【メンズ】冬アウターのおすすめ人気商品とコーディネートを徹底解説!

冬服は、春や秋にくらべ重ね着する機会が増えるぶん、アイテムや着こなしのバリエーションが豊富です。
マフラーや帽子、手袋なども考慮するとさまざまなコーディネートが楽しめます!

だからこそ、秋が深まってくると「今年の冬はどんな着こなしをしよう?」と考える、ファッション好きの男性も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、MEN’S FASHION PLUSで販売しているアイテムのなかから、おすすめのメンズ冬アウターを紹介します!

記事の後半では、コーディネート例もピックアップしているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

メンズ冬アウターの種類と人気商品はコレだ!

まずは定番のメンズ冬アウターをアイテム別で紹介します!
PコートやMA-1といった鉄板アウターから、真冬に重宝するダウンジャケットなどその種類はさまざまです。

ロングトレンチコート(ベージュ)

12,000

中綿シレージップジャケット(ネイビー)

4,700

メルトンナーバルジャケット(グレー)

10,400

ポリエステルピーチMA-1(カーキ)

6,300

ポリストレッチシームレスダウンジャケット(グレー)

18,400

ルーズフィットステンカラーコート(モカ)

15,200

モッズコート(ブラック)

9,250

メルトンダッフルコート(ネイビー)

12,200

メルトンチェスターコート(ブラック)

11,300

メルトンPコート(グレー)

10,400

メルトンチェスターコート(グレンチェック)

11,700

メンズ冬のアウターを使った鉄板コーデ10選

上記で紹介した定番アイテムを参考に、MEN’S FASHION PLUSおすすめのメンズ冬服コーデを10パターン選びました。
カジュアルからフォーマルまで幅広いコーディネート例を用意したので、ぜひ参考にしてみてください。

中綿ジャケット×ニット×長袖Tシャツ×パンツ

21,750

ワイルドなジップジャケットをタートルネックのキレイ目な雰囲気で中和しています。
カラー選びも黒とジーンズで組み合わせることで落ち着いた印象に!

ジャケット×セーター×長袖Tシャツ×パンツ

27,850

大人っぽい都会的な雰囲気にまとまっているナーバルジャケットコーデです。
フォーマルなチャッカブーツにカーキチノパンを組み合わせることで違和感のない仕上がりとなっています。

ライダースジャケット×カーディガン×長袖Tシャツ×パンツ

29,350

大胆にファーであしらったライダースが新鮮なコーディネートです。
ワイルドさと柔らかさでカジュアルさを演出しています!

ジーンズやブーツ、スニーカーなどさまざま組み合わせがイメージできる、意外と優秀なアウターです。

MA-1×タートルニット×長袖Tシャツ×パンツ

20,950

ワイルドでアウトドアなイメージのMA-1にタートルネックを組み合わせてキレイ目にまとめているコーデです。
インナーとアウターの使い方で印象を変えていくのは冬コーデの必須スキルなのでぜひチャレンジしてみてください!

ダウンジャケット×ニット×長袖Tシャツ×パンツ

35,000

モノトーンでスッキリとまとまっているダウンジャケットコーデです。
少し色使いが単調だなと感じた人は、インナーやボトムスを組み替えるのもおすすめです!

目立ちにくいですが、こういったシンプルなコーデはマフラーや手袋、靴下などの小物を工夫してみるのもおすすめです!

ステンカラーコート×ニット×長袖Tシャツ×パンツ

31,050

思い切って白いパンツでコーディネートしたステンコートスタイルです。
モカカラーと白のコントラストがインパクト大!

シューズやインナーにブラックを使うことでしっかりと統一感がでています。

モッズコート×ニット×長袖Tシャツ×パンツ

25,550

オンでもオフでも使えるモッズコートを取り入れたコーディネートです。
ユーズド感のあるスキニージーンズやアンティークシューズも◎

大人っぽいカジュアルさと軽やかな雰囲気が好印象です!

ダッフルコート×ニット×長袖Tシャツ×パンツ

29,550

カッコ可愛い系コーデの王道ともいえるダッフルコートとデニムの組み合わせ。
スニーカーでもブーツでも合わせやすいので重宝します!

子どもっぽくなりすぎるのが嫌なら、インナーにストライプなどの柄物シャツもおすすめです。

チェスターコート×長袖Tシャツ×パンツ

24,250

大人カジュアルの鉄板とも言えるテーラードジャケットを使ったコーディネートです!
写真サンプルではチェスターコートを羽織っていますが、どんなタイプでも合わせやすいのが魅力。

奇抜になりすぎないように、少し地味すぎるくらいが丁度いいバランスです。

Pコート×ニット×長袖Tシャツ×パンツ

25,700

幅広い年齢層に合うPコートとチノパンのスタイルです!
サンプルではチャッカブーツでシックにまとめていますが、スニーカーにも革靴にも合わせやすいのが魅力。

モッズコート×プルパーカー×長袖Tシャツ×パンツ

25,250

モッズコートにプルパーカーでラフにまとめたコーデです。
長め丈のYラインは体型が気になる人にもおすすめの着こなし!

ボトムスやシューズも思い切って細めのシルエットを選ぶことですっきりとバランスよく仕上がります。

メンズ冬服を選ぶ際の注意点

ここでは、男性の冬服選びで注意したいポイントを紹介します。
いつも買ったあとに失敗してしまう人はぜひ参考にしてください!

サイズ感を大切に

洋服のサイズの重要性

冬服に限らず洋服には「サイズ」がありますが、実はブランドやラインナップによって異なる場合があります。
ほしい服のサイズ感をしっかりと意識したチョイスを心がけましょう。

特に冬服はゆったりしたものが多いため、パッと手にとって見てみただけでは気が付かないケースも多いです。
洋服選びは、自分の体型に合ったサイズかが重要ですが、このサイズ感覚のピントが合ってないと失敗する原因となってしまいます。

欲しい服と最終的なコーディネートのバランスを良くイメージして、選ぶことが大切です。

丈の長さ

丈の長さの重要性

見た目の印象に大きく影響する「丈の長さ」にはこだわって選びたいところです。
とくにトップスの「身丈」は、ちょうど上半身と下半身を分けるようなラインになるため、注意深く吟味しましょう。

今回はメンズ冬アウターを紹介しましたが、本記事だけでもさまざまな種類があります。
手にとったアイテムの丈の長さをしっかりと意識したチョイスを心がけましょう!

また、自分の体型にはどんな身丈のものが合うのかも知っておくと、洋服選びのセンスが1ランクアップします!
いろんな洋服を試着し、ぜひベストなバランスを見つけてください。

落ち着いた色を選ぶ

色選びの重要性

秋から冬は特に落ち着いた色が好まれます
少し地味かなと思うくらいが丁度いい色選びです!

鉄板となるブラックやホワイト、グレーといったモノトーンから、赤やオレンジ、ブラウンなどの暖色系も取り入れやすいでしょう。
また、ネイビーやカーキも人気です。

地味になりすぎるのが気になる人は、マフラーや防止、手袋、靴下、ベルト、シューズといった小物でアクセントを付けるのがおすすめ。
夏服とは異なり、さまざまな重ね着や小物を合わせられるのも冬服の魅力です。

まとめ

MEN’S FASHION PLUSがおすすめする「メンズ冬アウター」とコーディネート例を紹介しました!
ポイントはサイズ感と色味です。

サイズは特に丈の長さを、色味は落ち着いたものを選ぶと失敗しにくいコーディーネートになります。
本記事で紹介したアイテム例とコーディネート例を参考に、ぜひ自分だけの冬服を見つけてみてください!