鹿の子編み素材ってどんな素材?

view2,492

鹿の子編み素材は、夏に着るポロシャツなどによく用いられる素材です。表編みと裏編みを組み合わせていくことにより、鹿の子編みとなってきます。並鹿の子、総縞鹿の子などの種類があります。

鹿の子編み素材とは?

鹿の子編み素材といえば、凸凹ができる編み方をしたニット生地を指します。鹿の子のような模様となっているため、鹿の子編みと呼ばれています。この鹿の子編みは、表面に凹凸があるので通気性が高くて涼しさを感じさせてくれます。そのため、ポロシャツやスポーツウェアなどによくこの鹿の子編みが用いられています。実は、夏のファッションアイテムの定番的な素材ともなっているのが、この鹿の子編みです。メリヤス編みと比較すると、横方向には伸縮性があまりないので形が崩れにくいというメリットもあります。夏に着るポロシャツは、ほとんどのものが鹿の子編みであることが多いです。チェックしてみると表面に小さな凹凸があるのでそれと分かります。

鹿の子編み素材の洗濯の仕方とは?

鹿の子編みのポロシャツなどの洗濯をしたい場合は、まず絵表示ラベルをチェックします。コットン100%のポロシャツであれば、家庭用洗濯機で洗うことができますが、もし高級ブランドのポロシャツなら、手洗いした方が失敗が少ないです。洗濯機で洗うなら、弱い水流のモードに設定したり、手洗いコースなどに設定して洗ってください。できれば、洗濯ネットに入れて洗うことをおすすめします。脱水したら、肩の部分を持って振るようにして形を整えます。そして、衿を立たせるようにしてハンガーにかけてください。それから、直射日光に当てないようにして日陰干しします。

鹿の子編み素材の魅力とは?

鹿の子編みの魅力には、風通しがよいことや肌触りが快適で気持ちいいことなどが挙げられます。とにかく、サラリとした感じの肌触りなので夏のファッションアイテムにも最適です。そして、この鹿の子編みがよく用いられるファッションアイテムには、ポロシャツがあります。現在販売されているほとんどのポロシャツは、この鹿の子編みを用いて作られています。ポロシャツは、洗濯してもすぐに乾いて快適な着心地があります。それに、いつもサラリとしているため、夏にはポロシャツを愛用している人も多くいます。また、汗をかいても蒸れたりしないので、スポーツウェアの素材としてもよく用いられます。或いは、Tシャツなどの素材として用いられることもあります。