「ヒップホップ系ファッション」ってどんなファッション?

view88

ヒップホップ系ファッションは、ニューヨークのストリートカルチャーから生まれたファッションです。現在ではモード系のテイストが含まれたヒップホップ系ファッションもあります。

ヒップホップ系ファッションについて

ヒップホップ系ファッションといえば、ニューヨークのサウスブロンクスという地域から生まれたストリートファッションのことを指します。つまり、アメリカ生まれのファッションです。このヒップホップ系ファッションは、主にアフリカ系のアメリカ人の間で最初に流行りました。代表的なファッションアイテムには、ルーズな雰囲気のパンツなどが挙げられます。こうしたファッションはアメリカの歴史にも左右され、地域などによってもいくらか違いがあります。たとえば、ウエストサイドではオールスターやネルシャツが流行り、イーストコートではパーカーなどが流行っていました。

ヒップホップ系ファッションの素敵な着こなしとは?

メンズファッションの中でも大人気のアメカジファッションを代表とするのが、このヒップホップ系ファッションです。「ヒップホップ」というのは、お尻が跳ねるような踊りをするファッションであったことから来ています。つまり、ラップのような黒人音楽が似合うファッションです。そのアイテムであるTシャツやタンクトップはゆったりとしており、パンツのデザインも大きめな感じです。だから、ともするとだらしない雰囲気に見えてしまうこともあります。それに、Tシャツを選ぶ時にはそのロゴにも注意しましょう。時々、外国人の人が見たら驚くような意味の言葉が英字になっていることがあります。でも、お洒落な意味の英字が書かれていたら、外人が見てもちょっとカッコいいかもしれませんよ。

ヒップホップ系ファッションの魅力とは?

ヒップホップ系ファッションの魅力を知るには、アメリカの黒人差別などについて理解する必要があります。差別を強いられて地獄のような思いをしてきた黒人たちのラップ音楽には、凄まじいパワーがあります。「一生、白人の靴磨きをするような人生から抜け出したい!」といった黒人たちの思いがぎっしり詰まっているのがラップ音楽なのです。特に、80年代~90年代のラップ音楽には素晴らしい魅力があります。そうした音楽性を理解してこそ、ヒップホップ系ファッションの良さもよく分かるようになります。とにかく、虐げられた者たちが持つ果てしない底力がヒップホップ系ファッションとして誕生しています。