「ジュート素材」ってどんな素材?

view526

ジュート素材は、黄麻と呼ばれる繊維であり、環境にもやさしいというメリットがあります。また、ジュートの若葉は「モロヘイヤ」と呼ばれ、食用にすることもできます。

ジュート素材とは?

ジュート素材といえば、日本において黄麻(こうま)と呼ばれる麻の種類の一つです。このジュートは、地球の自然環境にやさしい素材として知られており、燃やしたり埋めたりしても有害な物質を発生させません。また、水分を吸収したり放出しやすい性質がある自然素材でもあります。実は、ジュートという植物の若葉はモロヘイヤという栄養分の多い野菜として食用にすることもできます。このように、ジュートは繊維としても食用としても使用できるというメリットを持ちます。そして、世界中で最もこのジュートを生産できる地域がバングラデシュの国です。ジュートは、育つのに多くの太陽光線を必要とします。そのため、熱帯や亜熱帯でこそ、最もよく成長します。バングラデシュは、そうした気候条件に最も適する地域となっています。

ジュート素材の洗濯の仕方とは?

ジュート素材は麻の一種ですから、洗濯には強い場合が多いです。しかし、洗濯することによって色が褪せてしまったり、摩擦によって白っぽくなるなどのトラブルが起きることもあります。それに、麻素材はシワになりやすいという欠点もあります。シワができるとアイロンをかけてもなかなか伸びないので、洗濯する時にはシワができないように洗うのがコツとなります。そのためには、桶などを使ってつけおき洗いを行い、短い時間で脱水するように心がけることをおすすめします。脱水は、5秒ぐらいで脱水機から取り出し、形を直してからもう一度5秒ぐらい脱水することを繰り返していくとシワができにくいです。

ジュート素材の魅力とは?

ジュート素材の魅力には、地球の自然環境にやさしいことや通気性、耐久性に優れることなどが挙げられます。何しろ、光合成をする時に多くの二酸化炭素を飲み込んでくれるため、これからの地球環境を改善していく上でも注目を浴びています。それに、土に埋めて処理しても、土壌に住むバクテリアによって完全に分解されます。そのうえ、細かく砕いて肥料として使用することもできます。このように、ジュート素材は未来の地球の自然環境を守っていく上でも素晴らしい性質を多く持っています。このジュートが最も多く生産される地域としては、インドやバングラデシュがあり、世界中の9割にあたる量がこれらの国で生産されています。