低身長メンズ必見!160cm台「だから」似合うファッション講座

view2,497

俺、背が低いから……ってオシャレを諦めていませんか?

「俺、低身長だしオシャレはムリ」なんて思っていませんか? 自分もショップで「お、これカッコいいじゃん」と服を手に取ったら、MとLしかサイズ展開がなく裏切られた経験があります。タッパがでかい奴はアメリカンサイズの店でオシャレができるのに、Sサイズはどうしようもない。

「つーか、低身長はモテない。どうせオシャレしたってムダ」

と、筆者も思っていました。年収なんてどうでもいいよ、と優しく笑う女の子だっていざ好みを聞けば「身長180cm以上で~」とアッサリ低身長を切り落とす。180cmって! それ日本平均超えてるから!

ところがそんなテーゼを思い切り塗り替えられる出来事があったんです。

そいつは160cmピッタリ。何なら自分より低身長。だけど女子にモテまくっていたんです。女子と普通に話はできるけど、そこまで優しいわけでもない。じゃあ何だ? 答えは、ファッション。とにかく似合う服を見つけるのがうまかったんです。

低身長「だけど着られる」じゃなくて低身長「だから似合う」服

そこで、恐る恐る聞いてみました。「どこでその服買ったの?」と。笑いながらそいつは「いろいろなとこだよ。ただ俺、低身長がコンプレックスで。だけどこの身長だから似合う服があるってわかってから変わったんだよな」

低身長「だけど」似合う服じゃなくて、低身長「だから」似合う服がある――。

あまりにショックで、頭を殴られたようでした。いい意味で。

この記事では、そういうわけでそいつから聞いた低身長「だから」似合う服の着こなしを記していきます。同じように低身長に悩むやつが、少しでも救われてくれたら、嬉しい。

ファッションで低身長でいるメリットとデメリットを把握しよう

ファッションで低身長のメリットとデメリットをざっと並べると、こうなります。

低身長のメリット

  • 若く見える
  • 威圧感がない
  • いかつめの服でも女から怖がられない ←これ重要!!!


低身長のデメリット

  • カジュアルウェアは若く見えすぎる
  • オーバーサイズの服だと足が短く見える


特に「女から怖がられない」のは低身長メンズが持つ最大のメリットです。EXI●E系がモテるとはいっても、目の前にいかつくてタッパのでかい男が座っていたら、普通の女の子は「怖い」と思うようにできています。しかし低身長なら、アーミー系やスタッズなどのいかついアイテムだって「いいアクセントだね」とオシャレとして許されます。低身長の方が、選べる服の幅が広い! これは目からウロコでした。

ロゴ、柄、色味をトップスへ集中させろ

低身長ならまずはファッションで下記3カ条を頭に叩き込みましょう。

【低身長メンズが気にすべきファッション3カ条】

  • ジャストサイズの服を買え
  • アクセントとなる要素を上半身へ固めろ
  • ボトムスは黒や紺の細身パンツで脚をシュっと見せろ

低身長ファッション3カ条-1 ジャストサイズの服を買え

体型を隠したいからとオーバーサイズの服を買う。これが実は1番身長を低く見せてしまうと学びました。丈が長い服を着ると、足がその分短く見えてしまうのです。女は足の長さで身長を推測します。だからオーバーサイズの服で足を短く見せると、それだけ身長が低く見えてしまうのです。

服はジャストサイズ、しっかりSに合わせてください。

とりあえず1枚目を買うなら、白トップス×黒ボトムスを勧めます。膨張色の白トップスが目線を上半身に集めてくれます。ボトムスはすっきり黒で足を長く見せましょう。

たとえばこういう組み合わせは、「低身長」というコンプレックスにまみれたワードを「縦長ライン」という気持ちのいい言葉に変身させてくれます。

商品ページ

商品ページ

低身長ファッション3カ条-2 アクセントとなる要素を上半身に固めろ

ファッションでは必ず全身のどこかにアクセントを入れて、目線を1点へ持ってくるのが定番。そして先ほど述べたとおり、女は足の長さで男の身長をジャッジしています。そこで柄ものパンツを履けば、自然と足へ目線を誘導してしまいます。だから低身長の男は必ずアクセントをトップスか、首回りに持ってきましょう。

特におすすめしたいのが、このコーデ。

商品ページ

ロゴ入りTシャツで目線を引く白トップスに、グレーのアウターでアクセントを追加。さらにパーカーは首回りを盛ってくれるため、自然に目線を首回りへ誘導できます。トップスアクセントを3つ、それもうるさすぎず入れることで低身長だからこそ似合うスタイルを実現できています。

着合せとか面倒だわ、って感じる怠惰な朝にはこちらもおすすめ。

商品ページ

目を惹きつけるボルドーのトップスなら1枚で着こなし完成。ちょっとダボついたデザインなので、ボトムスは細身の黒パンツで固めるとちょうどいいでしょう。

商品ページ

これもグレーなのに柄が強めだから、目線をトップスへ向けるのに向いています。

低身長ファッション3カ条-3 ボトムスは黒や紺の細身パンツで脚をシュっと見せろ

最後にボトムス選び。さきほどの項目にも少し書きましたが、足の長さで身長をジャッジされないためにも、足はなるべく「ファッションの背景」として目立たない方がよいのです。その上で何本持ってもいいのが、黒ボトムス。それも細身のパンツにしましょう。

細身の黒ボトムスと一言でくくっても、材質から季節感まで考えると無限に選べる幅があります。

商品ページ

これなんかはストレッチ素材だから「やべ、太ったかも」って時もレスキューしてくれます。

商品ページ

黒デニムは世界中の誰もが着ることを許されたデザインの一つ。絶対に持っていい!

商品ページ

カツラギ記事は柔らかく、チノパンの素材として優秀。ピタっと張り付いても不快になりません。

それから、靴は必ず黒でそろえましょう。ボトムスと靴が同じ色だと同系色で足が長く見えるからです。靴下も黒で必ず統一してください。

商品ページ

とりあえずカジュアル用にこの黒スニーカーが欲しい。

商品ページ

ゴツめデザインならこちらもプッシュします。デートできめたいならこれ。

あとはフォーマル用に黒革靴を揃えれば、コーデはいっちょあがりです。

さて、想像してください。180cmの男がこんな服着ていたらと。そう、こんなコーデは到底似合わないのです。やつらにはやつらの、俺らには俺らのファッションがあります。低身長「だから」楽しめる服を思いっきり着てファッションを楽しみましょう!

著者:トイアンナ (id:toianna)

外資系企業での女性を対象とした消費者リサーチや500人を超える相談実績から現在はライターとして独立。
恋愛、キャリアからエンディングまで幅広くアドバイスを行う。
 
ブログ「トイアンナのぐだぐだ」は最高月間50万PVを記録。『恋愛障害~どうして「普通」に愛されないのか?~』など著書多数。

【連載】トイアンナの男子改造計画カテゴリの人気記事

≫もっと見る