秋におすすめのメンズケーブルニットを紹介!着こなしコーデや選び方を徹底解説!

秋冬ファッションで欠かせないのがニットアイテムです。
カーディガンや薄手のものなどさまざまなタイプがあり、幅広いシーンでの活躍が期待できます。

今回は、そんなニットアイテムのなかでもド本命といえる「ケーブルニット」を中心に紹介します。
おすすめのコーディネート例から、組み合わせたいアイテムまで、本記事でしっかりとおさらいしておきましょう!

ケーブルニットとは?

ケーブルニットとは

「ケーブルニット」とは、縄や網目のようにざっくりと編まれたニットのことです。
ゆるく編み込むことで立体感を出したデザインを表現すると同時に、保温性を高める効果もあります!
柔らかな印象を与えたいときや、ゆったり過ごしたい時などに好まれます。

ダサくならないケーブルニットの選び方

ケーブルニットは、身体のラインを拾いにくい独特のシルエットが特徴です!
そのためサイズ感やデザイン、カラーなど選び方に悩む人も多いのではないでしょうか。

まずは、男性がケーブルニットを選ぶ時のポイントを見ていきます。

ケーブルニットの種類から選ぶ

ケーブルニットには、いくつかの種類があります。
順番に見ていきましょう。

ローゲージとハイゲージ

ローゲージとハイゲージ

「ゲージ」とは編み目の細かさを表すときに使われる表現です。
ローゲージニットはゲージ数が少なく、大きな編み目のニットを指します。

ケーブルニットは、おおよそこの「ローゲージニット」に属しているニット製品です。

一方、ハイゲージニットはゲージ数が多く、より細かな編み目が特徴です。
薄手のものが多く、春や秋など涼しい季節にもよく愛用されます。

Vネック

Vネックニット

V字型が特徴のネックラインです。
襟元がスマートでシャープな印象を受けるため、顔が小さく見える効果があります。

ビジネスシーンなどフォーマルなコーディネートにおすすめです!

クルーネック

クルーネックニット

首や顎に沿った丸いラインのニットです。
シンプルでカジュアルな印象なのが特徴でしょう。

首元が少し詰まったようなデザインのため、首が長い人や顔が小さな人は積極的に使っていきたいラインです!

ハイネックとモックネック

ハイネック

ハイネックとモックネックは、首元が詰まったデザインのニットです
タートルネックよりは短く、クルーネックよりも長いと考えると想像しやすいでしょう!

こちらもフォーマルなコーディネートやビジネスシーンで活躍してくれます。
ハイネックよりも首元がより深い(長い)のがモックネックです。

タートルネック

タートルネックニット

顔をすっぽりと覆うほど長い襟に仕立てられたニットです。
首筋にそって折り返して着るのが一般的で、防寒機能としても優秀です!

首元にボリュームが集まるため、首が長い人や細い人におすすめです。

色は落ち着いたものを選ぶ

秋はブラックやホワイト、グレーといったモノトーン、赤やオレンジ、ブラウン系の落ち着いた色が好まれます。
少し地味かなと思うくらいが丁度いい色選びです!

また、セーターの場合はネイビー、カーキのような深いグリーン系もおすすめ

ジャストサイズのアイテムを選ぶ

ふんわりとしたシルエットが特徴のケーブルニットですが、サイズ感には注意しましょう!
あまりにも大きすぎると肩が崩れたり、丈が長すぎで不格好になってしまいます。

あくまでも自分の体型に沿ったものを選ぶのがセオリーです。

秋冬ファッションは、マフラーや防止、手袋、靴下、ベルト、シューズといった小物を使った重ね着ができるのも魅力
ニット1枚にこだわりすぎず、トータルでバランスをとるのがよいコーディネートです。

もう悩まない!メンズ秋のケーブルニットコーデ10選

ケーブルニットの種類や選び方をおさらいしたところで、ここからはおすすめのコーディネート例10選を紹介します。
さっそく見ていきましょう!

ニット×長袖Tシャツ×パンツ

19,350

シンプルですっきりとしたケーブルニットコーデです。
ホワイト系はニットを着こなしたいならぜひ挑戦してみてほしいカラー。

1度使い方を覚えてしまえば、ボトムスやシューズはもちろん、上に羽織るアウターも自由自在です!

ニット×長袖シャツ×半袖Tシャツ×パンツ

26,150

白ニットにシャツを合わせたスタイルです。
ニットとシューズ、シャツとボトムスで色を統一させることで、すっきりとまとまっています。

物足りないと感じるひとは、小物でアクセントを!

ニット×長袖Tシャツ×パンツ

18,000

ハイネックニットに、ジーンズとスリッポンスニーカーでシンプルにまとまったコーデです。
深いグリーンで落ち着いた雰囲気を出しつつ、シューズに白をチョイスすることで、地味になりすぎないようにバランスをとっていますね!

テーラードジャケット×ニット×長袖Tシャツ×パンツ

23,880

晩秋におすすめしたい、ハイネックにテーラードジャケットを羽織ったスタイル。
足元にチロリアンシューズを履くことでフォーマルにまとまっています!

ニット×長袖シャツ×長袖Tシャツ×パンツ

24,650

黒いチノパンにハイネックニットと白シャツを合わせたコーデ。
モノトーンの中心にグレーのケーブルニットをあてることで、軽やかな印象を加えています

オーソドックスですが、学校にもオフィスにも馴染むお手本のような組み合わせですね!

セーター×長袖Tシャツ×パンツ

16,730

ジップアップが付いたケーブルニットを採用したコーデです。
ジップアップは、しっかりと首まで閉じることで「モックネック」に、少し開けることでラフな着こなしもできるスグレモノ

安っぽくならないように、全体のバランスやサイズ感はしっかりと意識していきましょう。

二ット×長袖Tシャツ×パンツ

16,750

意外と難しいネイビーカラーを上手く合わせたコーデです。
白チノパンをロールアップし、ローファーを組み合わせることで、さっぱりとした印象にまとまっています!

大人の上品さとカジュアルさを楽しみたいときにぜひ!

ニット×長袖Tシャツ×パンツ

18,250

ベージュのアンティークバブーシュを中心に組み合わせたコーデ。
カーキのチノパンとブーツに統一感をもたせるため、黒や白といったモノトーンではなく、グレーのセーターをチョイスしています。

オフをゆったりと楽しみたい人におすすめです!

カーディガン×長袖Tシャツ×パンツ

21,150

インナーではなくアウターとしてセーターを取り入れたい人は、こういったカーディガンタイプもおすすめです。
ジョガーパンツとゆったり長袖Tシャツでナチュラルに着こなしています!

ニット×長袖Tシャツ×パンツ

15,130

ホワイトと並び鉄板とも言えるブラックカラーのニットコーデです!
ハイカットのブーツがもつワイルドな男らしさをベージュのアンクルパンツでスマートにまとめています。

目立ちすぎず地味すぎない、お手本にしたいニットコーデでしょう。

秋のケーブルニットと合うファッションアイテム5選

ここでは、ニットコーデにも合うアイテムを5つ紹介します。
どうしても存在感が出がちなニットに、どんなアイテムを合わせたらいいのか、ぜひ参考にしてください。

シークレットセッターブーツ(ブラック)

10,500

サーモライトオックス長袖シャツ(ネイビー)

9,100

PUレザースニーカー(ホワイト)

9,100

ポンチテーラード長袖ジャケット(杢グレー)

5,850

ワッフルVネック長袖Tシャツ(ブラック)

3,980

まとめ

秋ファッションで取り入れたい「ケーブルニットコーデ」を紹介しました!
ニットのなかでも比較的ゆったりとしたシルエットのケーブルニット。

ポイントは、サイズ感と色選び、種類の使い分けです。
上手く取り入れると、コーデの幅も広がります。ぜひチャレンジしてみてください!