【料理下手でもシェフ並みのメニュー作れた!】オーブンレンジのおすすめ人気ランキング10選

売れ筋の人気オーブンレンジ10商品を徹底的に比較しました!

忙しい毎日を送っている方や「料理の経験がほとんどない」という方にとって、料理のバリエーションを増やすのは簡単ではないですよね。
また「夏場の暑い時にガスコンロやIHで料理をするのは大変」という方も多いでしょう。

そんな時に重宝する家電がオーブンレンジ(コンビネーションレンジ)です。
オーブンと電子レンジの両方の機能を持つオーブンレンジは、料理を作る時にも温める時にも便利です。

手軽な「レンチン料理」から本格的な料理・健康志向の料理など、バリエーション豊かな料理をするのに役立ちます。

さらに熱を直接感じないため暑い夏でも快適に料理ができるほか、その場にいなくても加熱や調理が完成するので手間が省けます。
1台持っておくと、料理の質も種類も格上げできること間違いなしです。

とはいえオーブンレンジの進化はすさまじく、今や幅広い種類の製品が登場しています。
どんなポイントに注目して選ぶべきか分からない」という方も少なくないですよね。

そこで今回はオーブンレンジのシンプルな選び方を解説するとともに、おすすめのオーブンレンジ10選をご紹介します。
SHARPや東芝などの一流メーカーもしっかりカバーしているので、参考にしてください。

オーブンレンジの選び方

オーブンレンジを選ぶ際にチェックしたいポイントは山ほどありますが、同時に色々な機能を比較すると候補が定めにくいです。

そこでこの記事では「加熱方式」「オーブンの最高温度」「レンジ出力」という、主要なポイント3つにフォーカスして解説します。
これらのポイントに注目して候補を絞った上で、その他の付加機能を調べてみてください。

【加熱方式で選ぶ】調理の内容に合わせて

オーブンレンジの加熱方式にはいくつかのタイプがあります。
大きく分けると、通常の「オーブンレンジ」と、蒸気を使う「スチームオーブンレンジ」、そして高温蒸気を使う「過熱水蒸気オーブンレンジ」が主流です。

簡単なオーブン調理なら「オーブンレンジ」


参照:Amazon

通常のオーブンレンジには、電子レンジの「温め機能」と、オーブン・グリルの「焼く機能」とが備わっています。

肉料理やパン・ピザ・焼き菓子などは、通常のオーブンレンジで十分カバーできます。
特にこだわりがなく「オーブン・グリル機能と電子レンジ機能が使えれば良い」という場合は、このタイプの製品で十分でしょう。

蒸し料理やふっくら仕上げなら「スチームオーブンレンジ」


参照:Amazon

スチームオーブンレンジは、水の入った容器からスチームを発生させて加熱するタイプで、この仕組みを活かして蒸し料理も作れます。
食材の水分が失われにくく、加熱後に食材がふっくらするのも特徴です。

焼き料理だけでなく蒸し料理も頻繁に作りたい方や、柔らかな仕上がりを好む方におすすめのタイプです。

油分・塩分カットのヘルシー料理なら「過熱水蒸気オーブンレンジ」


参照:Amazon

このタイプでは、水蒸気(100℃で気体になった水分)をさらに加熱して食材に吹きかけ、余計な油分・塩分をカットしながら調理してくれます。
健康志向の方や蒸し料理を楽しみたい方におすすめのタイプです。

【オーブンの最高温度で選ぶ】よく調理する食材に合わせて

オーブンの最高温度は製品によって大きく異なります。
200℃~250℃くらいの製品が一般的ですが、中には350℃という超高温まで加熱できる製品も存在します。

一般的な料理がメインなら「通常オーブンレンジ」


参照:Amazon

基本的に250℃くらいまでの加熱力があれば、多くの調理が可能です。
魚料理や肉料理・プリンやケーキ・グラタンなど、豊富な料理に対応できます。

そのため「あまり凝った料理は作らない」という方には、200℃~250℃を出せる製品で十分です。

また250℃未満の製品は、それ以上の最高温度を誇る製品より価格帯が安いので、コストを重視したい方にもおすすめします。

時短重視なら「超高温オーブンレンジ」


参照:Amazon

一方、時短を重視する場合は300℃~350℃まで加熱できるオーブンレンジが便利です。
最高温度が高いほど余熱時間が短くて済むほか、短時間で一気に焼き上げられるからです。
電気代は最高温度が低いものと大差ありません

【レンジ出力のタイプで選ぶ】調理時間に合わせて

電子レンジ機能を使う場合においても、最高出力の高さを意識しておくと良いです。
レンジの出力は低いもので500W、高いものだと1,000Wほどあります。

時短重視なら「高出力オーブンレンジ」


参照:Amazon

時短重視なら1,000Wほどある高出力タイプがベストです。
出力が高いほどスピーディーに温められるからです。
単純計算をすると、1,000Wのレンジは500Wのレンジの半分の時間で加熱が済みます

低コスト重視なら「低出力オーブンレンジ」


参照:Amazon

低コスト重視なら600W前後の出力タイプがおすすめです。
出力が低い製品の方が価格が安い傾向にあるからです。
600Wでも料理を温めたり冷凍食材を解凍したりするのに不便はありません。

なおオーブン機能の場合と同様、W数の違いによる電気料金の差はあまりないので心配は無用です。

オーブンレンジのおすすめ人気ランキング10選

オーブンレンジの選び方を把握できたら、いよいよ購入です。
候補選びの助けとして、これからおすすめのオーブンレンジ10選をご紹介します。
各製品の注目機能も交えてご紹介するので、ニーズを考えながら参考にしてください。

1位

300℃2段オーブンで大量調理が楽々!Wセンサーで自動調理機能も◎

日立 MRO-W1X Kの特長は、最高300℃の超高温が出せる上に、2段オーブンが利用できることです。
上下のトレーを使うことで、パンやスイーツなどをまとめて素早く調理できます。

自動加熱機能も優秀です。
食品の重さを測るセンサーと表面温度を測る赤外線センサーのコラボで、30のレシピの自動調理とムラのない加熱・適度な温めを可能にしています。

加熱方式 過熱水蒸気オーブンレンジ
オーブンの最高温度 300℃
レンジ出力 1,000W

2位

過熱水蒸気オーブンレンジの王道!健康志向の方におすすめ

シャープ RE-SS10Xは、油を使わず揚げ物もできてしまうコンベクションオーブン。

「水で焼く」という新発想の加熱方式で、ヘルシー料理を全面サポートしてくれます。
たっぷりの過熱水蒸気のおかげで、油分と塩分を可能な限り落とせるほか、庫内を低酸素状態にして食材の栄養素を酸化から守ってくれます。

レトルトパックや金属製のザル・アルミホイルも庫内で使えるなど、ユーザビリティの高さは申し分ありません。
なお、ゆで卵もそのままダイレクトに加熱できるので洗い物が少なくて済みます。

加熱方式 過熱水蒸気オーブンレンジ
オーブンの最高温度 250℃
レンジ出力 1,460W

3位

業界最高350℃のオーブン火力で時短料理が自由自在!

TOSHIBA ER-SD5000は、東芝の人気オーブンシリーズ「石窯ドーム」の製品です。
最大の特色は、業界最高温度350℃の圧倒的なオーブンの加熱性能。
高温の石窯のような高火力で、食材内部の旨味と水分を逃がしません

高温性能を活かしたパン作りも得意で、膨らみの大きいふんわりした仕上がりになります。
スピーディーな加熱で調理時間を一気に短縮できるのも魅力です。

加熱方式 過熱水蒸気オーブンレンジ
オーブンの最高温度 350℃
レンジ出力 1,000W

4位

176の自動加熱機能搭載で、和食もこんがり料理もお任せ!

パナソニック NE-BS656は、176通りもの自動加熱メニューを搭載しています。
「こんがり焼くのがおいしいメニュー26選」や「和食50選」など、様々な料理のレパートリーに合わせたお任せ調理が可能です。

解凍作業も得意としています。
サイクロンウェーブ加熱によって食品中央部分にもムラなく熱が入り、スムーズな解凍&下ごしらえが可能です。

加熱方式 スチームオーブンレンジ
オーブンの最高温度 250℃
レンジ出力 1,000W

5位

従来の4分の1の時間でフランスパンが完成!お手入れ機能でメンテナンス性も◎

東芝 ER-SD80の長所の1つは、一から作るのに通常4時間はかかるフランスパンを、約1時間で生地から作れてしまうことです。
発酵機能が搭載されていて、生地をこねずに混ぜるだけで簡単にパンが完成します。

全部で14のパンレシピが内蔵されていて、パン好きな方にもってこいです。
メンテナンス性も高く「手間なしお手入れコース」を利用すると、スチームで汚れを浮かせて簡単に掃除ができます。

加熱方式 過熱水蒸気オーブンレンジ
オーブンの最高温度 250℃
レンジ出力 1,000W

6位

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥50,000
(2021/12/08 00:34:30時点 Amazon調べ-詳細)

レンジとヒーターの合わせ技で時短を実現!デザイン性もユニークで◎

三菱 RG-HS1-Rの大きな特長は、レンジとヒーターを併用する「ZITANG」機能です。
マイクロ波で食材内部を加熱する作業と、ヒーターで表面を焼き上げる作業を自動でリレーすることで、食材全体を香ばしく仕上げてくれます。

デザイン性も評価ポイントです。
付属の角皿が、加熱後そのまま食卓に出せるオシャレなデザインであるほか、操作パネル周りも未来的で好印象です。

加熱方式 オーブンレンジ
オーブンの最高温度 250℃
レンジ出力 700W

7位

スチーム流水解凍機能で食材をやさしく解凍!

アイリスオーヤマ MS-Y2403のユニークな機能は「スチーム流水解凍機能」です。
専用容器とプログラムを使うことで、まるで流水で解凍したかのように、食材の柔らかさや美味しさを損なわずにやさしく解凍できます。

またスチーム量を食材に応じて調整できる機能があり、繊細な蒸し料理も簡単に美味しく仕上げられます。
生キャベツもシャキシャキをキープして加熱できるなど、スチーム性能が高いです。

加熱方式 スチームオーブンレンジ
オーブンの最高温度 250℃
レンジ出力 1,000W

8位

油を使わないノンフライ調理が簡単!手入れも楽々

日立 MRO-S8Xは、油を使わないヘルシーなノンフライ調理が自慢の1台です。
18ものオートメニューを内蔵していて、えびフライやから揚げ・コロッケなどもさっぱりと仕上げられます。

またスマホで日立のレシピ集を簡単検索でき、献立に迷う方もサポートしてくれます。
フラット天面と丸洗いできるテーブルプレート、シリコン系塗装の庫内など、手入れのしやすさも秀逸です。

加熱方式 過熱水蒸気オーブンレンジ
オーブンの最高温度 250℃
レンジ出力 1,000W

9位

基本+独自モードが使いやすい!オシャレなインテリア性も◎

バルミューダ The Range K04Aは、直感的な操作で使えるオーブンレンジです。
自動温め機能や最大250℃のオーブンモードといった基本的な機能に加え、冷凍ごはんモードや飲み物モード・発酵モードなど、独自の加熱モードも楽しく使えます。

デザインについては、ヨーロッパのオシャレ家電を思わせる雰囲気があるほか、パウダーコートを施した表面が高級感を漂わせます。
見た目がスマートな1台を購入したい方にもおすすめです。

加熱方式 オーブンレンジ
オーブンの最高温度 250℃
レンジ出力 800W

10位

ツインバード工業(Twinbird)
¥15,980
(2021/12/08 00:34:33時点 Amazon調べ-詳細)

シンプル・イズ・ザ・ベスト!赤外線センサー搭載でコスパも◎

ツインバード DR-E852Wは、1万円台の低コスト製品でありながら、赤外線センサーを搭載している上にフラット式の庫内を備えたコスパの高さが魅力です。

様々なセンサーの中でも機能性が高いとされる赤外線センサーを使うことで、面倒な設定をしなくても的確な温め作業ができます。
1ボタンにつき1メニューというシンプルな操作性も分かりやすくて高評価です。

加熱方式 オーブンレンジ
オーブンの最高温度 200℃
レンジ出力 500W(50Hz)/600W(60Hz)

おすすめ人気オーブンレンジ比較一覧表

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
商品画像
加熱方式 過熱水蒸気オーブンレンジ 過熱水蒸気オーブンレンジ 過熱水蒸気オーブンレンジ スチームオーブンレンジ 過熱水蒸気オーブンレンジ オーブンレンジ スチームオーブンレンジ 過熱水蒸気オーブンレンジ オーブンレンジ オーブンレンジ
オーブンの最高温度 300℃ 250℃ 350℃ 250℃ 250℃ 250℃ 250℃ 250℃ 250℃ 200℃
レンジ出力 1,000W 1,460W 1,000W 1,000W 1,000W 700W 1,000W 1,000W 800W 500W(50Hz)/600W(60Hz)
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

オーブンレンジのメンテナンスについて

食材を調理するオーブンレンジは、掃除しないと汚れやニオイ・焦げがついてしまいます
水分の膨張や破裂によって食品や油・水蒸気などが飛び散ってしまうからです。

そのままにしておくとカビが発生する恐れがあり不衛生です。
また加熱ムラや発煙・発火のリスクも上がるため、定期的なメンテナンスは欠かせません。
安全・衛生的に使い続けるために、以下のメンテナンスを実践することをおすすめします。

使用直後のメンテナンス


参照:アイリスプラザ公式サイト

オーブンレンジを使用した後はすぐに汚れを拭くのがベストです。
食材が温まった後の湿った状態で拭くと、汚れが落ちやすく手間がかかりません。

そこまで念入りに掃除しなくても、サッとキレイな布巾で拭きあげればOK。
湿り気があまりなければ、ウェットシートを使うのもアリです。

頑固な汚れがついてしまった時のメンテナンス


参照:アイリスプラザ公式サイト

汚れがたまってしまった場合は、重曹とクエン酸を駆使する方法があります。
重曹は油汚れや酸性の汚れに対して、クエン酸はアルカリ汚れ(水あかなど)に対して、それぞれ効果を発揮します。

やり方は簡単で、重曹やクエン酸を容器に入れて温め、布巾で汚れを拭き取るだけです。
水200ミリリットルに対して重曹小さじ2分の1を溶かし、5分間レンジでチンします。
その後10分ほど時間が経ってから、拭き掃除を行います。

クエン酸に関しても同じ量・やり方で大丈夫です。
重曹だけで汚れが落ちなければ、クエン酸を試してみてください。

ホットプレートなら、こちらもチェック!

家族や友人と一緒に料理を楽しみたいなら、ホットプレートがおすすめです。
オーブンレンジと合わせれば、料理の幅がかなり広がります
ホットプレートのおすすめランキングはこちらをチェック!

【焼き物料理はこれ1つで◎】ホットプレートのおすすめ人気ランキング10選続きを読む»

まとめ

オーブンレンジがあると、調理時間を短縮したりフライパンではできない一品が作れたりと、料理の楽しさを拡げる様々な機能が利用できます。
ご紹介した選び方やおすすめ機種を参考に、食生活を豊かにする1台を発見してください。