【メンズ】ビジネス手帳のおすすめ人気ランキング10選 【デキるビジネスマンが持つ、使いやすい手帳をご紹介】

売れ筋の人気ビジネス手帳10商品を徹底的に比較しました!

仕事のスケジュール管理には、「使いやすいメモが必要」というのは全てのビジネスマンが感じていることでしょう。
しかし、いざメモを取るための手帳を選ぼうと思ってもしっくり来るものが選べないということはよくあります。

その原因としてビジネス手帳は、タイプやサイズ、レイアウトの種類が多くてどれが自分に合うのかわかりにくいからです。

そこで今回は、ビジネスマンから人気の使いやすいビジネス手帳をA5,A6,B4,B5,B6など様々なサイズから紹介していきます。
ランキング形式で紹介していくので、ぜひ参考に自分に合ったビジネス手帳を選んでみてください!

ビジネス手帳の選び方

さっそく、ビジネス手帳の選び方のポイントを紹介していきます。

①自分に合ったタイプを選ぶ

手帳にはタイプがあるので自分に合ったものを選びましょう。
仕事の効率を決める大事な要素なので、使い方によって慎重に選んでみてくださいね!

【綴りタイプ】充実の機能で簡単記入

綴りタイプ
(参照:amazon)

日付や時間軸、メモのスペースが最初から書いてあるので、すぐに必要事項を書ける楽々タイプ。
買ってすぐに使うことができるので忙しいビジネスマンにはありがたいですね。

デメリットとしては、「メモのスペースがもっと欲しい」「こんなスペースは使わない」など自分に合ったスペースデザインを見つけることが難しいことです。
しかし、それを補う機能数や種類があるので探せば自分合ったものがあるので最初に手帳を持つならこちらのタイプがおすすめです。

【システム手帳】自分好みにカスタマイズ

システム手帳
(参照:amazon)

システム手帳の魅力ははページの順番を変えたり、好きな紙を差し込むことのできる自由度にあります。
上手く使えば綺麗にまとまった自分専用の手帳にすることができます。
また、本革を使ったりとスタイリッシュな見た目で人気の理由の1つです。

しかし、紙のサイズ選びを間違えてしまうと使えなくなるので注意が必要です。
リフィルを買うときには、穴の数やサイズはしっかりと調べてくださいね。

②サイズを持ち運びやすさ、書き込み量で決める

持ち運びが多いのか、机で使うのか、多くメモするのか、ちょっとメモ用なのかでサイズが変わってきます。
用途に合ったサイズを選ぶことでストレスなく使うことができます。

「B6」「A5」がベーシックなサイズ感

B6
(参照:amazon)

B6(128×182mm)とA5(148×210mm)は、持ち運びもしやすく記入スペースもあるので最初に選ぶならこちら。
バッグにも仕舞いやすく、持ち運びにも重くならないので使い勝手抜群です。
人気のサイズなので、デザインも豊富で選びやすいのもありがたい。

「B5」「A4」はメモ多めなアイデアマンにおすすめ

B5
(参照:amazon)

一般的なノートと同じB5(182×257mm)や、書類で使われるA4(210×297mm)サイズはメモが多めの人におすすめ。
持ち運びには少し重さを感じるので机や家だと使い勝手がいいですよ。

「A6」は持ち運びに便利

A6
(参照:amazon)

ポケットに入るA6(105×148mm)は移動が多いビジネスマンにおすすめ。
外でメモをしたり、急にメモを強いられることがある忙しい方だとパッとメモを取れるのは助かりますよね。
反面、記入できる量が少ないので、別にまとめることのできるノートを用意しておくと綺麗に使うことができますよ。

③スケジュール量でレイアウトを決める

レイアウトによってスケジュールに書き込める内容が変わってきます。
時間単位のスケジュールをメモしたいのか、月の流れを知りたいのかを考えてレイアウトを選んでみてください。

【マンスリー】月のスケジュール感をメモしたい

マンスリー
(参照:amazon)

見開きに1ヶ月のカレンダーが記入してあり、長いスパンでのスケジュールを管理しやすいタイプです。
長期プロジェクトや、段階を踏んだ仕事がある場合の全体の流れを見るには最適です。

【週間レフト】一週間単位のPDCA回しに

ウィークリー
(参照:amazon)

見開き左ページに1週間のレイアウト、右ページはメモ欄や余白があるタイプ。
週間で何をしたのか?を一目でわかるので、振り返りや来週の目標を立てやすいですね。

【週間バーチカル】細かい時間スケジュール管理

週間バーチカル
(参照:amazon)

見開きに一週間のレイアウトがあり、縦軸に時間が書いてあるタイプ。
時間単位でスケジュールが埋まっている場合は視覚的に予定がわかりやすく助かります。

【デイリー】日記帳感覚で使える

デイリー
(参照:amazon)

1ページに1日分のスペースがあり内容を多く書けるタイプ。
仕事のメモだけでなく、振り返りやアイデアなども書くことができるので日記のような感覚で使うことができます。

④素材を用途で変える

見た目の印象や耐久性を決める素材感は自分の用途によって使い分けましょう。

【本革】高級感溢れる大人のビジネスマン

本革
(参照:amazon)

本革は独特な重厚感があり、落ち着きのあるビジネスマンによく合います。
仕事でよく使うビジネス手帳は、ネクタイやシューズと同じく身だしなみの1つと考えていいものを使う人も増えています。
金額は上がりますが、丈夫で長く使うことができるので投資としてはコスパがいいですよ。

【合皮】ハードな扱いにも大丈夫

合皮
(参照:amazon)

手帳に使われる合皮は、バッグに入れられることを想定しているので厚くて丈夫なものが多いです。
金額は本革よりも安いですが、見た目も大きく変わらないものが増えてきているので本革の前に試してみるのもいいですね。

【ポリ塩化ビニル(PVC)】スマートな見た目

PVC
(参照:amazon)

ポリ塩化ビニルで作られた手帳は、薄手のものが多いので持ち運びも簡単。
他の素材と比べると柔らかいですが、耐久性は十分ありますのでバッグに入れてももちろん大丈夫です。

ビジネス手帳のおすすめ人気ランキング10選

ここからは「種類」「サイズ」「レイアウト」「素材」のポイントからみたおすすめのランキングを紹介していきます。
ぜひ参考に自分に合った手帳を選んでみたくださいね!

1位

機能満載で迷ったらこれ!

「1年で終わり」ではなく「⼀⽣つかえる」⼿帳。をコンセプトに新しいスタイルの手帳。
ジブン手帳といえば、DIARY・LIFE・IDEAの3種類から出来ているのが大きな特徴です。
DIARYには週間、月間、年間の予定を、LIFEには目標を、IDEAには気づきを書くことができます。

さらにノートを分離することができるので、新しいものを足したりと一年で終わらずに情報を引き継ぐことができます。
まさしく1年だけでなく一生使うことのデキる手帳なので、まずはこちらで間違いありません。

種類 綴じタイプ
サイズ A5
レイアウト 週間バーチカル
素材 ポリ塩化ビニル

2位

シンプルで上品なシステム手帳

シンプルな見た目でビジネススタイルによく合うシステム手帳。
A5サイズなので、ビジネスでの持ち運びやメモにには大きさ十分です。

シックなデザインなので、机の上にずっと置いておいても雰囲気を壊しません。
リフィルに方眼・横線・ドット・無地があるため用途によって使いわけることができるので便利ですよ。

種類 システム手帳
サイズ A5
レイアウト -
素材 合皮

3位

書き込み部分が広いウィークリータイプ

B5サイズの大きい手帳なので、ウィークリー形式でもメモを十分書くことができます。
一週間の予定を細かく一目で確認できるのは嬉しいですね。
業務だけでなく、アイディアもメモしたいという方におすすめです。

種類 綴じタイプ
サイズ B5
レイアウト 週間レフト
素材 ポリ塩化ビニル

4位

オシャレなブラウン手帳

落ち着いたブラウン採用でオシャレながらも仕事場で使えるデザイン。
中身にはペンホルダー、カードポケット4つあり収容量もOK。
大きさもベーシックなルーズリーフを差し込むことができるので使い勝手もいいですね。

種類 システム手帳
サイズ B5
レイアウト -
素材 合皮

5位

長いビジネス生活のお供に

経年変化を楽しめるブライドルレザーを採用した高級志向の手帳。
使えば使うほど味の出るブライドルレザーは使い捨てではなく、長く使いたい方におすすめです。

機能面もカードポケットが8個、大事なものを入れるファスナーポケットもあり十分。
ものを長く使いたい本物思考の方はぜひ使ってみてください。

種類 システム手帳
サイズ B6
レイアウト -
素材 本革

6位

1日の時間を知りたい週間バーチカル

1日の時間に合わせて予定を書き込みたい方におすすめなバーチカルタイプ。
スケジュールが細かく設定されていている場合は視覚的に判断できると楽ですよね。

種類 綴じタイプ
サイズ 手帳版
レイアウト 週間バーチカル
素材 合皮

7位

タイムスケジュールの書ける横型

ベーシックな作りですが、時間軸も載っており時間管理のしやすいタイプ。
意外とメモ欄が横型で、時間が書いてあるタイプってなかったのでこれは嬉しいですね。
B6サイズも絶妙で、A5だと少し大きくてスペース余っていたなと感じた人はスッキリ使えます。

種類 綴じタイプ
サイズ B6
レイアウト 週間レフト
素材 合皮

8位

風格のあるシンプルなデザイン

すっきりとしたデザインで、サイズもコンパクトながら素材感から高級感を感じるタイプ。
A6サイズなので、持ち運びもしやすくオシャレアイテムに見せることもできますよ。
背面にファスナーポケットがあり、お金やチケットを仕舞えるのも便利です。

種類 システム手帳
サイズ A6
レイアウト -
素材 合皮

9位

スーツによく合う本革手帳

A6サイズでスーツのポケットに忍ばせるのに最適な本革手帳。
メモ帳らしさが少ないので、大人っぽいオシャレアイテムとして使うことができます。

また、ボールペンホルダーや少しのお金やカードを入れることができるので、ちょっとした移動の際にポケットに入れておくと安心できます。

種類 システム手帳
サイズ A6
レイアウト -
素材 本革

10位

携帯に便利!サクッとメモタイプ

B6サイズでほぼ長ザイフと同じなので持ち運びが簡単なタイプ。
メモをするスペースも大きめに取られているため小さくても情報記入量は十分です。
歩きながらのメモや突然指示を出されることの多い現場で重宝しますね。

種類 綴じタイプ
サイズ B6変形
レイアウト 週間レフト
素材 合皮

おすすめ人気ビジネス手帳比較一覧表

ランキング 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
商品画像
商品名 ジブン手帳 RIN DEN アピカ Raccolta Luce ラファエロ 高橋 高橋 Cahietlo CEETOL マ-クス
価格 3520円 2000円 458円 3580円 9998円 1023円 1540円 1999円 5399円 3740円
種類 綴じタイプ システム手帳 綴じタイプ システム手帳 システム手帳 綴じタイプ 綴じタイプ システム手帳 システム手帳 綴じタイプ
サイズ A5 A5 B5 B5 B6 手帳版 B6 A6 A6 B6変形
レイアウト 週間バーチカル - 週間レフト - - 週間バーチカル 週間レフト - - 週間レフト
素材 ポリ塩化ビニル 合皮 ポリ塩化ビニル 合皮 本革 合皮 合皮 合皮 本革 合皮
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

自分好みに変える手帳のカバー

実は、自分好みにデザインや機能性を変えることのできる手帳カバーというのが最近人気なのです。
なぜ人気なのか?その秘密を少し紹介していきます。

デザインが豊富

デザイン
(参照:amazon)

今までは綴りタイプの手帳はデザイン数が少ないというデメリットを抱えていましたが、カバーの登場で自分好みに変えることができるようになりました。
カバーのおかげで中身がすごい気に入ったけど、見た目が好みでなかったので渋々違うものに変えたという悩みが無くなります。

なかなか気に入るものが見つからなかったという方もこれで中身の好み探しに専念できるのでカバーはぜひ試してみてください!

機能性をあげるタイプ

機能性
(参照:amazon)

機能性2
(参照:amazon)

綴りタイプになかった収納力をカバーでつけることもできます。
ちょっとしたお金やカードを入れられると、出先で財布代わりに使うことができるのも意外と便利。
またしおりがあると、急に言われた時にもすぐに自分の書きたいところを見つけられると好評です。

名刺入れなら、こちらもチェック!

ビジネスマンなら、取引先と会った時にちらっと見える名刺入れにも意識をしたいところ。
ビジネス手帳のような細かいところまで意識するビジネスマンなら、こちらもぜひ参考にしてみてください。

【メンズ】名刺入れ おすすめ人気ランキング15選【デキるビジネスマンが持つべきブランドはこれ!】続きを読む»

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「タイプ」「サイズ」「レイアウト」「素材」の4つのポイントからビジネス手帳の選び方を紹介していきました。

手帳はサイズも、見た目も、中身の種類も多くて選ぶことが難しいですが、自分に合うものを見つければ仕事の効率をあげてくれるアイテムです。
ぜひ今回の記事を参考に自分に合った手帳を見つけ仕事の効率をUPさせてくださいね!