「コムデギャルソン」ってどんなファッションブランド?

view99

コムデギャルソンは、日本の高級ブランドとしてよく知られています。日本人女性デザイナーの川久保玲氏が立ち上げました。そのファッションアイテムは、徹底して日本製にこだわる姿勢を持ち、海外でも素晴らしい人気を持っています。

歴史

1969年に、デザイナーの川久保玲氏が設けたブランドが、コムデギャルソンです。1973年には、株式会社コムデギャルソンを立ち上げます。1942年の東京に彼女は生まれました。慶應義塾大学を卒業した彼女は、旭化成に入社することになります。そして、繊維宣伝部でスタイリストの仕事をしていました。その後、旭化成を辞めてフリーのスタイリストを経験した後に、「コムデギャルソン」のブランドを立ち上げました。ブランド名である「コムデギャルソン」は、フランス語で「少年のように」という意味になります。1975年には、東京コレクションにもデビューして、青山にお店をオープンさせました。メンズラインとされる「コムデギャルソン・オム」を始めています。次第にコムデギャルソンは人気となり、黒をベースとした素敵な洋服のファンとなる人が増えていきます。1981年には、活動の場を海外にも持ち、そのシェアを広げていきました。1982年になるとパリにもお店を開き、1983年にはニューヨークにもお店ができました。そのように、コムデギャルソンは次第に発展していくのですが、川久保玲氏はあまり手を広げすぎずにブランドの質の高さを守ることにします。つまり、ファッションアイテムを作る量を減らし、会社の規模を小さくすることを選びました。これには、ファッション業界の人々も驚きました。そうして現在でも、コムデギャルソンは日本製の高級ブランドとして初心を忘れることなく活動を行っています。

ブランドの特徴

このコムデギャルソンの特徴としては、ゆったりしたシルエットのファッションアイテムが多いことが挙げられます。それに、色はブラックを基調としたものが多いのも特徴です。

また、コムデギャルソンの魅力として、素材から縫製に至るまですべてを日本製にしており、それにこだわり続けている姿勢が挙げられます。日本の職人的技術が生きたファッションアイテムを作ることを大切にし続けています。もし、このコムデギャルソンの日本製にこだわり続ける姿勢がなければ、日本にある小さな素材工場や縫製工場はほとんど潰れていたといわれています。

取り扱い人気商品

そんなコムデギャルソンの人気アイテムとして、ジャケットなどのアウター類が挙げられます。それに、アクセサリー類も人気を持っています。財布やコインケースといった小物類も、素敵で使いやすいといった理由で人気を持っています。

関連リンク

COMME des GARÇONS