「ワークシャツ」ってどんなシャツ?

view388

ワークシャツは、両胸にポケットが付いているのが特徴となります。元々作業用として作られたシャツであるため、強度があって丈夫な素材を使って作られていることが多いです。

ワークシャツについて

作業をするための丈夫なシャツのことを、ワークシャツと呼びます。素材にはデニム地などがよく使われています。それは、丈夫な素材の方が助かるからです。だから、ダンガリーやシャンブレー生地がワークシャツの素材になることもあります。縫製の方も、二重にされていたりして丈夫なシャツとなるよう工夫されています。また、作業をしても汚れが目立たないような色のものが多いです。ウエスタンシャツやミリタリーシャツも、最初は作業をする時に着るシャツとして作られました。今では、ワークシャツの一種とされており、アレンジが加えられたものと認識されています。

ワークシャツのコーディネートとは?

ワークシャツの醍醐味は、着ると男らしい雰囲気を醸し出してくれることです。そして、少しタイトなボトムスと組み合わせるとピシッとした印象となります。ネイビーのワークシャツに、白いカットソーを組み合わせるのも素敵です。デートに着ていっても買い物をしながら街歩きしてもカッコよく決まるファッションスタイルとなります。また、ワークパンツと組み合わせるのも粋なコーディネートです。白いカットソーは男性の清潔感を漂わせることのできる必須アイテムですから、それにネイビーのワークシャツを組み合わせても素敵です。

どんなワークシャツが売れているか?

ディッキーズなどのブランド物のワークシャツが男性たちに人気のようです。ディッキーズは、1922年にアメリカのテキサス州で創立されたブランドです。ポパイやメンズノンノなどのメンズファッション誌にも多くそのファッションアイテムが掲載されています。また、芸能人にも深く愛されているブランドの一つです。ディッキーズのワークシャツは、カラーバリエーションが豊富であり、着心地も素晴らしいと定評があります。元々、作業着として作られたものであるため、機能的で丈夫なのもメリットとなっています。そのうえ、価格もけっこうリーズナブルですから、ぜひ一枚手に入れてみることをおすすめします。カッコいいワークシャツを購入したいなら、ネット通販でも安くてカラフルでカッコいいワークシャツが多く売られています。薄いグリーンやピンクのワークシャツを着て男性の可愛らしさをアピールするのもおすすめです。