【コートの種類も解説!】メンズコートの選び方とおすすめアイテムを紹介します!

男性でコートを1着も持っていないという方へ、

今すぐ、コートをGETしてください……!(笑)

街を歩いていると、コートをさらっと着こなしている男の人を見て「ああ、オシャレで良いな……」なんて思ったことありませんか?
実はコートって誰が着てもオシャレに見えるんですよ!

ただ、ダッフルコート、チェスターコート、Pコート、ステンカラーコートなど様々な種類があるので、正直どれを選べばよいかわからない……という気持ちは十分理解できます。

そんな方のために、本記事では冬に大活躍するメンズコートの選び方と種類を紹介していきます!
あわせて、メンズファッションプラス内で購入できるメンズコートをランキング形式で紹介するので参考にしてみてくださいね。

自分に合うメンズコートの選び方

ぜひ1着は手に入れてほしいメンズコートですが、コートの種類も多いため選び方に困ってしまいますよね。

ここでは、メンズコートを買う際に参考にすべき選び方を紹介してきます。

コートの種類から選ぶ

着るコートの種類によって、ガラッと印象が変わるので自分のイメージにあうコートを選ぶのが最も重要です。

ショート丈で着こなしが楽な「Pコート」

Pコートの選び方

イギリス海軍の船員が着ていたことで知られるPコート。
ビジネスシーンで着るという方もいますが、どちらかというとカジュアルよりのアイテム

ショート丈のコートが多く、ボタンには海軍をイメージしたイカリのマークを使用しているものが多く存在します。

ビジネスシーンからカジュアルシーンまで「チェスターコート」

チェスターコートの選び方

正式な名前はチェスターフィールドコート。
イギリスで愛されているコートで、カジュアルからビジネス多くのシーンで活躍する冬の定番アイテム。

襟付きシングルボタンのコートが特徴でシルエットは細身のものが多いです。
ファッション初心者でも着るだけで、ワンランクもツーランクもおしゃれ度がアップする人気アイテムです。

さらっと着こなせる「ステンカラーコート」

ステンカラーコートの選び方

別名、バルマカーンコート・バルカラーコート・スタンドフォールカラーとも呼ばれるコート。
一枚羽織るだけで一気におしゃれになれるアイテム。

比較的ゆったりと着ることのできるコートで、キメ過ぎ感が出ないのも人気の秘訣。

ボタンが特徴的で可愛らしい「ダッフルコート」

ダッフルコートの選び方

紐付きのボタンが印象的なカジュアルコート。
可愛らしい印象を与えるダッフルコートですが、黒やネイビーのアイテムを選べばメンズライクを強めることも可能。

グレーや茶系のダッフルコートは若々しく、活き活きとした印象を与えてくれるでしょう。

ビシッとキマる「トレンチコート」

ハリ感があり、着るだけで大人らしいシャキッとした印象を与えるコート。
腰にはウエストベルトが付いているものも多く、1枚で2通りの着こなしが楽しめます。

どちらかというとビジネスよりで、薄手のアイテムが多い。

カジュアルを極めた「モッズコート」

モッズコートは、コットンナイロン地をベースにしたフード付きのコートの事。
カジュアルに特化したデザイン性と、耐寒性が高く、プライベート用に1枚持っておくと重宝するアイテム。

大き目のシルエットをゆったり着こなすのが定番の着こなし。

冬のメンズファッション定番コーデを紹介!TPOを意識しないスタイルは一気にダサくなる!?2019/01/07

コートの色は「黒、茶、グレー、ネイビー」が無難な選択

カラーコートの選び方

コートを選ぶ際に、派手なカラーを選ぶのは避けましょう
コートは落ち着いた大人の印象が魅力的なアイテムなので、落ち着いたカラーを選ぶのが吉。

また、黒や茶、グレーやネイビーといった色はコーディネートがしやすく、ボトムスや靴の色をそこまで気にしなく良いのも嬉しいポイントです。
どうしてもカジュアルなスタイルに仕上げたいという場合のみ、明るい色や柄のついたコートを選ぶと良いかもしれません。

身長が低い方は「ゆったり」ではなく「細身」を選ぶ

シルエットでの選び方

コートを買って失敗した経験があるという人はおそらく、コートのシルエット選びに失敗したからではないでしょうか。
身長が高い方は細身でもゆったりでも、どちらでも似合いますが、低身長の方はなるべく細身のシルエットのコートを選びましょう。

低身長の方がゆったりしたコートを着てしまうと、バランスが悪く幼い印象を与えてしまう可能があります。

メンズコートのおすすめ人気ランキング10選

それでは早速、メンズのコートのおすすめ人気ランキングを紹介していきます。

先に紹介した選び方をもとに、自分に合うコートを見つけてくださいね!

1位メルトンチェスターコート(ブラック)

6,700

1枚あれば安心できる、ベーシックな黒のチェスターコート。
寒い冬でも安心の起毛素材を使用。細めのボトムスと合わせて落ち着いた大人コーデが楽しめます!
メンズコート欲しいけど何を買えば良いかわからない……という人はまず黒のチェスターコートを検討してみてください!

ブラック
シルエット 普通
コートの種類 チェスターコート

2位メルトンダッフルコート(グレー)

9,950

2位にはグレーのダッフルコートがランクイン。
ボトムスやインナーの色を気にせず着れて、一気におしゃれ感が増すのでおすすめです。フードやブラックのボタンがナイスアクセント。
手持ちのボトムスとあわせて見ても、かっこよく着こなせるはずですよ!

グレー
シルエット 普通
コートの種類 ダッフルーコート

3位メルトンPコート(ブラック)

6,500

定番中の定番アイテムであるPコート。
大人っぽさを演出しつつ、トレンドに流されないオシャレが魅力的なアイテム。NGファッションと言われている全身黒でもOK、白パンツとあわせるのもアリですよ!

ブラック
シルエット 普通
コートの種類 Pコート

4位メルトンチェスターコート(キャメル)

6,700

秋冬カラーのキャメルにボタンや裏地のブラックが上品で好印象。
カジュアルにキメるなら、薄めの青色のジーンズと合わせるがベストマッチ!ロング丈でいつもと違うスタイリングは、周りと差がつく一歩先行くジェントルマン。

キャメル
シルエット 普通
コートの種類 チェスターコート

5位メルトンウールステンカラーコート(グレー)

7,150

1着あれば、紳士的な正統派スタイルからカジュアルスタイルまで着こなせる、着回し抜群のコート
ボトムスやインナーを少し変えるだけで、印象をガラッと変えることができるのでコスパも良し!大切なデートに着てほしくなるような、女性心もくすぐる好印象コートです。

グレー
シルエット 普通
コートの種類 ステンカラーコート

6位メルトンウールステンカラーコート(ネイビー)

7,150

ネイビーのステンカラーコートは黒のパンツとの相性が抜群!
インナーは無難な白系のセーターでOK。手持ちのアイテムと合わせるだけで、ワンランク上のおしゃれさんに早変わりできますよ![/item]

ネイビー
シルエット 普通
コートの種類 ステンカラーコート

7位TC素材ストレッチツイルステンコート(ブラック)

5,500

さらっと着るだけで、大人の雰囲気を醸し出せるアイテム
TC(テトロンとコットン)素材は肌触りと質感が魅力的。長時間着ていても疲れ知らずの、楽でおしゃれなアイテムです!

ブラック
シルエット 普通
コートの種類 ステンカラーコート

8位タイプライタートレンチコート(テラコッタ)

12,850

珍しい色のトレンチコートも、落ち着いた色のボトムスと合わせれば一気におしゃれに。ボリュームがあるコートなので、Aラインコーデで周りとの差を付けられます!

テラコッタ
シルエット ゆったり
コートの種類 トレンチーコート

9位ウール混チェックダブルチェスターコート(ベージュ)

14,500

クラシカルなチェックのダブルチェスターコート。
落ち着いた印象を与えつつ、良い意味でゆったりと脱力感のあるおしゃれが楽しめます。そのまま羽織るも良し、パーカーと合わせて着るも良し!

ベージュ
シルエット 普通
コートの種類 チェスターコート

10位ワッフルチェスターコート(ブラウン)

11,800

素材にこだわったワッフルチェスターコート。
ナチュラルで綺麗なAラインをつくり、ビジネスでもカジュアルでも使える万能なアイテムです。首元に柄のマフラーやストールを巻くとさらにかっこよくオシャレに着こなせるでしょう。

ブラウン
シルエット タイト
コートの種類 ワッフルチェスターコート

ランキング 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
商品画像
商品名 メルトンチェスターコート(ブラック) メルトンダッフルコート(グレー) メルトンPコート(ブラック) メルトンチェスターコート(キャメル) メルトンウールステンカラーコート(グレー) メルトンウールステンカラーコート(ネイビー) TC素材ストレッチツイルステンコート(ブラック) タイプライタートレンチコート(テラコッタ) ウール混チェックダブルチェスターコート(ベージュ) ワッフルチェスターコート(ブラウン)
価格 ¥ 6,700 税込 ¥ 9,950 税込 ¥ 6,500 税込 ¥ 6,700 税込 ¥ 7,150 税込 ¥ 7,150 税込 ¥ 5,500 税込 ¥ 12,850 税込 ¥ 14,500 税込 ¥ 11,800 税込
ブラック グレー ブラック キャメル グレー ネイビー ブラック テラコッタ ベージュ ブラウン
シルエット 普通 普通 普通 普通 普通 普通 普通 ゆったり 普通 タイト
コートの種類 チェスターコート ダッフルコート Pコート チェスターコート ステンカラーコート ステンカラーコート ステンカラーコート トレンチコート チェスターコート チェスターコート
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

コートのメンテナンス方法とクリーニングの頻度について

メンズコートのメンテナンス方法

せっかくコートを買ったものの、メンテナンスを怠って1年でダメにしてしまった……では勿体ないですね。
ここではコートを綺麗に長持ちさせるメンテナンス方法を紹介します!

コートを着るときは「ストール」や「タートルネック」で首元が汚れない工夫を!

コート汚れの多くは、首周りのシミです。
特に黒以外のコートを着用する場合は汚れが付くと目立ちやすいため、インナーにタートルネックを着たり、ストールやマフラーを巻くように心がけましょう。

肌が直接コートに触れることが減れば、汚れる機会もぐっと減りますよ。

着用後はブラッシングをしてハンガーに!

1日コートを着たら、必ずクローゼットにしまう前にブラッシングをして外で付着した汚れやごみなどを落としましょう

ブラッシングをした後は、コートと肩幅があっている厚みのあるハンガーを使用して収納してください。
金属製ハンガーよりも吸湿、防臭性の高い木製のものを選ぶとなお良いです。

「クリーニング」に出す頻度は年に2回がベスト

コートは洗濯機で洗うことができないので、クリーニングに出して清潔な状態を保ちましょう。
頻度としては、オフシーズンに1回、オンシーズンに1回(中間)出すのが良いでしょう。

クリーニング代金は800円~3,000円ほど。

まとめ:メンズコートでワンランク上のオシャレを

メンズコートにまとめ

一見難しそうに見えるメンズのコートですが、選び方さえ知っていれば自分に合うアイテムが簡単に選べます

今回紹介した「コートの種類」「コートの色」「コートのシルエット」を参考にして、選んでみてくださいね!