「ペコスブーツ」ってどんなブーツ?

view32

ペコスブーツは、元々ペコス川付近で農作業用のブーツとして履かれていました。現在では、実用性だけでなくお洒落を楽しめるブーツの一つともされています。

ペコスブーツとは?

ペコスブーツといえば、アメリカのペコス川流域にある農場で履かれていたブーツのことを指します。元々は、農作業をするのに適したブーツとして作られました。また、「ペコス」というのは、実はレッドウイング社での商品名でしたが、その名称が現在では広く使われています。ペコスブーツは、アメカジスタイルを楽しめるアイテムの一つとして数えられることも多いです。素材には、ベロアやオイルドレザーなどが使われた半長靴のデザインとなっています。また、ハーフウェリントンブーツにも似た雰囲気があります。

ペコスブーツのサイズを選ぶ場合の注意点とは?

ペコスブーツを長く履き続けるには、最初にぴったりフィットしてくれるサイズのものを選べるかどうかが重要です。ペコスブーツを選ぶなら、できるだけ足の大きさにジャストフィットするものを選んでください。紐で締めるタイプのワークブーツなら、少し大きめのサイズでも履き続けられます。しかし、ペコスブーツはそういうわけにいきません。もし、サイズが一つ大きいと、ソックスが脱げやすくなってしまいます。レッドウイングやウエスコなどのブランドのペコスブーツを買う場合は、特にサイズに気を付けてください。できれば、靴下はハイソックス・タイプのものにした方が脱げにくくなります。ずり落ちないタイプのメンズ用ハイソックスも通販で売られていますから、そうしたものを購入するのも一つの方法です。

ペコスブーツの魅力とは?

ペコスブーツの魅力は、ワークブーツの中でも履きやすいブーツであることです。また、様々なファッションと好相性なので、けっこう人気があります。また、紐で締めるタイプのブーツのように、脱ぎ履きが面倒なこともありません。最も人気のあるペコスブーツのブランドといえば、やはりレッドウイングです。たとえば、クレープソールタイプのペコスブーツは、歩きやすくて重宝します。ファッションの面でも、ジーンズやワークパンツなどと素敵に組み合わせられます。どんなパンツスタイルともカッコよくマッチするので、一年中履き続けることも可能です。また、チぺワというブランドのペコスブーツも人気があります。チぺワのブーツは、価格がわりとリーズナブルなのも魅力です。