夏にピッタリなはおりもの「七分袖カーディガン」を着こなしてモテよう

view168

梅雨も明けましたね。
日本の夏は過酷です。

外に出たら30度超え、しかもアスファルトに放射されてる日光のおかげで、体感温度は恐らく35度超え。
一歩建物内に入ると、こ れでもかと冷房をきかせているので、体感温度は20度くらい。
さて、オシャレメンズがこの温度差15度に対応するには、どうしたらいいのでしょうか。

そこで便利なのが「はおりもの」です。
しかし外は30度、そんな暑い中重ね着なんてできるか!というあなたのお気持ちもわかります。
そこで便利なアイテム「七分袖カーディガン」を提案させていただきます。

七分袖って・・・どう着るの?

春や秋に着る「手首まですっぽり隠してくれるカーディガン」より涼しいこのアイテム、涼しいだけでなく「見た目がすっきり見える」お得なアイテムなのです。

例えばこの画像をご覧ください。秋冬にありがたいアイテム・おなじみの十分袖カーディガンです。

商品ページ

確かに綺麗目だし暖かそうなのですが、この時期には少し暑いなと思いませんか?
こちらには秋冬に活躍していただくことにして、今時期にピッタリなはおりものを探しましょう。

3首を 出すとスタイルがよく見える錯覚を利用しよう

3首、という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。改めて説明しますと「手首、足首、首」の3カ所のことです。
どんなにふっくらした体型の方でも、この3つに他の箇所よりお肉がついていることは稀、と言われています。
お相撲さんでも、手首や足首はきゅっと引き締まっていますよね?
その「他に比べて細い箇所」を強調させるのが、七分袖カーディガンです。

最初に買うのは、定番の黒か紺!

形もボタンも素材も、奇をてらったものではない「普通で無難なもの」から揃えるのをおすすめします。
なぜかというと、お手持ちのTシャツ等と合わせやすいからです。
癖があるデザインや色のものだと、合わせづらいので す。
お洋服を購入するときは「手持ちの服と合わせて3通りの着こなしが思いつく」、無難なアイテムをまずは揃えましょう。
例えばこちらの黒カーディガン、無難ながら凝った作りとなっております。

商品ページ

よく見ると襟元が普通のカーディガンの形ではなく、ジャケットのように襟がついています。
軽いジャケット感覚で着ることができます。
中にお手持ちの「白いTシャツ」や、写真のように「ボーダーTシャツ」を着れば、爽やかスタイリングの一丁上がりです。

中にこんなTシャツを合わせてもかっこいいよ!

ちょっとそれでは寂しい…と思った方は、こんな感じの「カラフルなボーダーTシャツ」を合わせても、カーディガンが定番のデザインなのでスッキリ着られます。

商品ページ

 

著者:ココ (id:cocoquet)

人事系会社員として、日々上司や同僚がオシャレになることを夢見ている、イケオジ好き。
ブログ「ココクロニクル」では女性のファッションや元秘書経験を生かした記事を書き、3年で最高月間5万PVを記録。

【2018年】メンズファッションプラスの夏服コーデ特集カテゴリの人気記事

≫もっと見る