【2019年夏服・メンズファッション】大学生活を楽しむための夏アイテム&コーディネート指南

さまざまなレジャーが溢れる季節、夏。
お出かけの用事が多くなりがちですが、そのたびにコーディネートを考えるのって結構大変ですよね。

薄着の季節だからバリエーションを持たせることが難しく、結局いつもの格好に落ち着いてしまう、という方も多いと思います。
でもせっかくの遊びの季節だから、普段と違うファッションを楽しんでみませんか?

夏服は「ゴマカシ」が効かない!

コートやジャケットなどを着ればそれなりのスタイルにまとまる他の季節と異なり、夏服はトップス1枚で過ごすことが多いため、「ゴマカシが効かない季節」と言えるでしょう。
そんな時期をオシャレに乗り切るためには流行を取り入れたカッコいいトップスが何枚も必要・・・そう思っていませんか?

確かにトレンドをとらえ、デザイン性に富んだアイテムはカッコいいですし、着こなせば女子の視線を独り占めにできるでしょう。
しかし、それはあくまで「着こなせば」の話。
もし着こなす自信がないのであれば、それらのアイテムはコーディネートが難しい場合が多くありますので、避けた方が無難です。

ではどういったアイテムを取り入れればいいのか。
その答えは、非常にシンプルです。誰からも好感を持たれる、万人受けするファッション・・・つまり、「無難なアイテム」を揃えること。

ただ、それらを集めて着ているだけでは面白くありませんし、没個性的で好印象を与えることも難しくなります。
そこで、トレンド感や高いデザイン性以外のこだわりを持ったアイテムを使いましょう。
例えばシルエットを美しく見せるものや、上質な素材を使っているものなど、安さを売りにしているSHOPでは手に入らないようなものを合わせることで、周りに与える印象をガラリと変えることができるのです。

特に夏場は、先程も申し上げたとおり、アウターでごまかすことができない季節。
アイテムをがむしゃらに揃えることだけに意識を向けずに、「これだ!」というアイテムを見つけることをおすすめします。

大学生の夏コーデの基本とは?

長々とお話しいたしましたが、「じゃぁ結局どんな格好をすればいいの?」とお思いの方も多いでしょう。
ここでは、コーディネートを考えるうえで押さえておきたいポイントについてお話しいたします。

Tシャツ&デニムパンツにプラスアルファの要素を

Tシャツ&デニムパンツのスタイルは、とにかく楽ですよね。
それに今年はインディゴやネイビーがトレンドカラーなのもあり、デニムアイテムは非常に使いやすいと言えます。

トレンドを考えずに、と話したばかりなのに早速トレンドの話が出てきてしまいましたが、デニムの使いやすさは多くの方がご存知のとおり。それが流行ならば、使わない手はありませんよね。
この先も、個性的になりすぎない程度のトレンドは取り入れていきます。

もちろんシンプルにTシャツとデニムパンツのみでまとめるのもいいのですが、例えばそれにライトアウターを足してみたり、ボトムスの裾を捲くって足首が見えるようにしてみたり、少し工夫するだけで一気に垢抜けた印象になります。

例えばこちらのコーディネート。

Vネック半袖T×デニムアンクルパンツ(2点セット)

シンプルなホワイトTシャツと明るめのインディゴカラーのデニムパンツという爽やかさの王道とも言える組み合わせ。
そのデニムパンツをアンクルパンツにすることにより、よりメリハリを付けています。
ただ適当に服を組み合わせただけではない、紛れもない「コーディネート」になるのです。

商品ページ

ゆるめのシルエットにまとめるのもおすすめ。

半袖ボーダーTシャツ×デニムパンツ(2点セット)

こちらのデニムパンツは通常の長ズボンタイプですが、このように捲くることで先程のアンクルパンツと同じ効果が。
これなら、手持ちのアイテムでも始めることができますね。
そしてトップスには袖口が広めで長めのTシャツを合わせることで、流行のビッグシルエットスタイルにも。
これぐらいの広さであれば際立つほどのゆったり感ではないので、気軽に始めることができますよ。

商品ページ

シンプルなものであればロゴTシャツも。

ロゴ半袖T×カットデニムクロップド(2点セット)

無地やボーダー柄などの定番Tシャツで物足りなくなったら、このようなシンプルなTシャツと合わせればカッコよくまとまります。
特にブラックのTシャツはそれだけでシックで落ち着いた印象を与えられる万能アイテム。
肌の見えてる割合を多めにすれば、そこまで暑苦しい印象にもなりません。

商品ページ

男性だって侮ってはいけない「UV対策」

こんがりと焼けた肌は確かに健康的なイメージを他人に与えます。
しかし最近は、男性にも肌のキレイさが求められる時代。
紫外線はその大敵です。それに長時間屋外にいるときなどは、低温火傷のような状態になってしまうことも。

あまりに気にしすぎると周りにひかれるかもしれませんが、例えばシャツのようなライトアウターを持ち歩いて気になったときには羽織る、ぐらいの対策ならそれほど目立ちません。
冷房が効きすぎて寒いときの対策にもなりますよ。

定番はやはりホワイトシャツ。

七分袖シャツ+半袖ボーダーTシャツアンサンブル×クロップドパンツ(3点セット)

七分袖なら普段から羽織っていてもあまり違和感がありません。
むしろ日差しが強ければ強いほど、ホワイトは光を反射するカラーなので熱がこもりにくく、着ていた方が暑くないということもありえます。
だからといってボトムスもホワイトを入れると全体がぼんやりしてしまうので、ここではネイビーのクロップドパンツを。
メリハリをつけることも重要ですよ。

商品ページ

それではブラックシャツはどうでしょうか。

綿麻七分袖シャツ+ボーダー半袖Tシャツアンサンブル×ツイルクロップドパンツ(2点セット)

ブラックは反対に光の熱を吸収するので、熱はこもりがちです。
しかし同時に紫外線をも吸収してくれるので、ホワイトに比べて布地の下に到達する紫外線の量が少なく、UV対策として最適です。
ボトムスにホワイトを持ってくれば重い印象になるどころか、爽やかさを兼ね備えるモノトーンコーデに。
秋口に入っても問題なく着られる、息の長いコーデと言えるでしょう。

商品ページ

ブルーのシャツなら爽やかさを強調できます。

綿麻七分袖シャツ×半袖無地T×デニムクロップドパンツ(3点セット)

淡いブルーのシャツは、意外と定番アイテムのひとつ。
どちらかというとホワイトのように光を跳ね返すタイプで、見た目だけでなく着心地も涼しいです。
そしてこちらのようにボトムスを同系統色であるネイビーでも濃い色にすれば、しっかりとメリハリもつきます。
今年このような格好をしていたら、「あ、トレンドをちゃんと押さえてるんだな」というイメージを持たせることができるはず。

商品ページ

今回は七分袖のアイテムをご紹介しましたが、もちろん長袖でもOK。
ただやはり冬に着ていたアイテムを流用するのは生地の厚みなどの面からあまり得策ではありません。
夏用に薄手のシャツを用意しましょう。

カラーが全ての印象を操作する!

さて、ここまででもカラーに関するお話はしてまいりましたが、夏コーデを作る上で手っ取り早い手段があります。

それが、「どこか一箇所にホワイトのアイテムを入れること」。
特に無意識に服を選んだらブラックやネイビーなどの暗めのカラーばかりでコーデを構成しがちな人は、これを意識するだけでかなり印象が変わるはずです。

例えばこちらのダークブルーのデニムパンツを軸に考えてみましょう。

加工デニムスリムストレートパンツ(ダークブルー)

スタイル良く見える♪キレイめコーデにもぴったりのストレートパンツ☆

商品ページ

まずはトップスにホワイトのポロシャツ、シューズをホワイトのスニーカーにしたパターン。

ポロシャツ×デニムパンツ(2点セット)

二箇所もホワイトを取り入れたことで爽やかさを全面に押し出すコーデになりました。

商品ページ

次に、こちらのコーデ。

半袖Tシャツ×ストレートパンツ(2点セット)

トップスのホワイトのシャツが眩しいですね。爽やかな中にも男らしさが漂います。

商品ページ

最後にこちらのコーデをご覧いただきましょう。

半袖シャツ×Tシャツ×デニムパンツ(3点セット)

こちらの中でホワイトの部分は、スニーカーのみ。
もし例えば、一つ前のコーデと同じブーツを使用していたら、もしくはシューズが同じ形でも、カラーがブラックなどの濃いめのカラーだったらどうでしょうか。
いくら半袖とはいえ、夏場にしては少々重たすぎるコーディネートにまとまっていたかと思います。

商品ページ

ブーツといういささか時期がずれるアイテムでも、トップスのカラー次第で夏コーデにまとまること、そして完全に夏仕様のアイテムで構成されていても、一歩間違えると重たくなってしまうことがおわかりいただけましたか?
ホワイトというカラーは夏においては本当に万能なのです。

この夏着るべき、身につけるべきアイテムとは?

さて、夏の定番アイテムはいろいろありますが、大学生らしさを求めるのであればどういった種類があるのでしょうか?
もちろん年齢に関わらず幅広い世代で使えるアイテムもありますが、ここではその中でも「大学生らしい」アイテムをご紹介いたします。

この時期必須のTシャツ

意外と、それだけでコーデが成立するTシャツを見つけるのは難しいもの。
丈や襟元の処理、袖の広がり方、全ての細かい要素がプラスに重なって初めて、「カッコいいTシャツ」となるからです。
例えば素材がよくなかったり、丈の長さが中途半端だったり、一つでも減点要素があればなんとなくダサいイメージになってしまうんですね。

例えばこちらのネイビーのTシャツ。

スムス半袖無地Tシャツ(ネイビー)

とてもシンプルですが、吸い込まれるようなネイビーがとてもスタイリッシュなアイテム。
1枚で着てもインナーにしてもアクセントとして使いやすいです。
濃いめの色なのに涼やかな印象になるのもこの時期嬉しいですね。
ちなみにこちら素材は綿100%なのですが、吸水性が高いので汗をかくこの時期には特にオススメです。

商品ページ

それだけで存在感を放つ、レイヤードアイテムもオススメ。

トリッキー杢レイヤード半袖Tシャツ(ホワイト)

このようなチラ見せレイヤードであれば重ね着による暑苦しさも感じませんし、その部分がアクセントとなって1枚なのにこなれ感があるスタイルに。
インナーにするにしても、これだけで存在感がありつつもシンプルなアイテムなので、いろんなアウターにも合わせやすいです。

商品ページ

定番のボーダー柄も、ホワイト×ネイビーの配色でほんのりマリンテイストに。

ボーダーVネックTシャツ(ホワイトxネイビー)

こちらのTシャツ自体はマリンテイストアイテムとして作られているものではありませんが、ホワイトとネイビーのボーダーはマリンテイストコーデの定番アイテム。
気温が高い時期にしかできないファッションなので、ぜひ使っていきたいところですね。
しかもそこまでネイビーを主張しているアイテムではないので、アウター次第で秋口まで使えるのも嬉しいポイントです。

商品ページ

たかがTシャツといえど侮ることなかれ。
あまり考えずに選んで痛い目を見る前に、しっかり吟味してくださいね。

ポロシャツをチョイスするのはおじさんくさい?

少なからず、ポロシャツに対して「父親が着てるイメージ」だったり「仕事着のイメージ」を持ってる人はいるのではないでしょうか。
しかし最近はデザイン性のあるポロシャツが多く流通しており、メンズファッションの一つのジャンルとして確立されています。
かっちりめにまとまりやすいので、暑い時期のきれいめコーデとして最適です。

テッパンカラーはやはりホワイト。

タックジャガード半袖ポロシャツ(ホワイト)

なんといっても爽やかな風が吹き抜けるような清潔感は、他のアイテムには変えがたいものを持っています。
こちらのブラックのボタンのように、ワンポイントアクセントがついているものだとなおよし。
ボトムスはチノパンでもデニムパンツでも、きれいにまとまりますよ。

商品ページ

ボーダー柄で少しあどけなさをプラスできます。

CONVERSEボーダー半袖ポロシャツ(ホワイト)

先程おじさんくささを感じさせると申し上げましたが、実はチョイスによっては程よい少年っぽさを出すこともできます。
あくまでも「ほどよく」なので年齢不相応に幼いというわけではなく、大人だから出せる余裕を感じさせることができるのがポイント。
大学生の間だけでなく、長く使えるアイテムになってくれるでしょう。

商品ページ

ポロシャツを着こなすなら、レイヤードスタイルは欠かせません。

フェイクレイヤード半袖ポロシャツ(ワイン)

最近はシャツ×ポロシャツやTシャツ×ポロシャツのようなスタイルも一般的になってきました。
ポロシャツとインナーの色味を大きく変えて、インナーのカラーをアクセントとして楽しむのが主流。
どんな色を合わせればいいのかわからない場合は、こちらのようなフェイクレイヤードのアイテムを利用してみましょう。
この夏、ファッションで何か挑戦をしたい人はぜひ。

商品ページ

ボトムスは断然クロップドパンツやアンクルパンツがおすすめ

夏場は見ための涼しげな印象が必要不可欠。
足元をすっきり見せるクロップドパンツやアンクルパンツは必須アイテムと言えます。

ちなみに、涼しい印象で言うとハーフパンツはどうなの?と思うかもしれません。
確かに涼しさの面で言うと合格なのですが、正直言って履きこなすのがかなり難しいアイテムと言えます。

それは、ハーフパンツ自体があまり女子ウケのいいアイテムではないから。
しかたないと分かっていても、すね毛が気になるという女性が多いんですね。
だからと言って処理してるのもそれはそれでちょっと・・・と感じるようなので、無難ファッションを狙うのであれば避けた方が無難でしょう。

カラーは、無難なところで言うとまずはブラック。

カツラギスキニーアンクルパンツ(ブラック)

やはり手持ちのアイテムと合わせやすいですし、何よりブラックパンツは春夏のトレンドでもあります。
そしてスタイリッシュにキメるのであれば断然スキニータイプ。
トップスに肩幅がゆったりしたアイテムや丈が長めのアイテムを持ってくれば、ビッグシルエットコーデになりモード感が出ます。
もちろんシンプルにシャツやTシャツと合わせてもカッコいいので、幅広いコーデを楽しめる使い勝手のいいパンツです。

商品ページ

逆にそれ自体がゆったりとしたシルエットのアンクルパンツを使って上級者感を演出することも。

麻混アンクルパンツ(ネイビー)

先程のビッグシルエットはYラインシルエットという、トップスが大きく、ボトムスがタイトなスタイル。
対して、トップスをジャストサイズ、ボトムスをこちらのようなワイドなパンツでできるのは、Aラインシルエット。
今後の主流になる気配があるので、今のうちにチェックしておきましょう。
ちなみに、ダボッとしたパンツはだらしがない印象を持たれがちですが、裾がすっぱりと切れているアンクルパンツは同時にすっきり感をも生み出すので、小綺麗にまとまりますよ。
秋口に入りジャケットなどと合わせてもカッコいいですね。

商品ページ

デニム素材も1枚持っておくと便利です。

デニムクロップドパンツ(ネイビー)

作りによっては熱がこもりがちなデニムパンツですが、クロップドパンツならそのカラーも相まって涼しく感じます。
見ための印象も涼やかなので、ヘビロテ間違いなし。
こちらは深めのネイビーですが、明るめのインディゴやブラックなど、色々なカラーを揃えておくのもいいですね。

商品ページ

カラー次第では長ズボンもOK!

まだちょっと短め丈のボトムスには抵抗があるという人は、パンツのカラーを工夫してみましょう。

やっぱり爽やかさを押し出すならホワイトのパンツです。

5ポケットストレッチスキニーパンツ(ホワイト)

正直、ホワイトのパンツは取り入れづらいと思っている人も多いはず。
しかし実はトップスに深めの色を持ってくれば、意外と無難に履きこなすことができるのです。
それにホワイトと一言で言ってもアイボリー、杢ホワイト、純白などさまざま。
少しくすんだホワイトであっても爽やかさを損なうことはありませんので、そういうアイテムを探してみてもいいかもしれませんね。

商品ページ

デニムなら、淡めのブルーを。

加工デニムスリムストレートパンツ(ブルー)

このような冬だと少し寒々しいと思われかねないぐらいひんやりとしたカラーがベスト。
ホワイトパンツと違い、トップスに明るい色を持ってきてもそこまで違和感がありません。
ただそれ自体のカラーが強調されているので、ビビッドなカラーは避けた方が無難です。

商品ページ

ライトアウターを使いこなそう

男性だって侮ってはいけない「UV対策」』でもお話ししたとおり、男性も紫外線対策をする時代。
ここでは、そちらでご紹介したもの以外のライトアウターにはどんなものがあるかご紹介します。

まずは王道、カーディガン。

パイル七分袖ショールカーディガン(チャコール)

さすがに長袖カーデは暑いので、やはり七分袖などのハンパ丈にしておくべきでしょう。
そして大事なのが、夏場でも耐えられる着心地かどうか。
こちらのようなふわふわで吸水性の高いパイル地や、サマーセーターに使われているような生地であればその心配はいりません。

商品ページ

パーカーも素材感で選びましょう。

カノコWフェース7分袖ジップパーカー(ネイビー)

夏には通気性がいいパーカーも大活躍してくれます。
特にこちらのような、デザイン的に着ていても違和感がないものは思わずヘビロテしてしまうアイテム。
ちょっと寒がっている女子に上着を貸してあげる、なんていう憧れシチュエーションもできちゃうかも!?

商品ページ

七分袖テーラードジャケットも長く使える便利アイテム。

七分袖テーラードジャケット(グレー)

綿素材ならさらりと羽織ることができ、吸水性も高いのでオススメ。
ちなみにこちらのアイテムは、袖を折り返すとドット柄が見える仕様になっています。
このように夏に着ることを想定されており、さらに違った楽しみ方ができるジャケットはかなり重宝しますよ。

商品ページ

おすすめコーデ10選

さて、基本を話し終えたところで、ここからはこの夏イチオシのコーディネートを10個ご紹介します。
着回し力の高いものや、さりげなく柄物アイテムを取り入れたもの、この時期だからこそできるコーディネートなど傾向はさまざま。

きっとあなた好みのものが見つかるはずです。
気に入ったものは商品ページからそのセットを購入可能ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

フライスVネック五分袖T×ストレッチデニム(2点セット)

シンプルなカットソーとデニムのコーディネートです。
シンプルながら、カットソーはVネックになっていたり、5分丈の絶妙な丈感だったり、杢ブラックの重すぎない色合いの生地だったりとコダワリが詰まっています。
ボトムスにはストレッチの効いたネイビーのデニムを。
トップスとボトムがそれぞれ他の服に合わせやすいアイテムなので、着回し力の優れたマネキンコーデです。

商品ページ

七分袖シャツ+半袖ボーダーTシャツアンサンブル×ベルト付きクロップドパンツ(2点セット)

春夏に人気のマリンテイストを気軽に取り入れられるのがこのコーデセット。
ネイビーと白のボーダー柄の半袖Tシャツがマリンテイストで爽やか&涼しげな印象。
サラッと羽織れて軽やかな七分袖のシャツは着回しも◎。
クロップドパンツは裾部分が折り返しになっていて、ブルーのストライプ柄がチラ見えするオシャレなパンツです。
とても爽やかな印象になりますよ。

商品ページ

切替ボーダー半袖T×ベルト付きクロップドパンツ(2点セット)

こちらもマリンテイスト入門にオススメのコーデセット。
全体がネイビーでまとめられていて、トレンド感も出ています。
胸元で柄の切り替わったボーダーのTシャツがオシャレ。
さらにボトムは裾を伸ばしても折り返しても使える2way仕様になっています。
裾をロールアップすると淡いブルーのストライプ柄が覗くところも爽やかでカッコいい!

商品ページ

フェイクレイヤード半袖ポロ×クロップドパンツ(2点セット)

ポロシャツと白のクロップドパンツのコーデセットです。
ポロシャツは一見地味なように見えますが、フェイクレイヤードスタイルになっていて、襟元と袖にブルーのストライプ柄のアクセントが入っています。
さりげないオシャレを楽しめますよ。
また、クロップドパンツは先のベージュとネイビーと色違いになっていて、裾を伸ばしてもロールアップしても履ける便利な1本になっています。

商品ページ

半袖Tシャツ×デニムパンツ(2点セット)

こちらはシンプルなモノトーンコーデができるコーデセットです。
黒の半袖Tシャツと、グレーのストレッチデニムの組み合わせがシンプルながらもオシャレな印象に。
Tシャツはルーズシルエットで、前と後ろで微妙に丈の長さが違うところがポイント。
グレーのデニムは珍しいですが、モノトーンコーデに合わせやすく履くだけでワンランク上のオシャレが完成しますよ。

商品ページ

半袖Tシャツ×タンクトップ×パンツ(3点セット)

こちらもシンプルなモノトーンコーデができるセット。ホワイトのトップスが涼しげです。
一見シンプルですがこちらも細かい所にこだわりが詰まっていて、Tシャツの裾からインナーのグレーのタンクトップがチラ見えしていたり、ブラックのスリムパンツがトップスのユルカジ感を程よく引き締めていたりと全体で非常にハイセンスなコーディネートになっています。

商品ページ

ボーダー半袖Tシャツ×パンツ(2点セット)

ホワイトとグレーの淡いボーダー柄のTシャツに、着心地がよいのに履くだけでオシャレに見えると人気の麻混のアンクルパンツを合わせたコーデセットです。
トップスはホワイトとグレー、パンツがネイビーなので全体の印象が重たくなく爽やかです。
シルエットにもトレンド感満載。

商品ページ

レイヤード七分袖T×デニムクロップドパンツ(2点セット)

この時期必須のTシャツ」でご紹介したレイヤードTシャツの七分袖バージョンと、深いネイビーのデニムクロップドパンツを合わせたコーデ。
非常にシンプルなのにこなれ感が出るのでオシャレ初心者にも優しい仕様になっています。
着回し力もあるので手持ちのアイテムと合わせやすいのもポイント。

商品ページ

デニムウエスタン7分袖シャツ×スムス無地半袖T×ツイルクロップドパンツ(3点セット)

カジュアルな印象をぐっと引き立てるデニムウエスタンシャツとカモフラ柄のクロップドパンツを合わせました。
秋口に入っても使いやすいアイテムで構成されており、残暑が厳しければ厳しいほど重宝するでしょう。
爽やかさの中に少しの大人らしさを感じる技ありコーデです。

商品ページ

7分袖ブロードシャツ×半袖無地T×デニムクロップドパンツ(3点セット)

一転こちらは、パステルピンクのシャツをアウターに持ってきた可愛さを感じるコーディネート。
ボトムスにはネイビーのクロップドパンツを使用し、適度に深さを持たせることによって、男らしさをも同居させています。
あなたもこちらのコーデで、女子ウケバツグンな「ピンクが似合う男」の称号を手に入れませんか?

商品ページ

シューズ・バッグなどのアイテムや小物にも手を抜かないことが重要

夏コーデの仕上げは、シューズ・バッグ・小物類におまかせ。
と言うより、ここで手を抜いてしまってはせっかくのコーデが台無しです。
ここでは夏にピッタリのシューズやバッグ、アクセサリーをご紹介します。

やっぱり夏のスニーカーはホワイトが王道!

オーセンティックスニーカー(ホワイト)

シャツ以外のホワイトを取り入れづらいと感じている人でも、スニーカーからなら気軽に始められるのではないでしょうか?
こちらのようなすっきりとくるぶしが出るデザインであればクロップドパンツやアンクルパンツとの相性もバツグン。
デザイン自体に突飛なところはありませんので、どんなコーデとも合わせやすいのも特徴です。

商品ページ

サンダルならもはや定番となったコンフォートサンダル。

PUサンダル(ブラック)

名に「快適」という言葉が入っているとおり、とにかく履きやすいのがコンフォートサンダルです。
こちらはアウトソールにベルトが少しかぶっている、ちょっと珍しい作りになっているのがポイント。
大学に、お出かけに、ちょっと近所への買い出しに、重宝しすぎてすぐに履きつぶしてしまわないように注意。

商品ページ

暑い時期だから、バッグはできるだけ触れていて不快ではないものを。

スラブ&デニムトートバッグ(杢ブラック)

レザー製のバッグはカッコいいけれど、この時期はなんとなく肌に張り付いて使いづらい・・・
そんな人には、このスラブ&デニム素材のトートバッグがオススメ。
トートバッグなのにシックな杢ブラックなので、男性でも持ちやすいデザインになっています。
収納力も高く、ペットボトルや冷房対策のライトアウターなどの持ち運びもカンペキ。

商品ページ

少しのお出かけなら爽やかなホワイトのクラッチバッグはいかが?

テキスタイルクラッチバッグ(ホワイト)

ホワイト×ブラックのチェック柄という馴染みがある柄と素材感で、初めての人でも持ちやすいと評判です。
腕を通すストラップもあるので、いざというときも安心。
さすがにトートバッグなどと比べ収納力はありませんが、大きいカバンを持つ必要がないお出かけの時や少しでもカッコよさを優先したいデートの時などに重宝しますよ。

商品ページ

コーデに涼やかさをプラスするネックレスです。

サファイアプレートネックレス(ブラック)

なんだか今日のコーデ、物足りないな…そう感じた時にぴったりのアイテム。
シルバーのプレートに施された美しいブルーのサファイアは、見るものを引き込みそうな魅力をたたえています。
大人だからこそ似合う、相手をドキリとさせるアイテムです。

商品ページ

レザー素材でも、サックスなら夏にピッタリ!

刻印入りイタリアンレザーブレスレット(サックス)

高級感のあるレザー素材で、このカラーのブレスレットは珍しいのではないでしょうか。
夏につけていても違和感のないレザーアイテムは、男らしさをぐっと引き立てること間違いなし。
あえてコーデをシンプルにまとめて、こちらのアイテムをワンポイントにするのもおすすめですよ。

商品ページ

まとめ

さて、夏のコーディネートをどうしていくか、ビジョンは見えてきましたか?
何度も繰り返し出てきたワードなので若干耳にタコが出来るような気分かもしれませんが、キーワードは「爽やかさ」です。
重たいカラーや素材のアイテムは秋・冬の楽しみにとっておいて、今は夏らしいファッションを楽しんでみてくださいね。

大学生のコーディネートに関する関連記事はこちら

↓大学生の着こなし術に関する情報はこちらの記事をご覧ください!
大学生向け(10代前半、十代後半・中学生・高校生含む)コーディネート特集 | メンズファッションプラス

【2019年メンズ春服】大学生向け!春コーディネートがここですべて揃う2019/03/21

【2019年版】大学で周りと差を“ちょっとだけ”つける春の男子大学生おすすめアイテム&コーデ2018/11/23

【10代~20代の夏服】夏も大学生らしく爽やかに。2018年夏のメンズファッションアイテム&コーデ4選2018/05/08