洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

若い子が好きなのは男だけにあらず! 5人に1人いる年下好き女性の正体【トイアンナの男子改造計画】

view10,024

こんにちは、トイアンナです。「男性は若い子が好き」「女性は年上が好き」というのは、もはや議論の余地がない前提かのように語られています。ところが最近、このテーゼが崩れています。2015年に婚姻届けを出したカップルのうち、5組に1組は妻が年上だったのです。

恋愛結婚が大多数となった21世紀現在、「何が何でも結婚したいから年下男性で妥協した」なんて女性は少ないでしょう。むしろ、好きになった相手が偶然年下だったから、それでもいいと判断した……と考えるのが自然です。今回は年下好き女性のリアルを探りつつ、これから気になる年上女性がいる男性向けに落とし方をご提案します。

 

年齢をまったく気にしない女性は少数派

まず「年齢を一切気にしない女性は少数派」という前提をがあります。愛さえあれば年齢なんてどうってことないじゃん? 女性の多くも最初はそう思っていますが、25歳ごろから「あれ、年齢って大切じゃない?」と考えるのです。

年上男性の魅力といえば、経済力と人生経験。高級レストランにドライブデート。軽井沢の宿で週末は一泊……なんてことができる若者はそういません。けれど結婚相手としてはどうでしょうか? たとえばあなたが50歳の女性とお付き合いしたとしましょう。女性も最初の1、2年は恋をすることができます。しかし3年目くらいで我に返るのです。「あれ、これから彼と結婚して子供を産んだら、成人するとき彼は70歳? もしかして、子離れしたらすぐに介護が待ってるの?」と。

前回記事でも、年上好きだった女性のほとんどは、どこかで目が覚めるとお伝えしました。年上カッコイイ!と思っていた女性たちも、アラサーへ向かうにつれ「むしろ同年代か年下のほうが、一生一緒にいられるんじゃない?」と気づくもの。実際、雑誌『CanCam』の調査ではアラサー女性の9割が年下男子を好きと答えています。

 

女性は、年下男子のどこへ惹かれているのか?

ではなぜ「年下」なのでしょうか? 実際に年下男性好きを公言するナツキさん(仮名)からお話を伺いました。

「前は、年齢とかどうでもいいって考えてました。人にとって重要なのは内面でしょって。それが昨年で三十路になりまして、初めて男の子の顔を見てかわいい、って思ったんです。その子は会社の後輩なんですけど、もうとにかく素直で、真っ白な歯で笑ってハイ!ハイ!って返事するのがいいなあ、かわいいなあ……って」

さらにもう一人、別の理由で年下男性の魅力に気づいたカナコさん(仮名)の事例もご紹介します。

「クラバー(=クラブで遊ぶ人)で、そのままホテルとかも結構あったんですよ。相手は年よりトークと顔っしょ、って思ってたんです。でもある日、アラフォーの人と寝まして。事後にシャワろうって立ち上がったら、もうヤツの背中が年寄り~って感じで。こう、くすんでて。それから年下が一気によくなりましたね。やっぱ若い子って肌が違うんですよ、肌が! いま19歳の子と付き合ってますけど、絶対手放したくない。結婚します。頑張ります(笑)」

このほかにもヒアリングしましたが年下男子に目覚めた女性たちのお話を伺うと、キュンときたポイントは「素直さ」「肌のツヤ」がツートップ。壮年男性へのヒアリングとあまり変わりません。

 

女性も若い子を堂々と求めるようになった

ここからは筆者の憶測ですが、男女問わずある程度成熟すると「自分より年下を育てたい」という願望を抱くのではないでしょうか。自分自身が成長している最中にあると、年下を育成しようなんて思えないはず。しかしアラサーになり、仕事や精神面でのコントロールができるようになったころ、若い子を好きになる余裕ができるのでしょう。

しかしこれまで、女性が若い男性を求めるのは「みっともない」ましてや、性欲の対象として若さを求めるのは論外といった風潮がありました。しかし現代になってようやく女性も「年下がいい」と言える時代になったのではないでしょうか

 

年上女性を落とすなら、素直・無垢アピールを忘れずに

というわけで、年上女性を落とすポイントは簡単。普段、年配男性が若い女性へキュンっと来ているしぐさを、性別だけ逆転してやればいいのです。要約すると「素直・無垢アピール」とでも言いましょうか。具体的には、年上女性があなたより持っている知識をふんだんに教えてもらい、感謝を述べましょう。時には手土産のお菓子などでお礼を伝えるのも好印象です。

逆にあまりしないほうがよいのは背伸びしすぎたふるまいです。背伸びをしているのはかわいらしいのですが「自分の方が男だからリードすべきだ」「俺のほうが物事を知っている」といった振る舞いは、成熟した女性にとって「そんなの、年上男でもうたくさん」なコンテンツです。無理して背伸びをするくらいなら、あなたの強みである年下っぷりをアピールしましょう。あなたの恋路、応援しています!

参照:
「年の差婚」の希望と現実:研究員の眼

※個人情報を保護するため、一部ヒアリング内容を編集しています。あらかじめご容赦ください。
こちらは原稿へ含めていただければ幸いです。

 

著者:トイアンナ (id:toianna)

外資系企業での女性を対象とした消費者リサーチや500人を超える相談実績から現在はライターとして独立。
恋愛、キャリアからエンディングまで幅広くアドバイスを行う。
 
ブログ「トイアンナのぐだぐだ」は最高月間50万PVを記録。『恋愛障害~どうして「普通」に愛されないのか?~』など著書多数。

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ