テーラードジャケットとは?見てわかる簡単なジャケットの選び方!

「テーラードジャケットってなんだ?」

大人っぽい服装をしようと思ったときに「テーラードジャケットがおすすめ」という言葉を見かけたけれども、
「スーツのジャケットと何が違うの?」
「どうやって選べばいいの?」
「コーディネートはどうすれば?」

といった質問をよく受けます。

今回はその質問に答えていきたいと思います。
是非取り入れて大人っぽい格好を取り入れていきましょう!

テーラードジャケットとは

実は難しいことはなくスーツの上に着ているジャケットのことです。

ただ、最近ですとビジネス用のスーツ用ジャケットとカジュアル用のジャケットを区別するようにカジュアル用のジャケットをテーラードジャケットというようになりました。

ただ形が似ているので「仕事のジャケットも同じなのでカジュアルで着てもいいの?」と質問をいただくことが多いですが、基本はNGです。

というのも、実はスーツのジャケットはあくまでビジネスシーンで使うことを意識しているので、デザインがカジュアル用のものと異なっているからです。
したがって、プライベートシーンでスーツジャケットをで着ていると「それスーツのジャケットだよね??」と突っ込まれて恥ずかしい思いをすることもあります。

そうした失敗をしないようにカジュアルで使えるテーラードジャケットの特徴と選び方を以下で紹介していきます!

特徴①着丈が短め

カジュアル用のジャケットはスーツのジャケットよりも着丈が短めのものが多いです。
【スーツジャケット】

(参照:スーツラボ
なぜならば、ビジネスで使われるスーツのジャケットは相手に落ち着いた印象を与えるためにお尻が隠れるくらい着丈が長めだからです。
カジュアルシーンで使うテーラードジャケットの場合だと、動くことも多いのでカジュアル感のでる短めになっていることが多いです!

特徴②肩パットがない

カジュアル用のジャケットは肩パットの入っていないものが多いです!

(参照:global style)
写真左のスーツ用の肩パットの入ったジャケットはビジネス上の威厳を感じますが、写真右の肩パットがないと、なだらかで柔らかい印象になりますよね。
カジュアルシーンでは硬すぎるよりも柔らかい方が好まれる傾向にあるので肩パットが入っていないものが多いです。

特徴③綿・麻・ポリウレタンなど素材が豊富

スーツで使われるジャケットには「ウール」が使われることが多いですが、カジュアルで使うのであれば「綿」「麻」「ポリウレタン」なども使ってみましょう。

麻・綿。ウレタン-サイズ変更

見た目の印象がスーツのジャケットよりも少し柔らかい印象に感じますよね!
カジュアルシーンで使うのであればこのくらいの柔らかさの方が自然になりやすいので、素材感がスーツと変わっていることが多いですよ!

テーラードジャケットの選び方

それではしっかりと大人っぽくみせるために「テーラードジャケットの選び方」を説明していきます!
まずぱっと見でこちらの画像をみていただきましょう!

なんとなく右がだらしない気がしますよね??
せっかくの大人アイテムなのに選び方を間違えてしまうと全体の印象が台無しになってしまいます。
そうならないためにしっかりと観るべきポイントを押さえておきましょう!

まず、正面から見るポイントは2つ「肩幅」と「ウエスト」です。

①肩幅は、ジャケットの袖と身頃がつながる部分と自分の肩の骨が同じ場所〜+1.5cmくらいしましょう。
②ウエストサイズは前を開ける前提に閉じるときついかな?くらいにがキレイにみえます

カジュアルで着るジャケットはスーツのジャケットと違って伸びる素材が使われているものが多くあるので、気持ちタイトに感じるくらいでもキレイ目に見せながらも快適に着ることができますよ!


肩幅が合っていないと横からみたときにも肩の位置が落ちていてだらしない印象になりますね。
また、着丈も右の写真は落ち着いた印象になりますが、カジュアルで着る場合にはお尻が半分隠れるくらいの長さにしてカジュアル感を出しましょう!


ジャケットに合わせるインナーにも注意をしましょう!
基本的にはジャケットの着丈よりも短く、ベルトよりも長い長さにしておくとキレイにみえます。
ジャケットのサイズがあっていてもインナーが長すぎると野暮ったくなってしまうので気をつけましょう!

最近の流行りとして、インナーの丈を少しジャケットから出してカジュアル感を出すこともありますが、出しすぎると野暮ったくなるので長さのバランスには気をつけてくださいね!

テーラードジャケットを使ったコーディネート


ではここからはしっかりと選んだテーラードジャケットを使った大人っぽいコーディネートを見ていきましょう!
簡単に取り入れることができ、印象を大きく変えることができるので是非試してみてください!

1:ジャケット×VネックTシャツ×カーキチノパン

誰にでも使えるジャケットスタイル鉄板コーデ!
男らしいVネックに白のTシャツは清潔感を表現できるので女性ウケも間違いなし!

商品ページ

2:ジャケット×クルーネックTシャツ×カーキチノパン

クルーネックの白Tシャツの着丈を気持ち長くした柔らかめのコーディネート!
クルーネックにしたり、着丈を少し伸ばしてレイヤードを作ることで【1】とはまた違った印象になりますね!

商品ページ

3:ジャケット×グリーンモックネック×黒パンツ

若々しく見えるグリーンTシャツと白スニーカーもジャケット合わせなら大人テイストに!
ジャケットがなくてもオシャレですが、ジャケットを加えるとより洗練された印象になりますね!

商品ページ

4:ジャケット×ベージュTシャツ×ジーンズ

20代前後でおすすめなのが、ベージュを取り入れたコーディネート!
靴とTシャツの色を合わせたオシャレコーデに暗めのジャケットを合わせてより引き立てていますね!

商品ページ

5:七分ジャケット×白Tシャツ×ベージュチノパン

暖かい時期に活躍するベーシックなジャケットスタイル!
暖かい時期に着にくいジャケットも七分袖であれば清潔感を出して快適に過ごすことができます!

商品ページ

6:グレージャケット×黒Tシャツ×ジーンズ

明るめのジャケットにはインナーを暗くすることで、少し違った大人のオシャレコーデになりますね!
ジャケットを使ったコーデではインナーと明暗をしっかりとわけるとまとまりやすいです!

商品ページ

7:カーキジャケット×ボーダーTシャツ×ベージュパンツ

小洒落た印象になるボーダーTシャツを上手く取り入れたコーディネート!
キレイめな大人コーデに少し遊びを加えると、オシャレに慣れている雰囲気が出て女性にも好印象!

商品ページ

8:カーキジャケット×白Tシャツ×ジーンズ

少しワイルドに着こなすジャケットコーデ!
男らしいスキニージーンズにキレイめのジャケットで理性のある大人スタイル。

商品ページ

9:ベージュジャケット×グレーTシャツ×カーキパンツ

上半身をインナー・ジャケット供に明るめにして、オシャレな印象になるコーディネート!
顔に近い部分が明るくなるとオシャレな雰囲気になりますが、下半身はしっかりと暗めにして落ち着かせると大人コーデのできあがり!

商品ページ

おすすめジャケット

カットテーラードジャケット(ブラック)

季節問わず最もベーシックで使いやすい!迷ったらこれ!
キメすぎず、カジュアル過ぎない、休日の大人アイテムです!

商品ページ

カルゼテーラードジャケット(ブラック)

カルゼ織りという斜めのウネが特徴的なカルゼテーラードジャケット!
カジュアルジャケットの中でも上品な印象になるアイテム!

商品ページ

綿麻ストレッチ長袖テーラードジャケット(ブラック)

綿麻素材で春・夏・秋に涼しく着ることのできるジャケット
厚手のものが苦手な人は素材を薄くして持っておくと快適に着れますよ!

商品ページ

綿麻ストレッチ七分袖テーラードジャケット(ブラック)

さらに暑がりな人には7分袖のジャケットもおすすめ!
腕まくりをするとカジュアルな印象になりますが、テーラード型の7分袖なら大人っぽさはキープできますよ!

商品ページ

カルゼイタリアンカラージャケット(杢グレー)

オシャレ感を出したいときには明るめのジャケットがおすすめ!
人と違ったジャケットは他の人の目を引くこと間違いなし!

商品ページ

綿麻ストレッチ七分袖テーラードジャケット(カーキ)

さらに季節感を感じさせるカーキのジャケットはオシャレ度UPアイテム!
カーキは実は合わせがしやすい色なので、使いやすくも他の人と差別化ができますよ!

商品ページ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「テーラードジャケット」について紹介をしていきました。
テーラードジャケットは羽織るだけで「大人っぽく」コーディネートをまとめてくれる男性必須のアイテムです。
是非今回紹介した選び方のポイントを意識してコーディネートに取り入れてみてください!

ビジネスから休日まで!ジャケパンを上手に使いこなすまとめ2019/09/11

【2019年冬】マネキン買いで簡単・最速でオシャレになろう!2019/10/10

秋のトータルコーディネートで最も大事なポイントを抑えたコーデ202019/10/08

男性のためのオフィスカジュアル大解説!【コーデでわかる】2019/09/24

【2019年最新版】秋のメンズファッション間違いなしコーデ21選2019/09/25