夏祭りや花火大会デートにもピッタリ!今夏のイチオシメンズコーデで出掛けよう!

インナーやアウターなど、重ね着の「足し算コーデ」が基本の冬に対して、暑い夏は薄着でシンプルなコーディネートになりがちですよね。
ただ、「シンプルで洗練された印象」になるか、「面白みがなくて地味・・・」と感じさせるかはアイテムとコーディネート次第のところがあります。

そこで今回は、夏祭りや花火大会など、夏の野外にシーンを設定して、涼しくて爽やかオシャレなアイテムとコーディネートをご紹介します。
もちろんその他お出かけやお買い物にも◎

爽やかなボーダー柄は夏にピッタリ!マリン風Tシャツ

パネル切替ボーダー半袖Tシャツ(ホワイト)

夏にオススメなのがボーダー柄。ボーダー柄のTシャツは、一枚で着るだけで爽やかさとこなれ感が出て、夏らしいコーディネートに仕上がる頼もしいアイテムです。柄物とはいえモノトーンカラーのアイテムなので、重ね着にも使いやすく夏~初秋まで活躍してくれます。スキニーやチノパン、クロップドパンツなどどんなボトムスにも合わせやすいです。こちらのような、胸もと付近に柄がない「パネルボーダー」は、顔周りをスッキリ見せてくれる効果もありますよ。

商品ページ

半袖Tシャツ×ジョガーパンツ(2点セット)

パネルボーダーのTシャツに、カーキのジョガーパンツを合わせたコーディネートです。去年頃から流行しているジョガーパンツはカジュアルで動きやすく、夏のおでかけにピッタリ。先細り型のシルエットが今っぽいテイストです。ボトムスにカーキを選ぶことで、トップスのモノトーンに色味をプラスしています。シューズはブラックやグレーなどのモノトーンカラーのスニーカーやスポーツサンダルがオススメです。

商品ページ

太めボーダーの大きめTシャツは適度なトレンド感

ルーズフィットボーダー半袖Tシャツ(グレー)

こちらは白と薄いグレーのボーダーTシャツです。ボーダーの幅が太くなると、カジュアルさやスポーツ感がグッと強くなります。オーバーサイズのユルッとした雰囲気で、今っぽいトレンド感もあります。白とグレーの淡い色使いでコントラストも弱めなので、ユルふわっとした印象。濃い色のタイトなボトムスで引き締めることで、シルエットにも色合いにもメリハリが出るのでオススメです。

商品ページ

半袖Tシャツ×スキニーパンツ(2点セット)

こちらはブラックのスキニーパンツを合わせたコーディネートです。淡い色・ゆるめのトップスと濃い色・タイトなボトムスでコーデ全体にメリハリが出ています。緩急をつけたコーディネートはワンランク上のオシャレに。足元はカジュアルな印象のスニーカーを合わせるとまとまりがでます。

商品ページ

細やかなディティールがオシャレな半袖Tシャツ

タックジャガードヘンリー半袖Tシャツ(ホワイト)

全体にタックの入った織生地を使った半袖Tシャツです。カラーは無地ですが織の立体感が独特の風合いを出しています。また、襟部分には飾りボタンもポイント。一見シンプルな白Tシャツですが、細かいところにコダワリが詰まっていて、「ひと味違うオシャレ」な一枚になっています。

商品ページ

半袖Tシャツ×デニムパンツ(2点セット)

先ほどのTシャツに、スッキリしたシルエットのストレートデニムを合わせたコーディネートです。ディティールに凝ったTシャツなので、ボトムスは対照的にシンプルなものを合わせるのが◎。デニムやチノパン、クロップドパンツなどが合わせやすいですよ。カラーは引き締め効果のある暗めのものがオススメです。

商品ページ

流行りの白パンツはハンパ丈が取り入れやすい

ベルト付きクロップドパンツ(ホワイト)

こちらはホワイトのクロップドパンツです。一見シンプルですが、裾を折り返してロールアップにすると淡いブルーの差し色が覗きます。もちろんロールアップせずに穿くこともできるので、合わせるトップスや気分ではき方を変えてみてくださいね。ホワイトのパンツってなんとなくキザっぽくなりそうで抵抗がある…と思っている方もいるかもしれませんが、クロップドパンツはその丈感と生地の風合いで適度にカジュアルダウンされていて、意外と穿きやすい!と評判なんです。見た目にも涼しげなのでぜひこの夏に挑戦して欲しいアイテム。

商品ページ

七分袖パーカー×半袖Tシャツ×ベルト付きパンツ(3点セット)

ホワイトのクロップドパンツにグレーのTシャツとネイビーのパーカーを合わせたマリンライクなコーディネート。日よけ・冷房対策として薄手のパーカーは夏でも活躍してくれます。ネイビーのパーカーとホワイトのパンツでこれ以上ないくらい爽やかな仕上がり。インナーのグレーも主張し過ぎない色の深みです。ホワイトのパンツは、濃い色や柄物のトップスとよく合います。黒のボトムスと同じくらい合わせやすい!という声も。

商品ページ

いかがでしたでしょうか?
今回のテーマが夏祭り・花火大会コーデということで、着用感と見た目の涼しさ、動きやすさ、かっこよさの共存を狙えるアイテムとそのコーディネート例をご紹介いたしました。

夏は暑くてオシャレとか言ってられないよ…と思っていた方にこそ、ぜひ取り入れてほしいアイテムたちです。
今しかできない“夏ならではのオシャレ”を楽しんでみませんか?

夏服コーディネートに関する関連記事はこちら

↓夏服の着こなし術に関する情報はこちらの記事をご覧ください!
【永久保存版】夏服のメンズファッションコーディネート術

夏に流行の半袖・七分袖シャツ、Tシャツを使用した全身コーディネート

【2019年夏服・20代~30代向け】帰省する人が多い夏は同窓会シーズン!カジュアルかつモテる男性の同窓会ファッションとは?2018/11/04

2019年の夏服はシルエットが決め手!七分袖ジャケットで作る美シルエットの男前コーデ2018/11/06

夏だ!海だ!リゾートだ!2019年夏のオススメリゾート系ファッション特集2018/10/11

夏の天敵!脇の汗染み、黄ばみは目立たない色・柄のTシャツを選んでカバーしよう!2018/04/10