洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

【2017年夏服・20代後半~30代向けメンズファッション】社会人のための夏アイテム&コーディネート指南

view18,490

普段のスーツや仕事着を脱ぎ、お出かけファッションに身を包むことが多くなる季節となりました。しかしこの時期はごまかしが効かないので、自分に合ったスタイルがわからない、年相応のファッションを作るのが難しいという人も多いのではないでしょうか。そんな悩める大人たちのために、大人だから着たい夏アイテムとその着こなし術をご紹介します。

目次

1.幼くなりすぎず、でも落ち着きすぎていない・・・夏の大人メンズファッションはその絶妙な感覚が重要
2.この夏の夏服コーディネートはどうつくる?
2-1.【メンズファッションの定番中の定番】少し大胆に「ホワイト」を取り入れよう
2-2.【社会人らしいコーデをつくる】大人の余裕を感じさせるライトアウター
2-3.【夏は男らしさをアピールするチャンス】肌は見せすぎも見せなさすぎもNG
3.夏の大人コーデに便利なアイテムとは?
3-1.簡単に爽やかさを演出!ホワイトシャツ
3-2.お洒落かつ涼しげにキマるポロシャツ
3-3.大人の夏スタイルマストアイテムのハンパ丈袖シャツ
3-4.夏でも着られるハンパ丈ジャケット
3-5.足元から涼しさを表現できるアンクルパンツ
3-6.大人のデニムパンツの選び方
4.社会人向け!夏のおすすめコーデ10選
5.大人は最後まで気を抜かない。この夏オススメのバッグ・シューズ・アクセサリー
6.まとめ

1.幼くなりすぎず、でも落ち着きすぎていない・・・夏の大人メンズファッションはその絶妙な感覚が重要

夏のファッションアイテムは数あれど、初心者が着こなすには少しハードルが高いアイテムが多いのも事実。この時期はコートなどのアウターでカバーすることもできないため、自分のセンスが如実に現れます。そこに大人っぽさや落ち着きをプラスしようと考えると、ますます悩んでしまうのではないでしょうか。

そう、大人の夏コーデの鉄則は、「適度に落ち着きを持たせること」。学生時代のままのファッションは、同い年ぐらいからの女性からは子供っぽく見えてしまい、敬遠されがちです。Tシャツにラフなパンツ、のようなスタイルは近所にちょっと出かけるくらいなら問題ありませんが、レジャーでは仲間内で浮いてしまいますし、デートでは彼女のコーデとアンバランスになってしまうかもしれません。

だからといってかっちりさせすぎてしまうと、老けた印象を持たれがち。適度な若々しさと落ち着くの同居、それが大人メンズファッションの鉄則なのです。

それでは、どのようにコーディネートを作っていけばいいのでしょうか?

2.この夏の夏服コーディネートはどうつくる?

大人の夏コーディネートは、とにかく「爽やかさ」を意識しておくのがおすすめです。大人っぽさを意識するあまりシックにまとめてしまうと、途端に季節感がなくなってしまいます。具体的にどうすればいいのか、ここでは解説していきます。

2-1.【メンズファッションの定番中の定番】少し大胆に「ホワイト」を取り入れよう

普段着ているシャツやインナー以外でホワイトのアイテムを取り入れるのに躊躇している人は多いのではないでしょうか?一番聞く意見としては、膨張色だから太って見えそうというもの。またホワイトパンツに限って言えば、「自分には似合わない」「どうコーデに合わせればいいのかわからない」、という意見もよく耳にします。

確かにホワイトに限らず、明るめのカラーは膨張色です。濃い色と比べれば多少太めに見えることは事実ですが、しかしそれのせいでぽっちゃりに見えるなど、そこまで顕著に現れるほどではありません。それにホワイトでも形のいいアイテムはたくさんあります。ブラックのシルエットゆるめのアイテムよりかは断然ホワイトのシルエットがキレイなアイテムの方が細く見えるかつ爽やかなコーデにまとまるのでおすすめです。

例として、こちらのコーディネートをご紹介します。

商品ページ

こちらのトップスの七分袖Tシャツ、伸縮性のあるフライス素材を使用しているのでシルエットが綺麗に見えます。さらに少し大きめに首から肩へのラインを見せることによって、すっきりとした印象に。一見ただのホワイトTシャツですが、このような形や素材にこだわったアイテムを利用すれば膨張色であることを気にせず爽やかなファッションを楽しむことができません。

また、「ホワイトパンツは自分には似合わない」という声に関しては、断言します。「ホワイトパンツが似合わない男性はいません」と。むしろ、履けば一気に爽やかスタイルを作り上げられる、万能アイテムと言えます。

例えばこちらのコーデ。


商品ページ

もちろんトップスのブルーの半袖シャツも夏らしい印象なのですが、それをボトムスのホワイトパンツがぐっと引き上げています。適度な大人感も漂わせられるカラーシャツ×ホワイトパンツの組み合わせは、社会人のテッパンコーデですね。

ハンパ丈のパンツでも、組み合わせ次第では年相応に。

商品ページ

大人の代表格アイテム、ポロシャツと組み合わせたコーデです。ボトムスをホワイトのクロップドパンツにすることでほどよいやんちゃ感を持ったコーディネートになります。腕時計やアクセサリーなどでワンポイントを作るのもおすすめです。

他にもマリンコーデやモノトーンコーデなど、ホワイトパンツはさまざまなスタイルに必要不可欠。敬遠していてはもったいないですよ。

2-2.【社会人らしいコーデをつくる】大人の余裕を感じさせるライトアウター

Tシャツ1枚もいいですが、その上から上質なライトアウターを羽織るのが大人流。もちろん暑苦しい印象にならないような、軽さを感じさせるものを選びましょう。

例えばライトブルーはいかがでしょうか?

商品ページ

パンツ、シューズがブラックという重たいカラーながら、トップスのホワイトTシャツとライトブルーの七分袖シャツがその重たさを払拭し、夏らしいコーディネートに仕上がっています。このように他のアイテムが夏服っぽくなくても、工夫次第で夏コーデに仕上がるのです。

インナーでメリハリをつけるのも◎

商品ページ

今年流行りのジョガーパンツと、ホワイトシャツというスポーティ×かっちりの技ありコーディネート。インナーとシューズのブラックがいい感じに全体を引き締めています。20代後半からジョガーパンツを履くのに断然オススメのスタイルです。

トレンドのネイビーをライトアウターに。

商品ページ

深海のような深いカラーである「アビスカラー」が今年のトレンド。つまりこの夏はマリンコーデにも使いやすいネイビーを着こなすことが重要です。こちらのような深いネイビーは、濃いめのカラーなのに涼やかな印象になるのが特徴。トレンドをMIXした夏コーデを押さえておけば女性の視線は間違いなく変わります。

ライトアウターは気になる紫外線対策にも効果的。そろそろお肌のケアに本腰を入れ始めてもいい年齢です。その第一歩としてライトアウターを取り入れてみませんか?

2-3.【夏は男らしさをアピールするチャンス】肌は見せすぎも見せなさすぎもNG

さて、ライトアウターのお話をした後ですが、いくら大人っぽく見えるとはいえ、長袖シャツをそのままライトアウターとして持ってくるのはおすすめしません。なぜなら、一気に頼りない印象を与えてしまうからです。腕まくりをするなどの工夫をしたいところですね。

だからと言って、タンクトップ1枚や半ズボンより短い丈のボトムスなども考えものです。自分の体型や体つきに自信を持っている、つまりナルシストなイメージを持たれます。ムダ毛にマイナスなイメージを持っている女子ならなおさら、肌を過剰に見せているスタイルには嫌悪感を抱くでしょう。

確かにタンクトップなどは男らしさを際立たせます。半ズボンもオシャレに履きこなせば、モード感がたっぷりです。しかしそれらは「女子ウケがいい」と言うには相手を選ぶアイテムたち。肌を見せるのはほどほどに抑えておいた方が、好印象を与えることが多いのです。

3.夏の大人コーデに便利なアイテムとは?

さて、どのようなコーディネートにすればいいかをお話ししましたので、ここからはこの夏おすすめのアイテムをご紹介します。どのアイテムも気軽に取り入れられるものばかりで、手持ちのアイテムとの組み合わせも簡単ですよ。

3-1.簡単に爽やかさを演出!ホワイトシャツ

清潔感ある大人スタイルのテッパンアイテムはやはりホワイトシャツ。とはいえ普段のスーツのシャツとは差別化を図りたいですね。

まずは半袖のラフなホワイトシャツ。

商品ページ

さりげない胸ポケットやボタン穴に入ったレッドのステッチと、襟の裏の涼しげな柄が普段と違うスタイルを作り上げてくれるシャツです。とはいえ形はシンプルなので、インナーやボトムスを選ばずに着こなすことができます。このような遊び心のあるアイテムは1枚持っておくと本当に便利ですよ。

バンドカラーのシャツでこなれ感アップ。

商品ページ

こちらもステッチや襟裏の柄が入っているアイテムですが、一番印象的なのはその襟。これはバンドカラーと言って、帯(バンド)の形の布を巻きつけた部分を襟としているものです。こちらのバンドカラーは立ち襟として機能する方に特化していますが、中にはノーカラーと間違われるくらい襟が目立たないものもあります。襟を立たせて着るのが主流で、少しワイルドさをMIXできるのが特徴です。そんな特徴はありますが、基本的にはホワイトシャツなのでこちらもインナーやボトムスをあまり選びません。

最後に、ちょっと珍しい素材のホワイトシャツをご紹介します。

商品ページ

こちら一見は普通のホワイトシャツですが、実はデニム素材。普通のホワイトシャツにはないカジュアルさが感じられます。しっかりとした生地ではありますが、光を反射するホワイトだから熱もこもりにくいですし、爽やかに着られますよ。あえてライトアウターとせず、1枚で勝負するのもカッコいい!

3-2.お洒落かつ涼しげにキマるポロシャツ

シャツと双璧をなすほど、大人の定番トップスであるポロシャツ。「ちょっと落ち着きすぎて見えない?」と思うかもしれませんが、心配ご無用、いまはポロシャツも進化していて、ほどよい大人感とオシャレさを兼ね揃えたアイテムがたくさんあるのです。

例えば襟の縁や袖裏にデザイン性のあるこちら。

商品ページ

普通のポロシャツとして、袖をひと捲くりして柄を見せて、ボタンを全部しめて襟を立てて・・・などさまざまなスタイルが楽しめるこちらのアイテム。これだけ着方があると、かなりヘビロテしてしまいそうですよね。

定番化してきたレイヤードスタイルを1枚で。

商品ページ

レイヤードスタイルはオシャレですが、「暑い」という欠点はどうしても我慢できない!という人も多いはず。そんなときは「フェイクレイヤード」を着れば1枚で涼しくレイヤードを楽しめます。組み合わせを考える必要もないので、初めてのレイヤードスタイルにもおすすめ。

こちらのような思い切った色も。

商品ページ

こちらも前のアイテムと同じく、フェイクレイヤードのポロシャツ。襟はなかなか自分ではチョイスしづらい色ですが、このように始めから一緒になっているのであれば怖くないですよね。ちなみにポロシャツであれば、ブラックでも暑苦しく感じないので、ブラックが好きな人はぜひポロシャツを取り入れてみてください。

3-3.大人の夏スタイルマストアイテムのハンパ丈袖シャツ

2-2.【社会人らしいコーデをつくる】大人の余裕を感じさせるライトアウター」でもご紹介したとおり、ライトアウターは大人のたしなみ。もちろんアウターにせずとも、それだけで存在感を放つハンパ丈袖シャツは、ぜひ積極的に使っていきたいですね。

たまには華やかな色を使ってみませんか?

商品ページ

どうしてもホワイトやグレーなどのモノトーン系、頑張ってブルーなどの寒色系に手が伸びがちな人におすすめなのがこちらのような淡いレッドやピンクの七分袖シャツ。「ピンク系のアイテムを着こなす男性はモテる」というのは年齢に限らず共通事項なので、入門編として七分袖シャツは最適です。

デニムシャツでワイルドさをMIX。

商品ページ

羽織るだけでサマになるデニムシャツは、ハンパ丈であれば夏服にも大活躍。カラーから涼し気な印象も与えることができます。ただ熱がこもりやすいので、この時期は着心地のいいアイテムをフロントオープンで、つまりライトアウターとして使うのがおすすめです。

綿麻素材のアイテムも夏らしい涼しさがあります。

商品ページ

綿麻素材は通気性がよく、肌触りもバツグンという夏に絶対取り入れたい素材。特にこちらのようなネイビーの方が幅広のボーダーであれば、寒色系が勝つのでより涼しく着こなすことができます。外にいるときに羽織っていられるライトアウターは夏のマストアイテムです。

3-4.夏でも着られるハンパ丈ジャケット

若者と比べかっちりとしたファッションで出かける機会も多い社会人。夏の時期はどのようにきれいにまとめるか悩んでしまいますよね。そんな時に役立つのが、涼しく着られるハンパ丈のジャケットです。

暑いのは嫌だけど、明るすぎるカラーは着づらい・・・そんな人はグレー一択。

商品ページ

ブラックと比べてかなり軽めの印象にまとまります。特にこちらのような生地が薄手のものを選べば、普段のライトアウターとしても大活躍。冷房などで寒くならないための調整用として持ち歩くのもいいですね。

ブラックを着る場合は、素材にこだわるのが吉。

商品ページ

やはりここは通気性のいい綿麻素材に頼る他ありません。夏でも涼しくブラックのテーラードジャケットを着こなす様はとてもスマート。フロントオープンで着れば特に、全体的にかっちりしすぎてない印象なので普段使いにもおすすめです。ボトムスも選ばないので買ってしまえばすぐ着られますね。

大人っぽいチャコールのジャケットも持っておきたいですね。

商品ページ

深いチャコールの七分袖テーラードジャケットは、大人っぽさを演出するのに最適のアイテム。コーデを落ち着いたスマートな印象にまとめることができます。年齢を重ねても難なく着られるカラーなので、長く使えるのも嬉しいポイントです。

3-5.足元から涼しさを表現できるアンクルパンツ

アンクルパンツとは、その名のとおりアンクル(足首)丈のパンツのこと。クロップドパンツに比べると少し長めで、やんちゃ感を抑えつつ涼しさを感じさせる、20代後半からの男性にピッタリのアイテムです。ちょっとクロップドパンツだと若いイメージになりすぎるな・・・と思う人は、ぜひ試してみてください。

ブラックパンツでも、アンクル丈で涼しげに。

商品ページ

例えばシューズがブラックでも、間に肌色が挟まることで涼しく見えると思いませんか?サンダルなどを合わせてもっとカジュアルダウンさせてもいいですね。とはいえ他は普通のブラックのパンツなので、トップスはそんなに選びません。柄物や、近所に出かけるだけならTシャツ1枚でもOKです。

ベージュのアンクルパンツを使えば、意外とブラックより大人しめに仕上がります。

商品ページ

ベージュの持つ素朴さがそうさせるのかもしれません。なのでアンクル丈であれば、幅広のものよりこのようなスキニータイプの方が、より年相応の印象になるでしょう。こちらはTシャツ1枚よりは、シャツや七分袖ジャケットと合わせたコーディネートにまとめたいですね。

3-6.大人のデニムパンツの選び方

インディゴやネイビーなどのトレンドカラーを気軽に取り入れられるデニムパンツ。一口にデニムと言っても、形やカラーによって与える印象はさまざまです。好みのスタイルによるところは大きいですが、ダメージドジーンズはそろそろ卒業した方がいいかもしれません。特に学生時代から履いているようなものは避けたほうが無難でしょう。

では大人が選ぶデニムパンツはどういったものがいいのでしょうか?

商品ページ

例えばこちらのような、ちょうどいい幅で適度な色落ち感のあるデニムパンツ。これぐらいが、若すぎず渋くなりすぎずでちょうどいい塩梅です。夏場であればストレッチタイプのものを選ぶと、長く履いていても快適に過ごせそうですね。

デニムのアンクルパンツも爽やかです。

商品ページ

アンクルパンツの有用性は先程述べたとおりですが、それはデニムパンツであっても有効。カラーも相まってより涼感のあるコーディネートにまとまります。トップスはシャツでもTシャツでも。ホワイトのアイテムだと、夏の日差しが似合うコーデに仕上がるでしょう。

少し挑戦して、ホワイトのデニムパンツはいかがでしょうか。

商品ページ

3-1.簡単に爽やかさを演出!ホワイトシャツ」でもホワイトデニムのアイテムをご紹介しましたが、ボトムスでもホワイトデニムはスタイリッシュな印象に。しかもこちらはアンクルパンツで、足首部分が見えるので、シューズをあまり選びません。着回し力のあるホワイトパンツを、履きなれているデニムでぜひ試してみてください。

4.社会人向け!夏のおすすめコーデ10選

おすすめの夏コーデのしかたやおすすめアイテムをご紹介しましたが、「結局それをどう使うか」が重要ですよね。そこでここからは社会人向けの夏コーデ10選をご紹介します。若くなりすぎず、でも「おじさん」とは呼ばれない・・・そんな着こなしをぜひご覧ください。

商品ページ

とにかくシンプルでカッコいいコーディネート。レイヤードのポロシャツとインディゴのデニムクロップドパンツのコントラストが夏らしさを醸し出しています。大人爽やかスタイルここに極まれり、と言ったところでしょうか。

商品ページ

同じくポロシャツと、今度はベージュのクロップドパンツを使ったコーディネートです。こちらのクロップドパンツは裾を捲ると柄が見えるのですが、そのスタイルにすると若々しい印象に。少し落ち着いた雰囲気で着たいときは、このように伸ばしたままにしておくのがおすすすめです。ポロシャツのネイビーが、大人っぽさを際立たせています。

商品ページ

打って変わって、ブラックの七分袖テーラードジャケットとホワイトのクロップドパンツというモノトーンコーデ。シューズをスニーカーにすることで、程よくカジュアルダウンしています。インナーの襟ぐりが広めTシャツでワイルドさもプラス。夜のデートに最適です。

商品ページ

遊び心があるポロシャツは、プレーンなデニムパンツでカジュアルに。まさに大人の休日コーデとも言うべき組み合わせです。ブラックとネイビーという暗めのカラーですが、フェイクレイヤードのブルーが差し色となって爽やかな印象にまとまっています。袖口や裾が同じようにレイヤードになっているところも軽さを感じさせますね。

商品ページ

七分袖のホワイトシャツと半袖ボーダーのアンサンブルと、デニムアンクルパンツを合わせたコーディネートです。デニムアンクルパンツも明るめのカラーという夏コーデの王道スタイル。トップスはアンサンブルですが、それぞれに着回し力があるのでインナーやライトアウターを自分好みにアレンジしても◎

商品ページ

ブラックのリブのついた七分袖シャツは、それだけでメリハリのつく万能さを持っています。あえて暗めのカラーを入れなくても、このようにすっきりと仕上がるのです。インナーもボトムスも装飾があるものよりは、シンプルな無地のものにしてシャツを主役にすると一気にこなれ感が増しますよ。

商品ページ

こちらもシャツを主役にしたコーデ。襟元やボタン部分のチェック柄が持つ可愛さと、ライトブルーのカラーが持つ清潔感を兼ね揃えたシャツに、シンプルなホワイトTシャツとデニムパンツを合わせました。デニムはこちらより薄い色だとぼんやりしてしまうので、濃いめのネイビーのものを。キレイな海を彷彿とさせるような組み合わせは、隣にいるだけで涼しく感じさせてくれそうです。

商品ページ

打って変わって、大人らしい色合いのコーディネートをご紹介します。深いワインカラーのレイヤードTシャツに夏でも使えるグレーの七分袖テーラードジャケットを合わせた、大人だからこそ楽しめるスタイル。ボトムスにはブラックのアンクルパンツを。合コンやデートで、少し男らしさを引き立たせたい時に活躍してくれる落ち着いたコーデです。

商品ページ

ジャケットもシャツも飽きたから他のライトアウターアイテムが欲しい!という人におすすめしたいのが、パイル地の七分袖カーディガン。ふわふわの素材だから夏でも快適に着ることができます。そのカーディガンを、カモフラ柄のクロップドパンツでカジュアルにまとめました。きれいめ×カジュアルという、オシャレさんに必須の組み合わせです。

商品ページ

最後に、少しトレンドを意識したコーディネートを。ゆったりサイズのホワイトTシャツと、アビスカラーのネイビーを合わせたモード感たっぷりのスタイルです。とはいえこの格好が似合わない男性はいないのでは?というシンプルさなので、気軽に取り入れることができます。着回し力もバツグンです。

5.大人は最後まで気を抜かない。この夏オススメのバッグ・シューズ・アクセサリー

お出かけの際に必要なアイテムは、服だけではありません。バッグやシューズ、アクセサリーなどのアイテムも季節感とこだわりを感じさせるのが大人流スタイル。ここでは夏に使いたいそれらのアイテムをご紹介します。

どんなコーデにも合わせやすいところがポイント。

商品ページ

ホワイトのトートバッグです。素材にデニムを使っているので、肌に触れてもそこまで不快感を覚えません。見た目どおりの大容量で、レジャーイベントや遠出が多い夏に大活躍してくれますよ。

落ち着いた色合いのクラッチバッグです。

商品ページ

深めのネイビーで、大人っぽさと夏らしさを同時に演出できます。こちらはストラップに腕を通して使うタイプなので、使いやすさもバツグン。あまり馴染みがない人でも扱いやすい入門編に最適なクラッチバッグと言えます。

夏でも履ける落ち着いたスエード調のシューズ。

商品ページ

スエードというと秋や冬のイメージがあると思いますが、こちらはネイビーなので暑い時期にぴったり。クロップドパンツやアンクルパンツなどの足元の肌を見せるボトムスと相性がとてもいいです。ちょっとコーデ自体が若くなりすぎたな、というときにぜひ。

スニーカーはやっぱりホワイトを履きたい!

商品ページ

外を出歩くことが多いレジャーの季節は、履きやすさも重要項目。こちらは見た目以上に軽く、長時間歩いていても疲れないよう設計されています。金具以外の全ての部分をホワイトで統一したデザインは、コーディネート自体も軽やかにまとめてくれますよ。

ブラックのラインとブルーのストーンがとても涼やか。

商品ページ

プレートタイプのネックレスは季節を問わず使用できますが、ブルーのストーンが夏らしさを一気に際立たせています。お出かけの際だけでなく普段使いもできるうえ、コーデも選ばずにカッコよくなるお手軽アイテムです。

手元にホワイトを入れて、オシャレ上級者に。

商品ページ

男らしいデザインながら、ホワイトというカラーがスマートさもプラスしてくれるブレスレットです。見た人に印象づけるこちらは、暑い時期にこそつけたいアイテムなので、お早めに取り入れてくださいね。

6.まとめ

社会人向けの着こなし術をお話してまいりました。女子ウケを狙いすぎて自分好みではないファッションをするのはナンセンスですが、「大人の夏らしいファッション」を模索中の人の解決の糸口になったのなら幸いです。自分流のスタイルが決まったら、ぜひそこから自分流にアレンジしてみてくださいね。

夏服コーディネートに関する関連記事はこちら

↓夏服の着こなし術に関する情報はこちらの記事をご覧ください!
【永久保存版】2017年版!夏服のメンズファッションコーディネート術

2017年夏に流行の半袖・七分袖シャツ、Tシャツを使用した全身コーディネート

【2017年夏・メンズファッション】初夏~夏休みまでOK!高校生向けアイテム&コーディネート

2017年夏の合コンはこう攻める!流行のカッコイイアイテム&コーディネート

「子供っぽい」から卒業しよう!中学生男子にオススメの2017年夏流行のアイテム&コーディネート

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

年代別のメンズファッションカテゴリの人気記事

≫もっと見る