「サマースーツ」ってどんなスーツ?

view48

サマースーツとは、夏用に作られているスーツのことです。過去には、麻などの素材でこのサマースーツが作られてきました。現在では、クールウールといわれる素材を使って作られていることが多いです。

サマースーツとは?

サマースーツといえば、夏に着るために作られているスーツのことを指します。このサマースーツの素材は、クールウールなどです。また、涼しくするために麻などの素材が使われていることもあります。それに、盛夏用に作られているサマースーツには裏地がないことが多いです。もし、寒い季節にこの盛夏用のスーツを着てしまった場合は、ジャケットを脱がない方が周囲にばれにくいです。仕事で大切な取引先の相手と会うような時でも、どんなスーツを着ているかによって第一印象が決まってきます。できれば、体にぴったりとジャストフィットしたベーシックな色のサマースーツを着る方が、夏にも印象が良くなります。

サマースーツの背抜きや半裏について

冷房費などを節約するためには、涼しいサマースーツをぜひ活躍させたいものです。しかし、本当はスーツに夏服というものは存在しません。だから、メーカーやお店のスタッフたちが敢えて夏服であるとしてサマースーツを売っているだけです。それは、実は春秋用とされていたスーツを、夏用と言い方を変えただけの場合もあります。また、サマースーツには「背抜き」や「半裏」と呼ばれる裏地を使っていることが多いです。背中の部分の下の方の裏地を除いたのが背抜きとなります。また、それに加えて脇の下から裾の方までの裏地も除いたのが半裏と呼ばれています。こうした裏地の作り方は、日本人特有なものだそうで外人は背抜きなどのスーツを作ることはないそうです。

サマースーツの魅力とは?

サマースーツの魅力といえば、やはり普通のスーツよりも涼しく感じられることです。サマースーツといえば、裏地を背抜きや半裏にしたデザインのものが多いですが、元々スーツは総裏が普通です。そのため、裏地を取り除くとシワになりやすくなったり、型崩れしやすくなってしまうことがあります。現在では、裏地の素材にも吸湿性がよくて涼しいタイプのものが出てきていますから、そうした素材を使って総裏仕様のサマースーツをオーダーする人も増えているようです。何しろ、裏地がないとインナーに着ているシャツが何かの拍子に透けて見えてしまうこともありますから要注意です。しかし、背抜きや半裏のデザインが日本ではサマースーツの特徴にもなっていますから、そうしたサマースーツも多いです。