洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

【2017年夏メンズファッション】中学生・高校生のための夏アイテム&コーディネート指南

view5,868

夏は、長い休みもあるので、他の季節に比べて私服で出かけることが多い季節です。だからその分私服の数も多く必要なのですが、なかなかバリエーションを増やすのは難しいですよね。そこで今回は、「脱マンネリ」を目指しつつ学生らしい、夏のコーディネートについてお話しします。

目次

1.軽装になる夏、周りの男子と差をつけるために気をつけたいこととは?
2.中学生・高校生が押さえたい夏のメンズファッションのポイント!
2-1.【メンズファッションはシンプルが鉄則】お洒落なアイテムをワンポイントに!
2-2.【学生の夏の定番】今まで着ていた短パンや長ズボンを、クロップドパンツに変えてみる
2-3.【脱「子供っぽい」】中学生・高校生になったら「カラフル」を卒業しよう!
3.この夏着たいメンズファッションアイテム!
3-1.この時期の学生必須アイテム!「半袖Tシャツ」
3-2.もう少し背伸びしたいときは「半袖シャツ」
3-3.使い勝手バツグンの「五分袖・七分袖Tシャツ」
3-4.重ね着でワンランク上を目指すなら「五分袖・七分袖パーカー」
3-5.「クロップドパンツ」はこう選ぼう!
4.中学生・高校生向けのこの夏おすすめコーデ10選
5.夏はバッグやシューズにも気をつけなきゃいけないってホント?
6.まとめ

1.軽装になる夏、周りの男子と差をつけるために気をつけたいこととは?

最初にも申し上げたように、夏は私服がマンネリしがち。そもそもが軽装なので、他の季節のように「コート×アウター×インナーの組み合わせ」でのバリエーションを生み出しにくいからです。でもだからといって、重ね着ファッションを楽しめないわけではありません。

この時期は「ハンパ丈パーカー×Tシャツ」や「レイヤードアイテム」などが、Tシャツやシャツオンリー以外の選択肢と言えます。さらにボトムスに長ズボンやハーフパンツだけでなく、クロップドパンツなどのハンパ丈ボトムスを取り入れればさらに組み合わせが増加。それらのアイテムをうまく使いこなして、レジャーの季節である夏を乗り越えていきましょう!

2.中学生・高校生が押さえたい夏のメンズファッションのポイント!

さて、とはいえあまりファッションにお金をかけるわけにはいきませんよね。そこで、これだけ押さえておけば大丈夫!と言えるメンズファッションのポイントについて、お話ししていきます。

2-1.【メンズファッションはシンプルが鉄則】お洒落なアイテムをワンポイントに!

ついやりがちなのが、お洒落なアイテムを取り入れすぎて喧嘩してしまい、結局よくわからないコーディネートになってしまう、ということ。同系統のアイテムを入れればそれなりにまとまりはしますが、ちゃんと組み合わせは考えないと、服に着られてしまっているような垢抜けない印象になってしまいます。そこで、お洒落なアイテムはワンポイントとして取り入れ、他はシンプルなものを取り入れましょう。

例えば、こちらのボーダー柄Tシャツ。

商品ページ

モノトーン系で統一されたボーダーで落ち着いた雰囲気ながら、ドキリとさせるような男らしさを秘めたアイテムです。1枚で着るにしてもインナーにするにしても、コーディネートの鉄則である「柄×柄を避ける」のと同時に、できるだけ他の部分に目がいかないようなコーディネートにしたいですね。

商品ページ

そこで、こちらのコーディネートはいかがでしょうか。ボトムスをベージュ、シューズをホワイトと明るいカラーにまとめることで、トップスへの関心を一気に引き上げています。このように、際立たせたいアイテム以外のカラーでまとめる、というのはお手軽にできる法則です。

もう一つ例をご紹介します。

商品ページ

柄で構成されたサイのプリントが可愛いTシャツ。この可愛さは全面に押し出していきたいですよね。プリントTシャツだから他のアイテムは柄物でもいいのですが、できるだけTシャツを主役にしていきたいところです。

商品ページ

そこでやっぱり、他のアイテムはシンプルに仕上げましょう。こちらのコーディネートではデニムクロップドパンツとホワイトのスニーカーを使用しています。ぱっと目に入るプリントがかなり印象的ですよね。好みにハマる子相手だったら、「そのTシャツ可愛い!」って出会い頭に食いつかれるかも。

パーカーで個性を出すのもおすすめ。

商品ページ

例えばこちらのように裏地にこだわってみたり、背中部分にプリントが入っていたり、主役となりうるパーカーを選ぶのも◎。カラーや柄など遊び心を入れられるポイントはたくさんあるので、自分が「これだ!」と思うものが見つかりやすいですよ。

商品ページ

例えばこのパーカーを使うのであれば、こちらのようなコーディネートですっきりまとめましょう。色味が気になる時は、裾からインナーをチラ見せさせると一気に抜け感が出ます。こちらはデニムパンツを使ってますが、ホワイトのクロップドパンツなどもいいですね。

繰り返しとなりますが、お洒落なアイテムを引き立たせるためには他のアイテムをシンプルに。それを徹底すれば、この夏のコーディネートはバッチリです。

2-2.【学生の夏の定番】今まで着ていたハーフパンツや長ズボンを、クロップドパンツに変えてみる

定番である長ズボンと、やんちゃなスタイルを作れるハーフパンツ。今年の夏は第三の選択肢として、「クロップドパンツ」を取り入れてみませんか?

クロップドパンツとは、六分丈~七分丈ぐらいのパンツの総称です。これより長い、足首部分のみが見えるパンツのことは「アンクルパンツ」と呼ぶことが多いですが、その辺の定義は曖昧なので実際に見て判断した方がよさそうです。学生にオススメなのは、より若さが際立つ七分丈ほどのクロップドパンツです。一気に垢抜けた印象になりますよ。

アイテム例は「3-5.「クロップドパンツ」はこう選ぼう!」でご紹介するとして、ここではどんな雰囲気になるのか、少しだけコーディネートをお見せします。

商品ページ

濃い目のネイビーのデニムクロップドパンツであれば、比較的大人しめで落ち着いた印象に。トップスやシューズにホワイトを持ってくるとカラーのコントラストが印象的になります。これ自体を主役にすることは難しいかもしれませんが、「究極の普通」と言われている「ノームコア」スタイルなどではワンポイントに使えそうです。

商品ページ

ベージュカラーだと、明るく爽やかな印象に。幅が広めのアイテムだとまさに「夏」というイメージになります。また、こちらのような裾をめくると切り替えが出るようなアイテムは、コーディネートの幅が広がり、その日の気分で簡単に変えられるのでおすすめです。

商品ページ

柄物のクロップドパンツに挑戦してみるのもいいですね。足元に肌色が見えているので、長ズボンと比べてあまり「柄」が目立ちすぎません。こちらのような深めの色合いだとなおさら。シンプルな無地のTシャツと合わせてワイルドに攻めましょう!

なんとなく、長ズボンやハーフパンツと雰囲気が変わるのがわかりましたか?大人感も出つつ爽やかなクロップドパンツをぜひ取り入れてみてくださいね。

2-3.【脱「子供っぽい」】中学生・高校生になったら「カラフル」を卒業しよう!

さて、ここまでのコーディネート例でなんとなく「カラーが地味すぎる」思った人も多いのではないでしょうか。確かにホワイトやブラックなどのモノトーン系、カラーでもベージュなどのアースカラーやネイビー、インディゴなどの深めのアビスカラーをご紹介してきました。もちろんそれには理由があります。

大人コーデの第一歩は、「カラーをできるだけ控えめにすること」です。例えば定番のチェック柄一つをとっても、レッドのようなビビッドな色は裏地程度に留めておき、表はグレーなどのモノトーンカラーにしておく。それだけで一気に子どもっぽさがなくなります。

子どもっぽく感じさせるアイテムは、ハーフパンツやキャラクターのプリントだけではありません。このように柄やカラーにまで気を配ることが重要なのです。

3.この夏着たいメンズファッションアイテム!

ここからは、夏の定番アイテムの中から男子中学生・高校生にオススメのアイテムをピックアップしてご紹介いたします。

3-1.この時期の学生必須アイテム!「半袖Tシャツ」

サラッと着れてなにより涼しい!夏の定番アイテムが半袖のTシャツですが、シンプルながら色、生地、シルエット等々…非常に色々なテイストのものがあります。でも形やデザインによっては子供っぽくなってしまうので、慎重に選ぶようにしましょう。

例えば、定番のホワイトTシャツは生地にこだわってみて。

商品ページ

こちらのTシャツのような、コットン100%などの着心地がいいホワイトTシャツはワンランク上のコーデを作るのに最適。インナーとしても万能なアイテムなので、夏以外の時期も大活躍してくれます。これぐらいシンプルなデザインだと、ボトムスやシューズを選ばないのも嬉しいポイントです。

もう一つの定番、ボーダー柄も取り入れたいところ。

商品ページ

シンプルなボーダー柄もいいですが、こちらのようなデザイン性のあるものだと、よりオシャレさんに。ホワイト×ブラックがやはり王道ですが、この時期はホワイト×ネイビーやホワイト×ブルーを選ぶと、マリンコーデも楽しむことができます。無地のシャツやパーカーとの相性もバツグンです。

カッコいいロゴTシャツの鉄則は「シンプル」。

商品ページ

無地やボーダー柄のTシャツだとちょっと地味になりすぎちゃう・・・というときに便利なのがロゴTシャツ。英字のロゴはカッコいいですが、あまり主張しないものの方がすっきりと大人っぽくコーディネートをまとめられます。こだわりがない限り、このようなシンプルなものをチョイスしましょう。

濃淡が異なる糸で織りなす「杢カラー」は技ありアイテム。

商品ページ

無地は無地でも、こちらのような「杢カラー」のTシャツはひと味違った雰囲気を醸し出せるアイテムです。「杢カラー」とは細かく濃淡のついた糸を織り交ぜた糸で作られたカラーのこと。ただの無地と比べ、個性的な印象を与えてくれます。他をシンプルなアイテムにしても、地味になりすぎない点もポイントです。

お洒落なTシャツは、中学生・高校生の必須のアイテムと言えます。着ている分にもかなり楽なので、色々なカラー・形のTシャツを揃えておきたいですね。

3-2.もう少し背伸びしたいときは「半袖シャツ」

ただ、いくらテイストが豊富と言っても、トップスがTシャツだけではコーディネートがマンネリになってしまいますよね。そこで、オススメしたいのが半袖シャツです。サラッと羽織るだけでキレイめかつカジュアルな印象のコーディネートが完成しますよ。前を閉じて着ればさらにカッチリとした着こなしになるので、ちょっとお呼ばれした時にもオススメです。

定番はやっぱりホワイトのシャツですが、シンプルさの中にも遊び心が見えるものが吉。

商品ページ

単なるホワイトのシャツって普段の制服とあまり変わらない・・・っていう人も多いと思います。そんなときはこちらのような、遊び心溢れるシャツを選んでみましょう。例えば袖をめくったら柄が見えたり、ボタンが特徴的だったり。今は色んなタイプのホワイトシャツがあるので、自分好みのものがきっと見つかるはず!

流行を取り入れることも大事です。

商品ページ

実は今年の春夏のトレンドカラーは「ネイビー」や「インディゴ」などの深めの青みがかったカラー。コーディネートに取り入れやすいカラーなので、着ている人を多く見かけるはずです。デニムアイテムを利用している人が多いのですが、あえてシャツに使うという選択肢は持っていてもいいかもしれません。

ギンガムチェックのような可愛めアイテムも押さえておきましょう。

商品ページ

中学生・高校生のうちにマスターしておきたいのが「チェック柄」です。なぜなら、大人になるに連れて若干着づらくなっていき、コーディネートのしかたによっては「ダサい」という印象を持たれてしまいます。でも可愛さを気軽に演出できるチェック柄をみすみす見逃す手はありません。お洒落なアイテムを、今のうちに取り入れてくださいね。

3-3.使い勝手バツグンの「五分袖・七分袖Tシャツ」

半袖と比べ少し大人感の出る五分袖・七分袖Tシャツ。一枚で着ても、インナーとしてもハマる使い勝手のよさはこれからの季節に重宝すること間違いなしです。きっと会った女子を「ドキッ」とさせられるはず!

例えばブラックなんてどうでしょう。

商品ページ

しかもVネックであれば、首元がすっきりしてより男らしい雰囲気になります。「3-1.この時期の学生必須アイテム!「半袖Tシャツ」」でもご説明したように、杢カラーもより大人っぽさが出るカラー。モノトーン系であればボトムスも全く選ばずに、すぐコーディネートに取り入れることができます。

レイヤードTシャツも落ち着いた雰囲気が出ます。

商品ページ

レイヤードとは重ね着のこと。襟や裾から、下に着ているシャツをチラ見せさせるスタイルが定番になりつつあるのです。その中でもオーソドックスなのが、こちらのようなホワイト×ブラックの組み合わせ。非常にシンプルなのにオシャレ、というスタイルは、大人っぽいコーデにテッパンですよ。

オーソドックスなホワイトTシャツはやっぱり素材を選んでみて。

商品ページ

この時期にピッタリな生地といえば、コットンでできたスムース生地、吸水性に優れた麻・リネン生地など。見た目にも涼しく感じるこれらの素材は、夏のマストアイテムと言えそうです。肌触りのいい素材や吸水性のある素材は、冬場はインナーとして重宝するので、選ばない手はありません。他にも素材には本当にたくさんの種類があるので、自分好みのものを探してみてくださいね。

こちらでは、ちょっと大人っぽいコーディネートが出来るような形のものをご紹介しました。こんな形のアイテムが気になるのであれば、それはもう大人への第一歩です。でも背伸びしすぎて「着られてる感」を出してしまうのは禁物。自分に合ったスタイルをするのがカギですよ。

3-4.重ね着でワンランク上を目指すなら「五分袖・七分袖パーカー」

夏のファッションは一枚でシンプルなコーディネートになりがち。そこで注目したいのが、五分袖・七分袖のパーカーです。さらりと羽織れば、この時期の強い味方になってくれはず。もちろん素材は通気性のいい、暑さに負けてしまわないような生地のものを選んでくださいね。

例えば鹿の子編み素材であれば、夏でも快適です。

商品ページ

鹿の子編み素材とは、ニットの編み地のひとつ。布に隆起があるため肌に触れる面積が少なく、透かしが大きめに入っているので通気性もいい、という夏にピッタリの素材です。ネイビーなどの涼しいカラーを選べばより涼感が強調されます。夏に着ていても全く違和感がありませんよ。

商品ページ

やはり裏地にこだわったパーカーは、それだけで目を惹く万能アイテム。モノトーン系なので初心者でも挑戦しやすいですよね。綿混素材であればサラリとした着心地で、着ていて不快感も少なめ。冷房のきいた室内での防寒対策として持ち歩くのにもおすすめです。

商品ページ

シンプルなスタイルの半袖プルオーバーパーカーは、カジュアルでリラックスしたイメージに。ハーフパンツやトレンドの白パンツ、スウェットなど、合わせるボトム次第で色々な表情が出せますよ。パーカーはシャツに比べてやや厚手の生地になるので、綿混生地がオススメ。カモフラージュ柄はカジュアルでアクティブな印象になりますね。

3-5.「クロップドパンツ」はこう選ぼう!

夏のイメチェンに効果的なクロップドパンツ。選び方に迷っていたら、まずは自分が好んで履いているボトムスの素材と同じものをチョイスしてみましょう。今までしていたファッションと同じ感覚で履くことができますよ。

まずは、デニムのクロップドパンツ。

商品ページ

デニム素材の長ズボンは、見た目も暑苦しく実際暑い、と思って敬遠している人は多いはず。そんな人にこそぜひ試してほしいのがこちらのようなデニムのクロップドパンツです。様々なカラーのトップスにも合わせやすい上に、春~夏~秋まで長く履くことができます。クロップドパンツの入門編として、非常にオススメです。

素材で選ぶなら、綿混生地でサラッとした着心地のものを。

商品ページ

暑い夏の時期はなにより「涼しく着られる」アイテムが重宝しますね。こちらのような長さを調節できるアイテムは、その日の気分やコーディネートに合わせてアレンジが楽しめるのでさらに大活躍してくれます。今年の春夏のトレンドカラーであるネイビーも、ボトムスなら取り入れやすいですね。

トレンドのボトムスなら、こちらもオススメです。

商品ページ

こちらは正確に言えばクロップドパンツではないのですが、ハンパ丈パンツではあるので一緒にご紹介します。スラっとしたシルエットと、ゆったりした履き心地が共存しているトレンドアイテムがこの「ジョガーパンツ」。元々はスポーツウェア由来のアイテムで、「ジョガー」はジョギングのことを指します。裾やリブがゴムになっているのがジョガーパンツ最大のポイント。トレンドのアスレジャースタイル(スポーツミックスカジュアル)を取り入れなくても、ゆったりと履きやすいので暑い夏には重宝します。

4.中学生・高校生向けのこの夏おすすめコーデ10選

ここまで夏のオススメアイテムをご紹介してきました。涼しくてオシャレなアイテムはこの夏ぜひ取り入れてほしいものばかり。さて、ここからはオススメの全身コーディネート例をご紹介します。夏のお出かけの時に参考にもなると思いますので、ぜひ役立ててくださいね。

商品ページ

マリンテイストのアイテムで統一したコーディネートです。ボーダー柄のTシャツとベージュのクロップドパンツは相性がよく、カジュアルでとってもさわやかな印象になります。ボーダーのTシャツはホワイトやネイビーのボトムスとも合わせやすいですよ。ベージュのクロップドパンツも着回しの効くアイテム。涼しいとき、冷房がキツいときは上から半袖シャツやパーカーを羽織っても。

商品ページ

ロゴプリントTシャツとデニムパンツのコーディネート。シンプルなアイテムのコーディネートはバランス感が重要。お色味やスタイル、全体のシルエットなどに気を付けましょう。デニムパンツはストレッチの効いた生地なのでフィットして履き心地が良いですが、夏場は涼しげなクロップドパンツやハーフパンツを合わせるのも良いですね。

商品ページ

白のパンツが目を引く、夏らしいさわやかな色合いのコーディネートです。ネイビーの半袖シャツは白のパンツと相性バツグン。またはベージュのボトムなどにも合いますね。綿生地なので肌触りと着心地が良いのもポイントです。ここでは全体が明るめのカラーリングなので、インナーはグレーでまとめています。

商品ページ

ポップでカジュアルな印象のギンガムチェックの半袖シャツとアンクルパンツのコーディネートです。ここでは全体を同系色でまとめていますが、ギンガムチェックのシャツは白や黒のパンツともよく合いますよ。パンツは足元があくアンクルパンツ。柔らかくて通気性の良いコットンリネン生地は適度なシャリ感で夏にピッタリです。
また、ギンガムチェックは今年のトレンドにもなっています。ぜひ、取り入れやすいシャツアイテムから挑戦してみてください。

商品ページ

こちらは五分袖のTシャツとスキニーパンツのちょっと大人っぽいコーディネート。トップスのTシャツはシンプルなスタイルながらVネックで、杢カラーで五分袖というさり気ないオシャレ要素がぎっしり。綿混生地で着心地の良さと涼しいのもポイント。ボトムにはベージュのスキニーパンツを合わせました。ストレッチ入りでフィット感があります。トップス、ボトムス共に合わせやすく着回しの効くアイテムなので、オールシーズン着られると思いますよ。

商品ページ

先にご紹介したパーカーとクロップドパンツを使ったコーディネートです。単体でもマリンテイストの強かったパーカーですが、インナーとボトムスにホワイトとグレーを合わせて本格的なマリンコーデに仕上げています。足元はマリンスタイルの鉄板であるデッキシューズを合わせるのもオススメです。

商品ページ

こちらも先にご紹介したアイテムを使ったコーディネートです。チェック柄の裏地がポイントのレイヤード風パーカーに、クロップドパンツを合わせています。パーカーのディティールが凝っているので、ボトムスはシンプルにまとめるのがオススメ。シンプルなスタイルのものであれば、ブラックやカモフラージュ柄と合わせてみても面白いですよ。トップスがモノトーンカラーでまとまっているので、足元にもホワイトのスニーカーを合わせています。

商品ページ

グラデーションのようなボーダー柄がオシャレな半袖Tシャツと、デニムのクロップドパンツを使ったコーディネートです。スタイル自体はシンプルですが、Tシャツのデザイン性が高いのでこれだけでオシャレに決まります。シルバーのネックレスとブレスレットで、さり気なくコーデをワンランクアップしています。

商品ページ

こちらもマリンテイストが涼し気なコーディネート。とはいえ街中で着ていても違和感が全くない、爽やかなスタイルになっています。ホワイト×ネイビーのボーダー柄Tシャツは、シャツなどのライトアウターと合わせても爽やかにまとまりますよ。クロップドパンツの裾から覗いた裏地が、普通とは一味違ったスタイル作りに役立っています。

商品ページ

最後は、ホワイトのポロシャツ×ブラックのジョガーパンツという、カジュアルさとラフさのあわせ技コーディネートをご紹介します。一見相容れないアイテムのようにも見えますが、ポロシャツを絶妙にカジュアルダウンさせ、最後にホワイトのスニーカーでラフさを調整しています。涼しさもバツグンなので、機能的にもオススメのスタイルです。

5.夏はバッグやシューズにも気をつけなきゃいけないってホント?

コーディネートは服だけでは終わりません。最後の締めとして、バッグやシューズにも気をつけなければいけないのです。特に夏場はカラーや形によって、その日のコーディネートの季節感が左右されます。できるだけこの時期にあったものを見つけていきましょう。

商品ページ

トレンドも押さえつつ、涼しさを感じるのがこちらのようなインディゴカラーのリュック。大きいサイズのものであればあるほど、全体を占める割合が大きくなっていくので、カラーには気をつけていきたいところです。大容量だから、塾やアウトドアイベントでも大活躍してくれます。

商品ページ

形にこだわったのがこちらのバッグ。ちょっとしたお出かけにちょうどいいサイズかつ、両手が空くようなバッグはなかなか重宝します。ブラックというカラーですが、素材がそこまで暑苦しく感じさせない点もポイントです。

商品ページ

やはり夏はサンダルが一番楽ですよね。中でもスポーツサンダルは、歩きやすさも兼ね揃えた機能的にも大満足のアイテムです。こちらは底がホワイトになっていますが、このようなデザイン性の高いサンダルは一足持っていて損はありませんよ。

商品ページ

スニーカーなら、やはりこちらもネイビーなどの涼しげなカラーのものを。特にホワイトなどの明るいカラーのボトムスと相性がバツグンです。逆に濃い色のボトムスを履く時は、スニーカーにホワイトをチョイスするのもいいですね。

商品ページ

コーディネートにさりげない洒落感を持たせるのにうってつけなのがネックレス。シンプルなスタイルには、やはりこちらのようなシンプルなものが似合います。そしてこの時期には、涼感を感じさせるメタリックなネックレスをチョイスすることをおすすめします。

商品ページ

最後にご紹介するのは、ブレスレットです。こちらもメタリックなものでもいいのですが、あえてこちらのような涼し気なカラーのレザーアイテムを。カラーレザーは意外とさまざまなアイテムがあるので、「なんか今日のコーディネート寂しいな・・・」と感じたときに役立ってくれますよ。

6.まとめ

さまざまな夏のおすすめアイテムやコーディネートをご紹介しましたが、いかがでしたか?制服に慣れてしまうとファッションを考えるのが面倒になってしまうこともあるかと思いますが、コーディネートを楽しむための助けにしていただけると幸いです。

今回ご紹介したものは着回し力も高いものばかりで、暑い時期がすぎても使えるものも多くあります。ぜひ一年のトータルコーディネートも考えながら、洋服選びをしてみてくださいね。

夏服コーディネートに関する関連記事はこちら

↓夏服の着こなし術に関する情報はこちらの記事をご覧ください!
【永久保存版】2017年版!夏服のメンズファッションコーディネート術

2017年夏に流行の半袖・七分袖シャツ、Tシャツを使用した全身コーディネート

【2017年夏・メンズファッション】初夏~夏休みまでOK!高校生向けアイテム&コーディネート

2017年夏の合コンはこう攻める!流行のカッコイイアイテム&コーディネート

「子供っぽい」から卒業しよう!中学生男子にオススメの2017年夏流行のアイテム&コーディネート

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

【2017年・2018年】今年流行りのメンズファッション特集カテゴリの人気記事

≫もっと見る