「フォーマルファッション 」ってどんなファッション?

view51

フォーマルファッションとは、パーティーや冠婚葬祭などの改まった場所で着る礼装のことです。モーニングコートやタキシードなどがそれに当たります。一般的には結婚式などで着用することが多いです。

フォーマルファッションについて

フォーマルファッションといえば、冠婚葬祭などの時に着る礼装を指します。礼装は、日頃コーデするようなカジュアルファッションとは違います。改まった服装であり、黒や白、グレーなどが基調となっているのが特徴です。実は、フォーマルウェアには、正礼装、準礼装、略礼装の3つのタイプがあります。正礼装であれば、モーニングコートを着る格式の高い服装となります。準礼装なら、昼はディレクターズスーツを着たり、夜は黒のタキシードを着ることが多いです。また、略礼装であれば簡略された略礼装であり、黒いスーツに白いシャツを着て白のネクタイを締めるようなスタイルとなります。

フォーマルファッションの素敵な着こなしとは?

近頃の結婚式では、昔ながらのフォーマルウェアだけではなく、わりと自由なスタイルで来る人が多くなっています。たとえば、ダークカラーのスーツにグレーのネクタイといった服装で結婚式に来る若い男性たちもいます。昔は、結婚式といえば黒いスーツに白いネクタイで来るのが一般的でしたが、華やかなお祝いの席であるということで、もっとお洒落っぽいスタイルで来る人も増えています。ポケットチーフやネクタイの色などで、同じスーツ姿でも印象がだいぶ違ってきます。だから、自分でフォーマルウェアに少しアレンジを加えてお洒落で華やかな雰囲気を演出する男性も次第に増えています。

フォーマルファッションの魅力とは?

フォーマルファッションを着る時には、華やかさやキレイめな雰囲気が大切です。色はできるだけ黒に統一するのが基本ですが、スーツなどの胸元にちょっと華やかな色のポケットチーフを入れておくのもお洒落です。また、その折り方にもスクエアやスリーピークスなど様々な種類があります。だから、それを楽しんで用意するのもいいかもしれません。それに、カフスのデザインなども重要となります。カフスがどんなデザインのものであるかによって、地味なシャツでもお洒落な雰囲気に見せることが出来ます。ネクタイの締め方にも様々なものがありますから、ぜひ華やかでキレイめな感じを目指してみてください。フォーマルファッションでは、全体的なコーディネートも非常に大切となります。