【シェーバー変えたら朝10分長く寝れるんだがw】メンズシェーバーのおすすめ人気ランキング10選

売れ筋の人気電気メンズシェーバー10商品を徹底的に比較しました!

朝の身支度を手早く済ませることができるメンズシェーバー
カミソリのように肌を濡らす必要がないので、大変便利ですよね。

しかし、パナソニックやフィリップスなど様々なメーカーから販売されているだけでなく、回転式や往復式など、その種類は様々
価格帯も違いがあり、どれがいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はメンズシェーバーの選び方のポイントと一緒に、おすすめのメンズシェーバーをランキング形式で紹介していきます。
自分に合ったシェーバーがあればヒゲ剃りによる肌ストレスの軽減にもなりますよ。

メンズシェーバーの選び方

メンズシェーバーを選ぶ時は、自分のヒゲや肌に合わせて選ぶのがおすすめです。
ここではヒゲが濃い・肌が弱いなどの悩みに合わせたメンズシェーバーの選び方のポイントを紹介していきます。

【駆動方式で選ぶ】肌の悩みに合わせて

メンズシェーバーの駆動方式は、往復式、回転式、ロータリー式の3種類があります。
それぞれのメリットやデメリットをもとに、自分に合うメンズシェーバーを探す時の参考にしてみてください。

濃いヒゲなら「往復式」


参照:パナソニック公式サイト

ヒゲをキャッチする外刃と往復運動でヒゲを剃る内刃があるタイプのメンズシェーバーのことを往復式と言います。
外刃は3~5枚が主流で、外刃が多いほどヒゲをキャッチしやすくなるのが特徴です。

メリットはヒゲのキャッチ性能が高く、ヒゲと触れる面積が多いのでスピーディなシェービングができ、ヒゲが濃い方や癖ヒゲの方に向いていること。

デメリットは肌が弱い方には刺激が強く、肌荒れの原因になってしまうことです。
深剃りしたい、朝の身支度を出来るだけ素早く済ませたいという方にぴったりですね。

肌への優しさを重視するなら「回転式」


参照:フィリップス公式サイト

外刃でヒゲをキャッチ、回転運動でヒゲを剃る内刃があるタイプのメンズシェーバーのことを回転式と言います。
往復式に比べて刃が長持ちしやすく、替刃交換の手間が少ないことが特徴。

メリットは振動音が静かなことや、肌に優しいことです。
回転刃が肌の表面を滑るようにヒゲをカット、刃が深く当たらずに済みます。
デメリットとしては剃るのに時間がかかり、剃り方にコツが必要なことです。

肌の上でクルクルと回しながら剃る必要がありますが、肌の弱い方やニキビなどの肌トラブルで悩んでいる方におすすめです。

癖ヒゲなら「ロータリー式」


参照:日立公式サイト

外刃でヒゲをキャッチ、円筒状の内刃でヒゲを巻き込みつつカットするタイプのメンズシェーバーのことをロータリー式と言います。
往復式と回転式のメリットを兼ね備えていて、癖ヒゲなどの幅広いヒゲと肌に対応

メリットは内刃が回転することで、往復式よりもエネルギーロスを少なくでき、パワフルに剃れること。
デメリットは使い方を間違えると肌へのダメージが大きくなってしまうことです。

往復式のようにヘッドを肌に押し付けてしまうと、内刃が皮膚を巻き込むことがあります。
そのため使う時は下から上にゆっくり動かすのがポイントです。
使い方さえ間違わなければ、肌へのダメージを少なく深剃りすることができますよ。

【充電方式で選ぶ】使い勝手に合わせて

メンズシェーバーには充電交流式、充電式、電池式の3種類の方式が使われています。
似たような名称の方式ではありますが、防水性、持ち運びやすさなどの使い勝手に関わるので、メンズシェーバーを選ぶ時はチェックするのがおすすめです。

充電切れの心配がない「充電交流式」


参照:フィリップス公式サイト

充電交流式は充電しながら使えるため、常にフルパワーでヒゲを剃ることができるということがメリットです。
ヒゲが濃い方やスピーディにヒゲ剃りを済ませたい方にぴったりですね。

ただ充電交流式は電源部から水分が浸透する可能性があり防水性に欠けるため、シェービングフォームの使用やお風呂使いが出来ないことがデメリットです。
肌が荒れやすいかどうかを考慮しながら購入しましょう。

お風呂使いもできる「充電式」


参照:日立公式サイト

充電式は防水設計になっているモデルが多く、お風呂使いできるというメリットも。
お風呂でヒゲを蒸らしてからシェービングすることで、肌へのダメージを抑えつつ剃ることができるため、肌が弱い方や肌トラブルに悩む方におすすめです。

充電式は使う前に充電しておく必要があり、こまめな電池残量の確認も必要です。
購入する際はそういった手間が負担にならないか検討するといいですね。

携帯性に優れる「電池式」


参照:パナソニック公式サイト

電池式はコンパクトで充電ケーブルが必要なく、持ち運びやすさはピカイチです。
しかも電池はコンビニなどで手軽に入手できるため、出張などの際に電池を準備するのを忘れてしまっても慌てることもありません。

ただ、電池式はパワーが電池の性能に依存してしまうことと、刃の数が少なくヒゲ剃りの効率が悪いというデメリットがあります。

【メーカーで選ぶ】こだわりに合わせて

メンズシェーバーはメーカーによって、深剃り、肌への優しさ、リーズナブルさなど様々な特徴があります。
ここではそれぞれのメーカーを比較するので参考にしてみてください。

機能の幅広さなら「パナソニック(Panasonic)」


参照:パナソニック公式サイト

パナソニックは内刃を鋭角にすることで鋭い切れ味を確保、かつ低振動設計で肌ダメージを軽減できるメンズシェーバーを販売しています。
深剃りしたい方、癖ヒゲの方、肌が弱い方など幅広い対応力が魅力です。

回転式なら「フィリップス(Philips)」


参照:フィリップス公式サイト

フィリップスは回転式シェーバーのみを販売しており、もみあげなどに使える専用トリマーを付属するなど、細かい部分は使いにくいという回転式の弱点をカバー。
ヘッドが自在に動くフレックスヘッドで肌へのフィット性が高いのも魅力です。

清潔に使用したいなら「ブラウン(BRAUN)」


参照:ブラウン公式サイト

ブラウンの特徴は、販売している全てのシェーバーに防水機能があることです。
また外刃がヒゲのキャッチ力に優れているという特徴もあります。
丸洗いができるため雑菌の繁殖を防ぎやすく清潔に使い続けられますね。

ロータリー式なら「日立(HITACHI)」


参照:日立公式サイト

日立はロータリー式のシェーバーを開発したメーカーです。
鋭い切れ味があることで高級包丁にも使われる「安来鋼」を内刃に採用しており、ロータリー式ならではのパワフルさと相性抜群でヒゲ剃りの時短にもおすすめ。

耐久性の高さなら「イズミ(IZUMI)」


参照:イズミ公式サイト

イズミはシェーバーの素材にステンレスを採用し、耐久性と切れ味の持続性を兼ね備えた6枚刃モデルがあることが特徴です。
耐久性が高いのでヒゲが濃い方でも替刃交換の回数を減らすことができますよ。

メンズシェーバーのおすすめ人気ランキング10選

それではおすすめのメンズシェーバーを紹介していきます。
選び方を参考にしながら選べば、快適なヒゲ剃りが叶うモデルが見つかりますよ。

1位

3種5枚の内刃で様々なヒゲを1度にキャッチ

内刃にフィニッシュ刃、くせヒゲリフト刃、スリムコームスリット刃の3種類を搭載。
さらに焼いて鍛えて研ぎ澄ます製法の「鍛造刃」が、硬いヒゲも寝ているヒゲも長いヒゲも、根元からしっかりと深剃りしてくれます。

また刃の間には剃り心地を滑らかにしてくれる「スムースローラー」を搭載しているため、従来製品と比べて肌への摩擦を3分の2まで低減できています。
ヒゲの剃り残しが気にならず、肌にも優しいためおすすめです。

駆動方式 往復式
電源の種類 充電交流式
メーカー Panasonic

2位

全自動洗浄機付きのハイエンドモデル

マルチ機能表示ディスプレー、AI機能、防水機能、全自動洗浄充電器など機能性に優れたハイエンドモデルのメンズシェーバーです。
また顔の凹凸に密着する「5Dアクティブサスペンション」も搭載。

機能性に溢れるモデルですが、特にイチ押しなのが「3分クイックチャージ」機能です。
電池が切れても、3分充電すると3分間シェーバーを使えます
忙しい朝の万が一にも備えられるため、安心して使えますよ。

駆動方式 往復式
電源の種類 充電交流式
メーカー Panasonic

3位

クイック洗浄システムでお手入れのしやすさが◎

こちらは網刃を外さずに洗うことができるため、洗浄も手早く済ませることができます。
シェーバーはしっかり剃れるかも大切ですが、お手入れが簡単かどうかもポイントです。
忙しい毎日でも、使ったら手軽に洗えるので清潔かつストレスなく使えます。

また「人間工学デザイン」と「3連密着ブレード」を採用しているのもメリットです。
シンプルかつ低負荷なシェービングができるので、肌が弱い方や肌トラブルに悩んでいる方でも安心して使うことができますよ。

駆動方式 往復式
電源の種類 充電式
メーカー BRAUN

4位

皮膚科医と共同開発した敏感肌向けモデル

こちらのシェーバーの最大のメリットは、皮膚科医と共同開発で実現した「パーソナルシェービングプラン機能」を使えることです。
スマホアプリを使い、肌の問題解決に向けたアドバイスをもらうことができます。

さらにシェーバーの設定をノーマル肌、敏感肌、超敏感肌の中から選ぶことも可能です。
力を入れて押さえつける必要がなく、多方向に可動してやさしく肌にフィットするヘッドなども搭載しているため、敏感肌で悩んでいるならぜひお試しください。

駆動方式 回転式
電源の種類 充電式
メーカー Philips

5位

日立(HITACHI)
¥19,800
(2022/06/28 09:57:23時点 Amazon調べ-詳細)

LED光乾燥機で乾燥・除菌・充電ができる

充電器にLEDを搭載し、光触媒と温熱乾燥の作用で清潔に保つことができるのが特徴。
除菌できることで、肌に付着する菌が少なく、菌が毛穴に入り込む毛嚢炎などの予防にも効果的です。

滑らかでスムーズなシェービングは、ロータリーの回転に加えて毎分約18,000往復する音波振動機能を搭載することで実現しています。
少ない力で剃り切ることができるので、ヒゲが濃くても楽に剃ることができますね。

駆動方式 ロータリー式
電源の種類 充電交流式
メーカー HITACHI

6位

6枚刃とアクティブキャッチトリマーで癖ヒゲを残さずカット

癖ヒゲで悩んでいる方におすすめなのがこちらのシェーバーです。
「アクティブキャッチトリマー」で癖ヒゲを捕らえ「スリムシャープ内刃」は硬度が高く耐蝕性があるため切れ味の持続性もあります。

さらに広角エリア加工によって、より広い面積のヒゲを一網打尽にすることができます。
また搭載されているリチウムイオン電池の容量は業界トップクラスで、約4週間充電する必要がないため、面倒な充電の手間も考えなくて済みますよ。

駆動方式 往復式
電源の種類 充電式
メーカー IZUMI

7位

深剃りからトリミングまでと使い方が幅広い

1分間に最大15万回カットする「NanoTechデュアルプレジション刃」と、メタルビーズコーティングされたリングを採用していることで、肌への負担を最小限にしながら究極の深剃りを実現しています。

さらに5段階の長さ調整機能付きの「ヒゲスタイラー」を付属しているのもポイントです。
ヒゲを伸ばしてワイルドさを演出したくなった時も便利に使えます。
もちろんヒゲスタイラーの先端は丸みを帯びていて、肌に対しても低刺激ですよ。

駆動方式 回転式
電源の種類 充電式
メーカー Philips

8位

海外旅行も安心な自動電圧切替機能付き

大型1枚刃によって早剃りと携帯性を両立させていることが特徴です。
サイズは幅57mm、奥行31mm、高さ121mmとポーチ等に入れて持ち運ぶことができます。
重さも約130gと軽量で、荷物が重くならないのも嬉しいポイントですね。

またA2プラグが使える地域であれば、海外でも使えます。
しかも充電コードが必要ないプラグインタイプなので、コードを忘れる心配もありません。
海外出張が多い方にぴったりですね。

駆動方式 往復式
電源の種類 充電式
メーカー IZUMI

9位

リーズナブルかつシェーバーケース付きで持ち運びやすい

リーズナブルな価格なのに、4枚刃と3Dヘッドを搭載していることで機能性にも優れるのが特徴です。
さらに独立フロートによって4つの刃が浮き沈みしてフィット感を高めています。

スイッチロック機能付きなので持ち運ぶ際の誤作動を防いでくれて安心なうえに、専用のケースを使えば収納性にも優れます
出張先や旅行先でもしっかり深剃りしたい方におすすめです。

駆動方式 往復式
電源の種類 充電式
メーカー HITACHI

10位

パナソニック(Panasonic)
¥2,555
(2022/06/28 09:57:27時点 Amazon調べ-詳細)

コンパクトだが2枚刃で肌に優しくフィットするのが◎

本体の重量が100g、乾電池を入れても150g未満と非常に軽量なこちらのシェーバーは、コンパクトさだけが特徴ではありません。
独立フロート2枚刃を採用していることで肌へのフィット感が高くなっています。

フィット感が高くてヒゲの剃り残しが少ないため、何度も往復する必要もなく肌に優しい仕様になっています。
旅行や出張などでは小回りの利くサイズなのでおすすめですよ。

駆動方式 往復式
電源の種類 電池式
メーカー Panasonic

おすすめ人気メンズシェーバー比較一覧表

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
商品画像
駆動方式 往復式 往復式 往復式 回転式 ロータリー式 往復式 回転式 往復式 往復式 往復式
電源の種類 充電交流式 充電交流式 充電式 充電式 充電交流式 充電式 充電式 充電式 充電式 電池式
メーカー Panasonic Panasonic BRAUN Philips HITACHI IZUMI Philips IZUMI HITACHI Panasonic
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

メンズシェーバーの電気代はいくらかかるのか


参照:パナソニック公式サイト

日々進歩を遂げて機能性豊かになっていくメンズシェーバーですが、機能が増えることで電気の消費量が増えて電気代がかさむのではないか、と心配になることもありますよね。
そこで1ヶ月あたりの電気代を計算してみました。

今回電気代を計算したのはランキングにも登場した、パナソニックのハイエンドモデル「ES-LV9F」で、紹介した中でも消費電力が10Wと最も多いモデルです。
10Wの1時間あたりの電気代は約0.27円で、ES-LV9Fの充電時間は1時間。

1ヶ月30日として、毎日充電したとしても約8.4円ということになります。
フル充電で40分使えるので、毎日充電する方は少ないでしょうが、月に8円程度なら電気代の心配はせずに使い続けることができそうですね。

クワトロボタニコなら、こちらもチェック!

エイジングケアで人気の「クワトロボタニコ」を使えばお肌の手入れもしやすくなります。
オールインワン化粧水なので、手軽に使えますよ。
クワトロボタニコはこちらをチェック!

【口コミで評判の保湿力!】クワトロボタニコのボタニカルローション&アフターシェーブを使用してレビュー【エイジングケアが気になる年齢層に!】続きを読む»

まとめ

お気に入りのメンズシェーバーは見つかりましたでしょうか。
ヒゲの濃さや癖、肌の状態などに合わせることで、ストレスなく使えるシェーバーがきっと見つかります。

お気に入りのシェーバーで気持ちよくヒゲ剃りが出来れば、何気ない朝のワンシーンがちょっと楽しい時間になるかもしれませんよ。