洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料

「クレイジーピッグ」ってどんなファッションブランド?

view23

クレイジーピッグは、スカルのデザインが特徴のシルバーアクセサリーブランドです。アーマンド・セラ氏が一つずつ手作りするアクセサリーの数々は、世界中で高い評価を得ています。

歴史

1992年に、アーマンド・セラとジャネット・オースティンの2人が「クレイジーピッグ」というお店を開きました。これが、シルバーアクセサリーブランドであるクレイジーピッグの始まりです。アーマンド・セラは、フランスに生まれました。ギターは16歳の頃から天才的な腕前であり、プロのギタリストとして活動を続けていました。そして20歳になると彼はイギリスへ移り住みます。実は、父親が名前の知られた画家であり、子供の頃から彼は絵やデザインに興味を持っていました。彼は、イギリスでバンド活動を続けながら、シルバーアクセサリーを売るお店でバイトをしていました。それは、「グレート・フロッグ」というお店でした。ある時、お店に来たお客さんに頼まれて、スカル(骸骨)が付いたアクセサリーを手作りします。すると、それが評判になりました。そのため、1992年になると、「クレイジーピッグ」というシルバーアクセサリーのブランドを作ることになります。今では、ロンドンにあるアトリエで、アーマンド・セラが一つずつ手作りしたシルバーアクセサリーが人気を持っています。また、クレイジーピッグはスカルのデザインや質が高いことから、「キングオブスカル」とも呼ばれています。

ブランドの特徴

このクレイジーピッグの特徴として、スカルのデザインを中心的に製作していることが挙げられます。デザイナーであるアーマンド・セラが丹精込めて作るシルバーアクセサリーは非常に完成度が高いことでも知られます。

また、クレイジーピッグの魅力として、その独自の素晴らしいデザイン性が挙げられます。それに、動物や映画のキャラクターなどを使ったアクセサリーも多く製作していることが魅力的です。

取り扱人気商品

そんなクレイジーピッグの人気アイテムといえば、キースリングやボーンハンドリングがあります。特に、キースリングはローリングストーンのキースリチャーズが愛用していたことで知られており、世界中で人気を持っています。また、ボーンハンドリングも日本の有名ミュージシャンがいつも使っていたことで人気があります。ミュージシャンたちの中にこのブランドのファンが大勢います。

関連リンク

Crazy Pig Designs Jewellery

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

友だち追加

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ