2018年の秋冬 トレンドを紹介【メンズ】

メンズファッションを楽しまれている皆さんにとって、気になるのは各シーズンのトレンドではないでしょうか。
今回は、多くの雑誌で取り上げられている注目の秋冬トレンドアウターや、選択するべき色・柄などを紹介していきたいと思います!

今季はボリュームアウターを狙え

今年の春夏は「ビックシルエット」や「オーバーサイズ」といったゆったりとしたシルエットのアイテムやラフな着こなしがトレンドとなりました。
秋冬アイテムも継続して着丈が長く、身幅にゆとりがあるものが多くのブランドから出ています!

ドロップショルダーチェックダブルチェスターコート(ブラック)

ドロップショルダーとは肩線が通常よりも腕の方に落ちているデザインで、ゆったりとした着用感が特徴です。
中に着ているプルパーカーもややオーバーサイズでとことんトップにボリューム感を持たせるのが今年流!
ここで注目していただきたいのが、パンツは細身タイプを合わせるということです!
Yラインを意識し全身のバランスには注意しましょう。

商品ページ

ポリエステルリップ×ボアリバーシブルジャケット(カーキ)

元々はミリタリーコートの取り外し可能なライナーだったものが、単独アウターになり、今では「ライナージャケット」という名称で出回っていることも多いこちらのブルゾン。
メンズファッションにおいてミリタリーアイテムはトレンドから定番に落ち着く事も多く、今流行りのミリタリーアイテムは長く使える事が予想されます◎
キルティングとボアのリバーシブルで、スタイリングに合わせ印象を変えられるのも魅力です。
ゆったりしたシルエットなので重ね着もしやすく、コーデの幅がグッと広がりそうですよね。

商品ページ

ポリタスラン切替ダウンジャケット(ベージュ)

昨年あたりから注目されている、街で着るアウトドアウェア
今季はダウンが多く発売されています。
タウンユースにピッタリなデザインがたくさん出ているのでチェックしておきましょう!

商品ページ

チェック柄は英国のトラッド(伝統)風スタイルを意識

今年のトレンド柄といえばチェック柄は外せません。
様々あるチェック柄の中でも注目は、ガンクラブや上品でシックな「グレンチェック」など、英国紳士調なクラシカルチェックが今年のトレンドです。

メルトンコーチジャケット(グレンチェック)

取り入れやすいチェックはズバリこれ!
モノトーンで合わせればチェック初心者でも使いやすく、今季のキーワードでもある「英国調」なムードを一気に高めてくれるおすすめアイテムです!

商品ページ

ウール混チェックダブルチェスターコート(ベージュ)

グレンチェックと並んで今年人気のガンクラブチェックを使用したチェスターコートは
シルエットも今年らしくオーバーにゆったりとした形に。
退廃的なムードが秋冬にピッタリですね。
カジュアルが好みならパーカーを合わせてカレッジミックスに、モードに挑戦したいという方はタートルネックなどを合わせて上品に着こなすのもオススメです。

商品ページ

グレンチェックストレッチバックシャーリングトラウザー(ブラウン)

王道の白ニットにトラディショナルなパンツがコーデのアクセントになります。
チェックでもグレンチェック柄なら可愛らしくなりすぎず、シックな大人の雰囲気を演出してくれます。

商品ページ

ベイクドカラーを取り入れよう

ベイクドカラーとは、「くすんだ色合い」「スモーキーな色合い」を指します。

トレンドに関わらず一般的に、彩度が高く鮮やかな色は春夏カラー、逆に彩度が低く暗めのカラーは秋冬カラーと言われます。
このような大まかな分類から、年ごとにトレンドカラーは変動しますが、今年は彩度の低い有彩色のくすみカラーが男女問わずトレンドとされています◎

モールクルーネックニット(グレー)

温かみの感じられるモールニットは明るすぎないくすみカラーで秋冬コーデの差し色に!
トップスに少し赤みを感じられるカラーを持ってくる事で、顔回りに血色感をもたらし、明るい印象を与えてくれます。

商品ページ

ブークレフリース長袖クルーネック(カーキ)

スモーキーな色合いが、柔らかい印象を与えてくれます。
自然と合ったカラーを取り入れることで、季節感あるコーディネートが完成します。
秋冬はカーキ、ブラウンなどが◎

商品ページ

色物に抵抗がありファッションに取り入れることを控えていた方でも、ベイクドカラーなら挑戦できるはずです。
色柄アイテムを程よく取り入れて、コーデの幅を広げるともっとファッションが楽しくなりますよ!

クリスマス、年越し、バレンタインなどの様々なイベントが待っているこの時期から、
トレンドを取り入れたコーデで楽しく過ごしてください♪