ヘッドホンのおすすめ人気ランキング10選【正しい付け方や耳が痛い時の対処法も紹介】

売れ筋の人気ヘッドホン10商品を徹底的に比較しました!

音楽を楽しむだけでなく、勉強や仕事中にも使うことが多いヘッドホン。
最近では、ゲーム用やスタジオモニター用、DJ用などさまざまな用途の商品が販売されています。

SONYやBOSE、SENNHEISERなどのメーカー名は知っていても、いざヘッドホンを購入しようと思うと、機能が多すぎて選び方がわからないという方は多いでしょう。
機能だけではなく、付け心地や見た目も気になりますよね。

そこで今回は、ヘッドホンの選び方からおすすめ商品まで詳しくご紹介します。
機能やデザインなどに注目して、お気に入りの商品を見つけてくださいね。
自分に合ったヘッドホンを見つけて、生活の質をワンランクアップさせましょう。

ヘッドホンの選び方

最近のヘッドホンには多くの機能が搭載されています。
使うシーンや使い方によって便利な機能も異なり、選ぶ基準が難しいと感じる方も多いと思います。

そこで、自分に合ったヘッドホンを見つけるための基準を5つにまとめてみました。
選び方のポイントをおさえて使いやすく、クオリティの高いヘッドホンを見つけましょう。

【ハウジングで選ぶ】使うシーンに合わせて

ハウジングという単語を初めて聞いた方もいるかもしれません。
ヘッドホンの耳を覆うイヤーカップのことをハウジングといい、「オープン型」と「クローズド型」の2つに分けられます。

音質に影響するだけでなく、デザインにも関わる重要なパーツなので、どちらが自分に合うのかしっかりと見極めましょう。

長時間使うなら「オープン型」


参照:Amazon

オープン型はハウジングが密閉されておらず、空気が出入りする構造になっています。
耳に圧迫感を与えることがないため、長時間使っていても聞き疲れしにくいのがメリット
音がこもらないため、高音はクリアに聞こえますが、低音はやや弱くなる傾向があります。

音漏れする可能性があるため、バスや電車に乗車しているときには不向きですが、自室で長時間音楽を楽しみたいという方におすすめです。

静かな環境で使うなら「クローズド型」


参照:Amazon

クローズド型は、遮音性に優れていて、外部の音もカットしやすくなっています。
オープン型とは反対に、音がこもりやすいですが、力強い低音が響きます

耳に圧迫感を感じる可能性があり、長時間の使用には不向きですが、集中して音楽を楽しむことができます。
野外や静かな環境、音楽モニター用などで使うのにおすすめです。

【イヤーパッドの種類で選ぶ】安定感や好みに合わせて

イヤーパッドとは、直接耳に触れる部分についているクッションのことを指します。
「アラウンドイヤー型」と「オンイヤー型」があり、付けた時の安定感や耳へのストレスに関わるため、必ずチェックしておくべきポイントです。

安定感重視なら「アラウンドイヤー型」


参照:Amazon

アラウンドイヤー型は、耳全体を覆うタイプのイヤーパッドなので、耳にしっかりフィットします。
ズレにくく、密閉性も優れているので、音楽に没頭することができます。

装着感の軽さ重視なら「オンイヤー型」


参照:Amazon

オンイヤー型は、耳の上に乗せて装着するタイプのイヤーパッドです。
耳全体を覆うことがないため、装着感が軽く長時間付けていても疲れにくくなっています

また、軽量のものが多いので持ち運びにも適しています。
収納スペースをなるべく大きく取りたくない場合には、オンイヤー型がおすすめです。

【接続方式で選ぶ】使い方に合わせて

ヘッドホンの接続方式は、「有線タイプ」と「無線タイプ」に分かれます。
それぞれの特徴を比較して、自分の使い方に合ったタイプの商品を選びましょう。

音質にこだわるなら「有線タイプ」


参照:Amazon

有線タイプの商品は、音質が良くバッテリー切れの心配をしなくていいのがポイントです。
映像を見ながら音を聞く必要があるときには、音がズレることが少ない有線タイプが使いやすいでしょう。

ただ、コードがあるため、外出先などでは煩わしく感じる可能性があります。
有線タイプを選ぶのであれば、長さも確認して購入するのがおすすめです。

持ち運びやすさを重視するなら「無線タイプ」


参照:Amazon

無線タイプは主に、Bluetoothなどを使ってコードレスで音楽を聞くことができるタイプです。
コードがないため、煩わしさを感じることがなく、屋外で使うのに適しています

しかし、音と映像がズレる可能性があり、ストレスを感じるかもしれません。
また、外出先で充電が切れないように注意する必要もありますよ。

【機能で選ぶ】音の楽しみ方に合わせて

ヘッドホンには、音質や遮音性などに関わる機能が搭載されています。
音を聞くときの譲れないポイントが何かを考えて、自分に合った商品を選びましょう。

集中したいなら「ノイズキャンセリング機能」


参照:Amazon

ノイズキャンセリング機能とは、周囲の騒音を特別な音波で相殺して雑音を少なくしてくれる機能です。
作業に集中したいときや静かな場所で使うのに適しています。

音質にこだわるなら「ハイレゾ再生」


参照:Amazon

ハイレゾとはハイ・レゾリューション・オーディオ の略で、CDには入らないほどの情報量をもった音源のことです。

この音源に対応しているヘッドホンは音の解像度が高く、細かな音の表現もクリアに聞くことができます
しかし、デバイスの方でもハイレゾに対応している必要があるため注意が必要です。

【連続再生時間で選ぶ】使う時間の長さに合わせて


参照:Amazon

無線タイプのヘッドホンの場合は、充電の必要があるため連続再生時間をチェックしておくのも重要です。

一般的に、20時間程度の連続再生時間があれば十分と言われています。
これを参考に、自分の外出時間を考えてヘッドホンを選びましょう。

さらに、急速充電機能がついている商品であれば、バッテリー切れに気づいてからすぐに充電できるので便利ですよ。

ヘッドホンのおすすめ人気ランキング10選

ヘッドホンの選び方のポイントを理解したら、さっそく自分に合った商品を選んでいきましょう。
ここからは、ヘッドホンのおすすめランキング10選をご紹介していきます。

1位

高いノイズキャンセリング機能と高音質技術が特徴!有線接続も可能

音質技術が高いことでも有名なSONYのヘッドホンです。
無線タイプですが、ハイレゾ級の音質を楽しめるのがこの商品の魅力
40kHzまでの高域再生性能をもっていて、有線につないで再生することもできます。

ノイズキャンセリング機能は業界最高のクラスで、装着状態や環境を検出してノイズキャンセリングを最適化するのがポイント。
眼鏡の有無や装着中のズレを認識して、設定を変更してくれます。

連続再生時間は30時間で、急速充電機能も搭載されています。
10分充電するだけで5時間も再生することができるので、朝の忙しい時間に充電して使うこともできますよ。

ハウジング クローズド型
イヤーパッドの種類 アラウンドイヤー型
接続方式 無線、有線
機能 ノイズキャンセリング機能、ハイレゾ再生対応
連続再生時間 30時間

2位

ノイズキャンセリングが3モード切り替え可能!使いやすい多彩な機能付き

ドイツの有名音響メーカー、ゼンハイザーのヘッドホンです。
外音を遮断する「最大モード」、移動時に効果的な「風切り音低減モード」、耳に感じる圧迫感を軽減する「圧迫感低減モード」に切り替えられるのが最大の魅力

ヘッドバンドとイヤーパッドにはシープスキンが使われていて、付け心地にもこだわって作られています
スタイリッシュなデザインもファッションの雰囲気を崩しません。

折りたたむだけでオンオフの切り替えができ、ヘッドホンを外すと音楽が自動で止まります。
アプリでモード切り替えや設定変更ができるので、使い勝手のよさを重視する方におすすめです。

ハウジング クローズド型
イヤーパッドの種類 アラウンドイヤー型
接続方式 無線
機能 ノイズキャンセリング機能
連続再生時間 17時間

3位

Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥6,245
(2022/06/29 22:29:17時点 Amazon調べ-詳細)

軽量で負担が少ない!日常使いにぴったりな機能が満載

老舗の国内音響メーカー、オーディオテクニカのヘッドホンです。
167gというコンパクトなボディで体への負担が軽く、長時間使用する方におすすめです。
イヤーパッドを平らに折りたたむことができるので、かさ張らないのも嬉しいですよね。

ハウジングは薄型ですが、エアダクトや空気孔などが工夫された構造になっており、重低音もバランスよく響きます
マルチファンクションボタンで操作も簡単。

また、機器と繋がっていない状態が5分続くと自動で電源を落としてくれます。
カラーバリエーションは、ブラック、ブルー、カーキの3種類。
日常的な使いやすさとデザイン性の高さが魅力のヘッドホンです。

ハウジング クローズド型
イヤーパッドの種類 オンイヤー型
接続方式 無線
機能 オートパワーオフ機能
連続再生時間 70時間

4位

サウンドカスタマイズが楽しめる!スマホを取り出さずに簡単に操作が可能

小型ながら高音質で音楽が楽しめるのが特徴のソニーのヘッドホンです。
音場設定を変えることで違った雰囲気で音楽が楽しめ、RelaxやBass Boostなどのイコライザーカスタマイズで自分好みの音楽を作り上げることもできます

ハンズフリー通話にも対応していて、スマートフォンを取り出さなくても耳元で操作ができるのも嬉しいポイント。
音声アシスタント機能の起動も可能で、ワンタッチでBluetooth接続もできます。

薄型なイヤーパッドですが人間工学に基づいた立体縫製で快適に装着可能。
複数のシリコンリングが可動部のがたつきを軽減してくれるので、ズレにくく、静かに音楽を楽しむことができます

ハウジング クローズド型
イヤーパッドの種類 アラウンドイヤー型
接続方式 無線、有線
機能 ハイレゾ再生対応
連続再生時間 24時間

5位

ハイレゾ対応で広帯域再生が可能。遮音性も高く音がクリアに聞こえる

音質の高さに定評のあるパイオニアのヘッドホンです。
ハウジングがクローズド型でイヤーパッドがアラウンドイヤー型になっているので、遮音性が高く、音楽に没頭することができる商品です。

7Hz~50,000Hzという幅広い音域に対応していてハイレゾ再生できるので、クリアで再現度の高い音を聞くことができます。
音質も優れているため、モニター用に使うのもおすすめ。

ハウジング部分にもアルミが使われていて、スタイリッシュなデザインも人気があります。
有線タイプの商品なので、充電を気にせず使いたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

ハウジング クローズド型
イヤーパッドの種類 アラウンドイヤー型
接続方式 有線
機能 ハイレゾ再生対応
連続再生時間 -

6位

力強い重低音サウンドが特徴。外部刺激にも強く、持ち運びに便利

JVCのXXシリーズはアメリカのストリートファッションをイメージして作られたデザインですが、シャープな印象を与えるデザインへと進化したのがこのヘッドホン。
スーツなどにもマッチするスタイリッシュな見た目がポイントです。

低音を増強するバスブーストモードは、オンオフも自由に切り替えられます。
ハウジングがオープン型、イヤーパッドがオンイヤー型なので長時間使っていても疲れにくい商品です。

また、ハウジングに沿って配置されたリングラバープロテクターが衝撃を緩和します。
イヤーパッドとヘッドパッドにはソフトレザーが使われているので、長時間の装着も快適。
無線でも有線でも使うことができるので、充電し忘れたときにも使えます。

ハウジング オープン型
イヤーパッドの種類 オンイヤー型
接続方式 無線、有線
機能 バスブーストモード
連続再生時間 40時間

7位

音圧バランスを調節して臨場感のあるサウンドに!ストレスフリーなイヤーパッドが◎

歴史ある国内オーディオブランドのデノンから販売されているヘッドホンです。
音圧バランスを調節するアコースティック・オプティマイザーとハイレゾ再生で臨場感のあるサウンドが楽しめます

50mmドライバーがしっかりとした低音と抜け感のある中音域を両立させています。
ハンガー部は2軸式ヒンジが採用されていて、持ち運ぶときににスペースをとりません。

また、イヤーパッドは耐久性の高い人工皮革と耳を優しく包み込むスポンジで、湿気をためないため、長時間快適に装着することができます。
付け心地を重視する方に向いているヘッドホンです。

ハウジング クローズド型
イヤーパッドの種類 アラウンドイヤー型
接続方式 有線
機能 ハイレゾ対応
連続再生時間 -

8位

ノイズキャンセリングは11段階設定可能。遮音性が高く、音楽に没頭したい方におすすめ

世界的な音響メーカーのBOSEのヘッドホンは、ノイズキャンセリングを周囲の環境に合わせて設定できます
周囲に注意を払いたいときにはレベルを下げて対応でき、完全な遮音も可能。

また、ボイスピックアップ性能も優れているので、通話するときには相手の声がクリアに聞こえます
在宅勤務などで使うのにもおすすめです。

イヤーカバーをタップしたり、スワイプすることで、音楽の再生や通話に切り替えることができるので、スマートフォンを取り出さずに使うこともできます。
日常的な使いやすさを重視している方におすすめしたい商品です。

ハウジング クローズド型
イヤーパッドの種類 アラウンドイヤー型
接続方式 無線
機能 ノイズキャンセリング機能
連続再生時間 20時間

9位

eスポーツ向けのゲーミングヘッドホン。バランスの良い音質とバツグンの安定感!

高音・中音・低音のバランスがよく、「聞こえにくい音」や「曖昧な音」がないため、ゲームに集中することができます。
音声も明瞭なので、コミュニケーションが取りやすいのも嬉しいポイントですよね。

周囲の雑音を遮断するノイズキャンセリングも備えているので、注意をそがれる心配はありません
262gと軽量タイプなので、長時間の装着にも適しています。

イヤークッションは通気性に優れていて、ソフトな質感になっているので、ヘッドセットの締め付け感を感じにくくなっています。
ゲームやeスポーツのためのヘッドホンを探している方におすすめの一品です。

ハウジング クローズド型
イヤーパッドの種類 アラウンドイヤー型
接続方式 有線
機能 ノイズキャンセリング機能
連続再生時間 -

10位

アプリで聴力を測定して理想のサウンドへ。低音の調節も可能

アメリカでヘッドホンブランドとして確立しているスカルキャンディーのワイヤレスヘッドホンです。
アプリと連動させて、聴力を測定することで理想的な音にカスタマイズしてくれます。

イヤーパッドについているスライダーで低音の調節ができるので、気分によって低音の響き方を変えることができる珍しい機能が搭載されています。
低音に連動して振動するので、ライブ会場にいるかのような臨場感が味わえます

バッテリーは最長40時間再生可能で、10分間の充電で4時間再生することもできるので、毎日充電する必要がありません。
自分にぴったりのサウンドを楽しみたいという方は検討してみてくださいね。

ハウジング クローズド型
イヤーパッドの種類 アラウンドイヤー型
接続方式 無線、有線
機能 パーソナルサウンド
連続再生時間 40時間

おすすめ人気ヘッドホン比較一覧表

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
商品画像
ハウジング クローズド型 クローズド型 クローズド型 クローズド型 クローズド型 オープン型 クローズド型 クローズド型 クローズド型 クローズド型
イヤーパッドの種類 アラウンドイヤー型 アラウンドイヤー型 オンイヤー型 アラウンドイヤー型 アラウンドイヤー型 オンイヤー型 アラウンドイヤー型 アラウンドイヤー型 アラウンドイヤー型 アラウンドイヤー型
接続方式 無線、有線 無線 無線 無線、有線 有線 無線、有線 有線 無線 有線 無線、有線
機能 ノイズキャンセリング機能、ハイレゾ再生対応 ノイズキャンセリング機能 オートパワーオフ機能 ハイレゾ再生対応 ハイレゾ再生対応 バスブーストモード ハイレゾ対応 ノイズキャンセリング機能 ノイズキャンセリング機能 パーソナルサウンド
連続再生時間 30時間 17時間 70時間 24時間 - 40時間 - 20時間 - 40時間
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

ヘッドホンの正しい付け方

ヘッドホンに優れた機能がついていても、ヘッドホンを正しくつけていなければ効果的に使うことはできません。
安定して高い音質を楽しむためにも、ヘッドホンの付け方を正しく理解しておきましょう。

ヘッドホンの基本的な装着方法と、痛みがある場合の対処法をご紹介します。

ヘッドホンの正しい付け方

参照:SONY公式サイト

まずは、ヘッドホンの左右をしっかり確認して装着しましょう。
ヘッドホンは全てそれぞれの耳に合うように作られているので、左右を間違えると音の出方がいつもと違ったり、耳に痛みを感じることがあります。

次に、イヤーパッドがズレずに安定するように調整しましょう。
アラウンドイヤー型はしっかり耳が覆われるように装着し、オンイヤー型は耳の中心にイヤーパッドの重心がくるように注意してください。

最後に、ヘッドバンドが頭の形に合うように付けます
耳に負担がかからないように、頭頂部にヘッドバンドの重みがかかるように装着しましょう。

ヘッドホンを付けると痛い場合には?


参照:SONY公式サイト

ヘッドホンを付けて痛みを感じる場合には、まずヘッドバンドを調整しましょう。
ヘッドホンの重みを支えるヘッドバンドの位置がズレていると、頭痛や疲れ、耳の痛みを感じることがあります

また、イヤーパッドの位置が合わない場合にも、耳が痛くなることがあります
イヤーパッドは一部に負担がかからないように、圧力が分散されるよう設計されています。
耳や耳の周りの一部に圧力がかかっていないか、確認してみてください。

もし、この2点を確認しても痛みが消えないようであれば、買い替えも検討する必要があります。
ヘッドホンを変えなくても、イヤーパッドだけを付け替えることができる商品もあります。

購入するときには、自分の耳にしっかりフィットするかどうか、試してみてから購入しましょう。

コンパクト財布なら、こちらもチェック!

ヘッドホンを付けて出かけるなら、荷物を減らして軽快に出かけたいですよね。
薄くて機能性の高いコンパクト財布を使って、軽やかに出かけましょう。
コンパクト財布のおすすめランキングはこちらをチェック!

【メンズ】コンパクト財布のおすすめ人気ランキング15選【使いやすさ&機能性を兼ね備えた財布はコレ!】続きを読む»

まとめ

今回はヘッドホンの選び方と、おすすめ人気ランキングをご紹介しました。
ハウジングやイヤーパッドの種類、接続方法などを確認して、自分にぴったり合ったヘッドホンを見つけましょう

また、頭や耳を痛めないように、ヘッドホンは必ず正しい方法で付けてください。
お気に入りのヘッドホンで快適なサウンドライフを送りましょう。