「ドライボーンズ」ってどんなファッションブランド?

view282

ドライボーンズのコレクションといえば、感嘆や驚愕といった新鮮な感情を起こさせるものが多いです。たとえば、「寿司耳」ジーンズなどもアメリカンな雰囲気に上手に和のテイストを取り入れた素敵なファッションアイテムとなっています。

歴史

1989年に、日本で設けられたブランドがドライボーンズです。古着を取り扱うお店からスタートして、1989年にはオリジナルファッションアイテムを提案しました。デニムのようなカジュアルな洋服だけでなく、クラシックなファッションアイテムも販売するようになりました。また、日本のブランドらしく浴衣のような和の装いも提案しています。時代の先端を行くデザイナーの新しいセンスと古くからある良き伝統ファッションをミックスしたアイテムを作り出しています。そのため、ドライボーンのファッションには、センスの新しさの中にどこか懐かしさの感じられるものが多いです。そのうえ、日本らしいファッションアイテムを求めて、「寿司耳」デニムという新しいファッションアイテムを生み出しました。これは、ドライボーンズの取り扱う商品の中でも広く知られています。2011年からは、マンガの神様とも呼ばれる巨匠手塚治虫の描いた「どろろ」というマンガを元に製作した商品展開も手がけています。今では、ドライボーンズは「懐古趣味」のメンズウェアを売る店として、日本国内にいくつか直営店を出しています。

ブランドの特徴

このドライボーンズの特徴として、独特な和のエッセンスが含まれたファッションアイテムが挙げられます。また、パンクロックやロカビリーといった音楽やバイクなどを元にしたファッションアイテムも多く作られているのが特徴的です。他にはないようなデザイン性を持ち、製品の名前の付け方も個性的なブランドとなっています。

また、ドライボーンズの魅力として、温故知新をメインテーマにしていることが挙げられます。他のブランドが真似できないような洋服を作り続けて、多くのファンを魅了しています。「旧き良きモノ」をシーズンごとにこだわって製作しているのも魅力です。

取り扱い人気商品

そんなドライボーンズの人気アイテムといえば、ストローハットやネクタイ、Tシャツ、サングラスなどがあります。また、本物の昆虫の標本を丸ごと樹脂加工したキーホルダーも、このブランドの隠れた売れ筋商品です。クワガタ、カメムシ、パプアキンイロクワガタ、ゾウムシ、セミ、カナブンなどの種類があります。特に、クワガタは少年の心をつかんで離さない昆虫ですから、プレゼントにしても喜ばれると思います。

関連リンク

ドライボーンズ公式サイト