トップスとボトムスが同じ色のコーデはアリ?【メンズ服のお悩み解決】

例えば上着とズボンが同じ色のコーデ、初めてのときはなんとなくしっくり来なくて不安になったりしますよね。
この記事では、プロの意見と女性の意見を基にその不安を解消していきます!

結論ですが、アリです。
が、もし違和感を感じるようならいくつかの改善点を試してみるのもよいでしょう。

今回のお悩み

今回のお悩みも、実際にユーザーの方から寄せられたものです。

今回の悩み:
グレーのパーカー、黒のスキニー、黒のコーチジャケットを着ていると母に「黒と黒だから変だ」と言われました。
自分はおかしくないと思っているのですが、変なのでしょうか?

他の人に指摘されるとちょっと不安になってしまいますよね。
でも、お母さんだとそれを参考にするべきか迷うところではあります。(笑)

問題のコーデは、以下のような感じですね。

コーチジャケットとプルパーカーのモノトーンコーデ

全体を黒・灰色・白でまとめたコーデ。
相談内容ではスキニーでしたが、こちらはジョガーパンツを使用しています。

商品ページ

では、専門家の意見女性目線の意見をそれぞれチェックしてみます。

服の専門家=スタイリストの意見

メンズファッションプラスの専属スタイリストの方のお話を聞いてみましょう。

色の組み合わせについて

色の組み合わせは問題ありません。
黒と灰色は同じ無彩色グループです。
同じグループの色を使用しているので、安定性が高いまとまりのある配色と言えます。

色の配置について

色の置き方については、もし違和感があるようなら少し工夫することができます。
似たような色が隣り合っている場合に違和感が生まれる場合があるんです。
その違和感を防ぐために、間に灰色などの無彩色を取り入れてあげることが有効です。
専門用語ではセパレーションと呼ばれていますよ!

セパレーションになるよう、少し大きめのパーカーに変えてみるとこのような感じになります。

コーチジャケットとパンツの境界線がハッキリしましたね。
元のコーデでも問題ないと思いますが、気になるのであればセパレーションを取り入れてみましょう。

次の一歩について

発展として、アクセントカラーを入れてみてはどうでしょうか?
キャップやカバン、靴や小物など、小さいポイントで別の色を取り入れてみてください。
黒と灰色の合わせであれば、どんな色でもマッチしますよ!

トップスの緑と合わせ、アクセントカラーとして鮮やかなグリーンを靴下に持ってきました。

変化させたのは小さい面積ですが、コーデに色が入って華やかになりましたね!
「何色を入れようかな?」と考えるのも楽しそう。
ファッションの幅がグッと広がりますね!

女性目線の意見

次に、女性150名にアンケート調査した結果を見てみます。

以下の5つのコーデを見てもらい、「18歳が着た場合」「25歳が着た場合」「35歳が着た場合」の3つの条件で「特に好感度が高いコーデ」を聞きました。

顔の影響を回避するため、顔を隠しました。
No5が「トップスとボトムスが同じ色のコーデ」なので、No5が人気なら女性から見ても問題なしということになります。

調査に使った5コーデ

調査に使用した5コーデを詳しく紹介します。

コーチジャケット×パープルパーカーコーデ

紫色パーカーが印象的なコーデ。
上半身が暗い色、下半身が明るい色になっています。
コーチジャケットはNo5と同じものです。

商品ページ

コーチジャケット×長袖白Tコーデ

No5と同じコーチジャケットを使ったとてもシンプルなコーデ。
コーチジャケットの他は基本的なアイテムでできています。

商品ページ

大人のセットアップ風コーデ

より大人っぽいテーラードジャケットを使ったコーデ。
トップスとボトムスが同じ色になっていますね。

商品ページ

コーチジャケット×パープル寄りニットコーデ

少しパープルがかったグレーのニットを取り入れています。
No5と同じコーチジャケットを使っていますが、春らしい色合いになっていますね。

商品ページ

コーチジャケットとプルパーカーのモノトーンコーデ

冒頭で紹介した、「トップスとボトムスが同じ色のコーデ」。
このコーデの女性好感度が高ければ問題なし!ということになります。

商品ページ

結果:特に10代で優秀なコーデだった

アンケート調査の結果を御覧ください。
18歳・25歳・35歳は「その年齢の男性が着た場合の女性好感度」を表しています。

No5は「18歳が着た場合」で女性好感度が最も高いコーデでした。
「25歳が着た場合」でも2位と十分健闘しています。

よって、今回のお悩みの「トップスとボトムスが同じ色のコーデ」は問題ないコーデと言えます。
むしろ、若い年齢向けにはとても優秀なコーデですね。

しかし、「35歳が着た場合」では成績が良いとは言えません。
35歳向けで優秀なのはNo3。
No3もNo5のような「トップスとボトムスが同じ色のコーデ」です。
35歳向けで問題なのは、「トップスとボトムスの色が同じ」ということではなく、「コーデの大人っぽさ」みたいです。

どの年齢向けでも、トップスとボトムスが同じ色だからといって問題になるわけではないようです。

おわりに

色の合わせ方一つでも、いろいろ考えることがありますね!
ファッションとはとても奥深いものです。

「難しいな」と感じてしまう方もいるかもしれませんが、そういう場合にはぜひコーデをマルっと参考にしてみてください。
以下のページで、王道ベターなキレカジ系のコーデをまとめています!

マネキン買いで一気に垢抜ける!おすすめ春コーデ集2019/04/15

【2019最新】春のメンズファッションおすすめコーデ例2019/04/13