洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

誰もが愛する「お母さんキャラ」のあの子が付き合いたいのは誠実そうなそこのあなたです【トイアンナの男子改造計画】

view1,764

こんにちは、トイアンナです。「お母さんキャラ」と言われて想像できる女性はいますか? 「お母さんキャラ」とは飲み会でせっせと取り分ける、潰れた友達を介抱する、男女問わずみんなから相談を受けているなど、頼られるポジションで定着している女性です。

普通の友達であれば見返りを期待されそうなこと……たとえばお弁当を友達の分もついでに料理してくれたり、旅行の宿やご飯まで手配してくれたりするお母さんキャラ。まさに「こんな女性と結婚したい」と夢見るパートナー候補でしょう。

ところが、です。実際にお母さんキャラの女性から伺うのは「まともな男性に出会えない」という悩み。お母さんキャラは男運が悪くなりがちです。

 

この世には恋人にだけグズグズに依存する人もいる

「親しき中にも礼儀あり」と言われるように、友人に何かしてもらったらお礼を考える方は多いでしょう。「この前奢ってもらったし今回は払うよ」「みんなに誕生日プレゼントをもらったから、今度の誕生日に何かあげよう」といったギブ・アンド・テイクで人間関係は成り立っています。

しかし、こう考えない人もいます。特に「友達との貸し借りは返すけど、恋人には100%甘えてしまう」人は男女問わず少なくありません。甘えられるから恋人関係なんだ、ギブ・アンド・テイクなんて他人行儀だ……というわけです。

ただ、「にゃ〜〜ん♡」といってすり寄ったり、ハグしまくったりするのは無問題です。TPOだけ考えてもらえれば。問題になる100%のグズグズ依存とは「恋人だからこんな自分も許してくれるよね?」と相手へ暴力を振るったり、お金を奪ったり、モラハラすることです。

筆者はいくら恋人でも他人同士なんだからグズグズに依存しちゃいけないよ、と思っていますし、DV男がいたら走って逃げます。しかし男性から依存されても許してしまうのがお母さんキャラ。もともと「しょうがないわね」と相手の弱さを受け入れてあげられるからこその「お母さんキャラ」なわけですから。

 

普通に付き合う、ただそれだけでいい

DVやモラハラの加害者にだって「こんなつもりじゃなかった」「精神科に通ってでも治したい」と考える方はいるでしょう。しかしもし、彼が更生の余地なきクズだったら? クズは「お母さんキャラの女さえ捕まえれば依存しても怒らないぞ」と存分に搾取します。

「こいつなら浮気しても許してくれると思った」
「1度お金を財布から抜いても怒らなかったからいいのかなって」
「泥酔して暴れても気にしてないと思ってた」

これらは、実際にお母さんキャラの女性が付き合った相手から聞き出したコメントです。う〜〜〜ん、クズをぐっつりコトコト煮込んだスープかな?

しかしながらクズを拒絶する能力が低めのお母さんキャラは、「1度なら許してあげようかな」「もう二度としちゃだめだよ」といった甘い対応で、相手を付けあがらせてしまいます。そうしてクズ相手に何年も使ってしまったり、結婚ハイシーズンを逃したりとロクな男性と付き合えないことも多いのです。ワガママ放題の女性がいい男を捕まえ、優しいお母さんキャラはクズを掴んでしまうなんてこの世はアンフェアだ!

と、叫ぶ必要はありません。あなたは男性です。ここにクズに出会いがちな最高の恋人候補がいます。あなたはどうすべきでしょうか?

「フツーに、誠実に告白して付き合う」
ただそれだけで、お母さんキャラの女性から愛される
のです。

 

お母さんキャラの女性は、あなたの周りにきっといる

「でもそんな女神みたいな女性、出会ったことないんだけど」と思うかもしれません。が、感覚ベースで申し上げますと30人に1人くらいの割合で、お母さんキャラの女性はいます。ただあまりにも彼女がお母さんに徹しているので、男性から恋愛対象として認知されにくいのです。

もしあなたが次に大きな飲み会へ行くチャンスがあったら、下座を確保してみましょう。潰れた人をトイレへ連れて行っているのは誰か? 場のお水が足りないからと席を立って注文しているのは? さっとワリカンを過不足なく計算してくれたのは? お母さんキャラが立っている女子ほど感謝を求めないので、こういう場面で黒子に徹し働いているものです。えっ、飲み会であからさまにサラダを取り分けてる女子がいる? それは付け焼刃の母性です、フェイクです。だって私も意識的にやりますもん、それ。

気遣いを呼吸のようにできる女性は、決して恩着せがましく動いたりしません。だからあなたの視界にいなかっただけかもしれない。下座でお母さんキャラの彼女に気付けたら、必要なのは勇気だけ。飲み会の終わりに「よければ今度、ランチでもどうですか」と声をかけてください。

誠実なあなたとお母さんキャラの女性が織姫と彦星のようにマッチングしますよう、銀河の向こうにあるアラサー惑星から遠くお祈りしております★

 

著者:トイアンナ (id:toianna)

外資系企業での女性を対象とした消費者リサーチや500人を超える相談実績から現在はライターとして独立。
恋愛、キャリアからエンディングまで幅広くアドバイスを行う。
 
ブログ「トイアンナのぐだぐだ」は最高月間50万PVを記録。『恋愛障害~どうして「普通」に愛されないのか?~』など著書多数。

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

トイアンナの男子改造計画カテゴリの人気記事

≫もっと見る