【夏服】この夏に”爽やかさ”と”男らしさ”を演出する!「ホワイト」アイテム特集!

今年の『流行色』と季節に合った『定番色』を抑える

ファッションにおいて「色」は、とても重要な項目ですよね。

皆さんご存知の通り、色にもトレンドとベーシックがありますが、

ベーシックカラーと言われる基本の色は、黒・白・グレーの無彩色から3色と、
ネイビー・ブラウン・ベージュの有彩色から3色の計6色あります。


出典:パントン

そして、トレンドカラーと言われる、年ごとの流行色はパントン社やJAFCAなどに代表される、
カラーメーカーが発表した色が毎年トレンドとして広まっていきます。

また年に1回発表される、その年を象徴する色の他に、ファッションにおいて季節ごとのイメージカラーも出されます。
この季節ごとのイメージカラーが、私たちにより身近な「トレンドカラー」となっていきます。

▼パントン社が発表した、2019年春夏のカラーはコチラ!▼

出典:パントン
色の系統に注目してみると、オレンジ/イエロー/ピンクなど、12色中8色が暖色系カラーとなっています。

生き生きとして活力のある色合いが、今シーズンのキーであるという事がわかりましたね。

さて、ここまでサラッとベーシックカラーとトレンドカラーについてご説明させていただきました。

取り入れるだけで、垢抜けた印象にしてくれるトレンドカラーは、
毎年抑えておきたいところではありますが、色によっては、組み合わせに困ってしまい、扱いづらかったり、
流行が過ぎ去ると、一気に時代遅れ感・・・という難点も持ち合わせていますよね。

そこで、ベーシックなスタイルを提案している、メンズファッションプラスでは、
定番色の中から、今年の春夏は「白」を一押しいたします!

季節問わず使いやすく、無難さが特徴のベーシックカラーですが、
組合わせや、取り入れる季節を意識する事でトレンドカラーではなくても、
洗練された「今っぽい」オシャレなスタイルを作る事もできるんです。

ここで、最近発売のファッション誌をチェックしていきましょう。

2019年6月号メンズノンノ

引用:【メンズノンノウェブ】

2019年6/7月号クルーエルオム

引用:【クルーエル.JP】

2019年6月号UOMO

引用:【UOMO】

白のアイテムを表紙に使った雑誌が多数見られる他、紙面でも白を基調色としたコーデや、全身白コーデまで、
2019年春夏ファッション誌では「白」を使ったコーディネートが様々見られる結果となりました!

白は取り入れるだけで爽やかに清潔感ある印象にしてくれる、春夏にピッタリなカラーですが、
今年は特に注目度が高いカラーという事がわかりましたね。

それでは、より今年らしく着こなせる「白」アイテムをカテゴリごとに紹介していきます。

ボトムなら快適&汚れにも強い「白」

テーパードパンツ

ベルト付きテーパードパンツ(ホワイト)

今年の人気スタイル「スポーツミックス」にも使える、スポーティなベルト付きタイプのボトム。
ストレッチ性が高く、汚れがつきづらい生地感のハイスペックさも魅力。

商品ページ

トップスなら速乾性&素材感で選ぶ「白」3選

夏ファッション最大の敵は「汗」ではないでしょうか?

そこで、速乾性があり、着心地の良い素材感に注目した「白」トップスを3選ご紹介します!

スウェットTシャツ

配色ミニ裏毛半袖クルー(オフホワイト)

スウェット生地はスポーツウェア素材ならではの吸湿速乾性で、汗耐性は文句なし◎
表裏でカラーが違う事を利用した、ポケットの配色カラーが控えめなキュートさ。

商品ページ

半袖Tシャツ

USAコットンTシャツ(ホワイト)

上質でタフな「USAコットン」を100%使用した、高クオリティTシャツ。
やや厚手生地なので一枚で着ても透けず、きれいなシルエットで様になる。

商品ページ

七分袖シャツ

フレンチリネンレーヨン七分袖シャツ(ホワイト)

麻の中で最高峰の品質を誇る、フレンチリネンを贅沢に使用した、七分袖シャツ。
柔らかな素材感と風を通す薄さで、春の羽織としてはもちろん、夏にも快適な着心地。

商品ページ

靴ならシンプルデザイン&軽やかさで選ぶ「白」2選

ローテクスニーカー

PUレザースニーカー(ホワイト)

キレイめとカジュアルの中間に位置するような、レザー調スニーカー。
キャンバス地と違い、表面が滑らかなレザー調なのでちょっとした汚れなら落としやすいというメリットも。

商品ページ

ハイテクスニーカー

ゴアバンドニットスニーカー(ホワイト)

無駄な装飾は削ぎ落としたミニマルなデザインで、どんなコーデともマッチするスニーカー。
ソールやシルエットはトレンドのダッドシューズ風で「今っぽさ」も取り入れられる◎

商品ページ

編集後記

パントン社など世界的なメーカーが発表する流行色も気になるところではありますが、

「似合うかどうか?」「周りからウケがいいか?」を重視するなら、
最先端ファッションから取り入れるのではなく、身近な市場に出回っているものや、
ターゲットイメージが自分と近いファッション誌で紹介されているものから、取り入れると失敗が少ないです◎

例えば、20代の学生さんなら雑誌「メンズノンノ」や「smart」あたりを参考にすると、
日常とかけ離れすぎず、イメージしやすいかと思います!

色にはあまり注目していなかった、という方も、
ぜひこの機会に自分にあった色、好きな色を見つけてみてくださいね(^^)/