「B系ファッション」ってどんなファッション?

view290

B系ファッションとは、黒人たちがするようなダボッとした印象のファッションのことです。年齢的には、10代~20代ぐらいまでの若い男性のためのファッションとなっています。

B系ファッションについて

B系ファッションとは、簡単にいうと黒人さんがしているようなファッションを指します。元々、アメリカのニューヨークで発祥したB系ファッションは、日本においても高い人気を持っていました。ダボッとした感じの服装が印象的ですが、それは黒人の子供たちの多くがお兄さんのおさがりを着ていたことから来ています。つまり、新しい服を買うお金がないことが原因でした。ところが、そうしたファッションが周囲から見るとカッコよく映ったようです。また、彼らはラップ音楽やヒップホップダンスなどを生み出していきました。そこで、各ブランドも彼らの着るようなファッションを取り扱い、ラルフローレンやティンバーランドなどではB系ファッションのファッションアイテムがよい売れ行きを見せました。

B系ファッションの特徴とは?

B系ファッションの特徴は、ダボッとした感じのサイズの大きな洋服をルーズに着こなすスタイルであることです。レゲエやヒップホップなどの音楽シーンを思い出せばどんな雰囲気か分かります。このB系ファッションは、彼らの作ったヒップホップ文化と共に日本に伝わってきており、日本人の若者たちの中にもそのファッションの愛用者が出ました。現在でも、派手な雰囲気のメンズアクセサリーや腰に引っかけたようなパンツなどの独特の着こなしが人気です。特に、原宿や六本木を歩いている外人たちには、B系ファッションで固めている人も見られます。

B系ファッションの魅力とは?

B系ファッションの魅力といえば、ダボッとしたサイズ感でゆったりしていることが挙げられます。つまり、リラックスして着られるのが嬉しいところです。また、ちょっと太めな体型の男性にも、B系ファッションならお洒落に着こなしやすいという魅力があります。たとえば、腰の下まで裾があるような大きなサイズのTシャツやダボダボの太めなジーンズをコーデすることで、太めな男性でも素敵なファッションに見せることができます。また、首にはパーツの大きなメンズネックレスをするのもB系ファッションらしくなります。メンズネックレスは、シルバーやゴールドなどのチャラチャラしたものにしてみてください。或いは、メンズネックレスのカラーに似たタイプの腕時計をすることでもB系らしさを出すことができます。