーツは、細身でお洒落な雰囲気ですがビジネススーツとしては不向きかもしれません。どちらかといえば、パーティーなどで着る個性的なスーツという印象があります。しかし、モッズスーツは細身のシルエットがとてもカッコいいスーツです。そのため、モッズスーツに魅了されてしまう男性も多くいます。たとえば、キャサリン・ハムネットなどのブランドスーツは、けっこう細身のシルエットでカッコいいモッズスーツとなっています。普通の会社員が着たりするスーツは細身ではなく太めのことも多いので、モッズな印象はありません。モッズスーツは細さが命であり、体型が太めの男性は着られない場合もあります。

モッズスーツの魅力とは?

モッズスーツの魅力といえば、イギリスのビートルズなどを彷彿とさせるようなカッコよさです。また、日本のロックバンドであるミッシェルガンエレファントもよくモッズスーツを着こなしていました。やはり、その素敵さは細身なシルエットから来ています。また、胸のフラップポケットや腰にあるチェンジポケットなどが特徴です。モッズスーツはビジネスシーンには向きませんが、海外や日本のミュージシャンたちには愛されています。サラリーマンなどが着ているスーツとはまるで違う細身なカッコよさのため、ファンとなる男性たちが多いのもうなづけます。モッズといえばモッズコートもそうですが、よく見ると洗練された魅力があるファッションアイテムです。