春アウターで簡単オシャレ!おすすめコーデ集と注意点

春ファッションを1段階オシャレに楽しみたい!
そんなときには春アウターを使うのがとっても効果的です。

時々肌寒い日があるこの季節に丁度よいですし、秋に着回すこともできます。

早速ですが、具体的なコーデをチェックして楽しく春を迎える準備をしましょう!

YouTubeでも「#春アウター」の解説動画をご用意しました!

おすすめ春アウターコーデ集

アウターの長さで、ロング丈とショート丈にだいたい分けて紹介します!

ロング丈コーデ

2WAYコートを使った春のシンプルコーデ

17,450

フードが着脱できる2wayなコートのフードを取って少し大人っぽく使ったコーデ。
その他はジーンズ・白トレーナー・白スニーカーと恐ろしく基本的なアイテムでできています。
なのにコートを取り入れるだけでそれっぽくなるものです。
春アウターすごい。

2WAYコートを使った春の大人カジュアルコーデ

22,930

上と同じ2WAYなコートをフードを付けて使っています。
チェックのトラウザーパンツ、靴もチロリアンシューズを合わせて大人っぽい方向に。
そんな大人っぽい雰囲気で、アウターのフードがさらにオシャレに映えますね。

2WAYコートを使ったシャツコーデ

19,250

フードを付けてアウターをカジュアル寄りに使ったコーデ。
シャツコーデといえば春の超定番ですが、コートで一段階レベルアップしています。

春の定番グレーパーカー+春チェスターなコーデ

18,250

誰もが着たことのあるグレーパーカーを白Tの上に羽織るやつ!
あれにチェスターコートを足してあげるだけで、なんだか急にオシャレさんになります。
チェスターコートすごい。

春チェスターコートの落ち着き大人コーデ

23,500

シャツ、ニット、アウター、靴はレザー系という分かりやすい落ち着いたコーデです。
デニムパンツも濃い色なので誰でも気兼ねなくできるファッションになっています。

カーキ色パンツ×黒シューズでシュッと見せる超シンプルステンコートコーデ

16,000

パット見とてもオシャレですが、アウターとマフラー以外は「白いトレーナー、カーキ色パンツと靴」なんですよね。
パンツとシューズを暗めの色で統一することで、足を長くシュッと見せる効果も期待できますよ!

ロングコーチジャケットと白パーカーのカジュアルオシャレコーデ

21,350

白のパーカー持っていませんか?
明るく春コーデにぴったりです。
コートから出たフード部分ってとってもオシャレに見えます。
最近流行りの組み合わせです。

ショート丈コーデ

デニムショート丈アウターのスポーツMIXコーデ

22,150

今話題のスポーツMIXなコーデ。
ジャージ素材のパンツがショート丈のアウターとよくマッチしています。
明るいデニムの色も春らしいですね。

トレンドなミントカラーのスウェット×ドリズラージャケットコーデ

24,850

ドリズラージャケットはもともとゴルフ用アウターとして使われている形のアイテムですが、昨年あたりから注目度が急上昇しています。
ミントカラーは2018年にレディース向けでトレンドだった色ですが、"メンズに少し遅れて取り入れられる法則"で今年注目されています。

おなじみMA-1のシンプルコーデ

18,900

もうお馴染みなMA-1ですが、やっぱり使いやすい!
シンプルに白い長袖Tシャツと合わせた簡単コーデでも十分楽しめます。
アーガイル柄ソックスのチラ見えもポイント高いですね。

ショートな黒コーチジャケットのシンプルコーデ

13,650

ショート丈のスッキリしたコーチジャケットに、超基本的なアイテムを組み合わせたコーデ。
ジャケット以外は、誰もが持っているアイテムで構成されています。
ショート丈だと黒いジャケットでも春コーデとしてある程度成り立ってくれますね。

明るめカラーを入れた春のオシャレコーデ

18,300

一つ上と同じショート丈な黒コーチジャケットを使ったコーデです。
少し紫がかった色をしたニットが明るい雰囲気を出してくれています。
インナーなど比較的安いアイテムで春色を取り入れてあげると、お手軽にコーデの春度をUPすることができますよ。

春アウターコーデのポイント

具体的なコーデを見てイメージが湧いてきましたか?
ここからは、春のファッションにアウターを取り入れる際の注意点をまとめます。

ロング丈は太ももまでだと初心者も安心

ロング丈はオシャレで魅力的ですが、慣れていないなら太ももくらいの長さに抑えましょう。
膝にかかってしまうと、コーデが難しくなってきます。

ベージュ×ブルーの春アウターコーデ

17,450

この写真のように、太ももの真ん中くらいだとかなり合わせやすいです。
膝にかかり始めると、独特の「ファッションこだわっています!」感が強くなってきます。
オシャレ上級者でない場合、このくらいの丈のものを選んでおいたほうがタンスの肥やしになることが少ないハズ。

もちろん上手にできればロング丈はとってもオシャレです。
が、膝丈のロング丈は人によって向き不向きが強く出てしまいますし、別に太もも丈でも十分オシャレにできます。

「オシャレしたいけど、服にそんな詳しくない!」

という方は、太ももあたりで留めるようにしてください。

春らしい明るい色を少しは入れる

春アウターコーデに限らず、春コーデ全般に言えることです。

明るい色を入れてあげると、春らしい素敵なコーデになります。
一番簡単なのは、アウターやパンツを明るくしてあげること。
単純に表面積が大きいので、一気にコーデが明るくなります。

それが難しいのならば、インナーなど単価が安い部位を明るく変えてあげましょう。

具体的な色ですが、ちょっとくすんだ感じの色なら敷居が低くて取り入れやすいハズ。

「春だからピンクじゃなきゃ!」
とかそういうことはありません。確かにピンクを入れると春っぽさがグンと上がりはしますが。
できる範囲で良いので、明るい色を取り入れてあげるようにしてください。

ロング丈は明るめの色を選んだほうが春は簡単

春は明るい色を、という話の続きです。
ロング丈のアウターを取り入れる場合、アウター自体を明るくしてあげたほうが簡単です。
理由は、ロング丈のアウターはとても面積が大きいから。

黒いロング丈のアウターを春っぽく見せるには、他のアイテムをすべて明るい色に寄せてあげてなんとか・・・という感じ。
「あえて暗いロングで勝負!」
などのこだわりが無いのならば、明るい色の方が実際に使いやすくオシャレなコーデを作りやすいものです。

黒いステンコート×白パーカーコーデ

20,300

このステンコートはショート寄り。
コート以外は比較的明るいアイテムで固めているので、なんとか春コーデとしてOKっぽい感じになっていますよね。

暗い色のショート丈を使う場合には、他のアイテムで明るくする

ショート丈の場合、暗い色のものを選んでもロング丈ほどコーデが暗くなりません。
コーデ全体に占める面積の割合が違うので当然ですね。

ただ、ショート丈アウターが暗い色の代わりに、他のアイテムで明るい色を取り入れてあげましょう。
例えばこんな感じです。

春のモノトーンコーデ

14,650

黒でもショート丈ならば、なんとかなります。
ただ、このコーデのようにインナーもパンツもある程度明るい色にしてあげてください。

オシャレの悩み解決記事を見る

メンズファッションプラスのコーデ予算目安と「それって高いの?」続きを読む»

太っていてもおしゃれなファッション!抑えるべきポイント&注意点続きを読む»

筋肉質な男性のためのファションコーデ講座続きを読む»

【春のメンズファッション講座】人気のコーディネートと2020年オススメのアイテム続きを読む»