「ドイター」ってどんなファッションブランド?

view124

ドイターは、山岳用バックパックなどを製作しているブランドです。厳しい環境の中で冒険者を守り、サポートしてくれるような製品づくりを目指しています。社長は登山家のベルント・クルマン氏であり、常に新しい技術を開発し続けている姿勢が魅力のブランドです。

歴史

1898年に、ドイツで立ち上げられたブランドが「ドイター」です。創業されたばかりの頃は、郵便局の集荷袋などを作るメーカーでした。ドイター社には、そのうち集荷袋を独占して作る権利が与えられます。そのため、上手に経営が軌道に乗るようになりました。それから後は、次第に山岳用として使われるバックパックなどを製造するようになります。1934年に、ドイツ軍がヒマラヤに遠征したり、1954年のパルパットを征服する登山などでも、ドイターの山岳用バックパックが使用されました。それからも、ドイターはできないといわれていたような数々の素晴らしい技術をバックパックに施し、高く評価されました。そして、バイクや自転車に乗る人用のバックパックや脊椎を守る技術が施されたバックパックも開発しました。長く続くドイターの歴史の中で、常に成長を続けてこられたのは本当に使う人のためを思う姿勢を崩さなかったからです。冒険者の活躍をそばでサポートしてくれるような製品を作りたいと、ドイターは考え続けています。

ブランドの特徴

このドイターの特徴として、使う人の用途に応じたバックパックを製作していることが挙げられます。使う人が快適に安全に使えるように考えて、バックパックの研究開発を進めています。

また、ドイターの魅力として、機能的なデザインの製品が多いことが挙げられます。そのうえ、リーズナブルな値段で手に入るのも魅力的なところです。バックパックやリュックは、コンパクトで使いやすさにこだわった製品を提案しています。

取り扱い人気商品

そんなドイターの人気アイテムには、バックパックやリュックがあります。バックパックには、ドイターの代名詞ともいわれるエアコンフォートシステムなどの技術が使われています。このエアコンフォートシステムとは、バックパックと背中との間に空気が通れる道筋を作ることで、背中の辺りの通気性を良くしてくれるシステムです。そのため、背中が蒸れにくく快適な状態でバックパックを背負うことができます。スキーや登山、バイクに乗る時など様々な用途に合わせて作られたバックパックやリュックがけっこうリーズナブルな値段で買えるのが魅力です。

関連リンク

Backpacks by Deuter