「レゲエファッション」ってどんなファッション?

view157

レゲエファッションとは、レゲエミュージシャンやレゲエ音楽の愛好家たちがしているようなファッションのことです。大きくて派手なマリファナの葉っぱをモチーフとしたプリントTシャツなどがよく使われます。

レゲエファッションについて

レゲエファッションといえば、レゲエと呼ばれる音楽を愛する人々がしているファッションのことを指します。このレゲエと呼ばれる音楽は、1960年代にジャマイカで生まれました。レゲエファッションをするのは、やはりレゲエミュージシャンやそのファンたちが多いです。黒人がするようなドレッドヘアやラスタカラーなどもその特徴となっています。一般的にレゲエファッションといえば、派手なロゴの付いたTシャツを着たり、腰にひっかけたようなデニムパンツを穿いた格好が知られています。レゲエテイストをさりげなく盛り込むためには、赤、緑、黄色といったラスタカラーをファッションの中に取り入れることがおすすめとなってきます。

レゲエファッションの素敵な着こなしとは?

レゲエファッションとは、実際にどんなふうにコーディネートされているのでしょうか?たとえば、グレーの七分袖Tシャツに黒い半袖プリントTシャツを重ね着するのもカッコいいです。ボトムスは、思い切ってパープルのハーフパンツといった着こなしにしてみてください。髪の毛は、思い切ってドレッドヘアにしてしまうのも素敵です。また、グリーン×イエローの模様が入ったジャマイカンシャツに白っぽいカラーのカーディガン、そしてライトブルーのスキニーパンツといったファッションもレゲエファッションの一つです。足元は、ブラウン系のブーツで決めましょう。このように、実はレゲエファッションを作るのはそれほど難しいことではありません。

レゲエファッションの魅力とは?

アフリカから黒人たちが奴隷としてジャマイカの土地に連れてこられた時代がありました。そうした黒人たちは、ラスタファリ信仰というものを続けてきました。彼らは、いつかまたアフリカに帰れることを夢見ながら自分たちの思想やライフスタイルを築いていった歴史を持っています。レゲエ音楽には、そうした黒人たちの魂からのメッセージが込められています。楽しくアップテンポな雰囲気の音楽とは対象的に、レゲエ音楽には社会批判などを含めた彼らの気持ちが込められているといえます。レゲエファッションは、そうした音楽とともに発展していったファッションであり、キャップやトラックジャケットなどのファッションアイテムが必需品となっています。