地下アイドル・天木じゅん「天真爛漫といえば、天木じゅん! だけど時々、さびしんぼ。」

2013年11月6日にメジャーデビューする「アイドル妖怪カワユシ♥」のメンバーの座を見事勝ち取った、天木じゅんちゃん
天真爛漫で笑顔が可愛いじゅんちゃんの素顔、覗いてみました。

ワンピース&クラッチ、みたいなスタイルが憧れ!

—撮影はいかがでしたか?

楽しかったです!
でも男性モデルの方と撮影するのは初めてだったから、すごく緊張しました。
男性向けの大きめのお洋服をダボッと着るコーディネートがあって、なんだか不思議な気持ちというか、恥ずかしくなっちゃいました。

—普段はどんなファッションが多いんですか?

ラクな服装が多いです
スニーカーで、大きめのTシャツを着たり。
でもファンの方に可愛いワンピースを頂いたりするので、ぜひチャレンジしたい!

—女性らしいスタイルが憧れ?

はい。街中で結婚式向けのコーディネートで歩いている女性を見ると、ステキだなあって思います。
ドレッシーなワンピースにクラッチバックとか。
憧れます! …なんて言いながら、ラクな服を選んじゃうんですけど(笑)。

「アイドル妖怪カワユシ♥」、ついにデビューします!

—そういうものですよね(笑)。
さて、とっても気になっていた話題にうつります。11月6日に新ユニットでデビューなさいますね!おめでとうございます!

ありがとうございます!
「アイドル妖怪カワユシ♥」というユニットです。レコーディングも終わって、すごく楽しみなんです!

—かなり熾烈な戦いを経たと聞きました。

そうなんです。
試練を勝ち抜いたメンバーが「アイドル妖怪カワユシ♥」としてメジャーデビューできる、というプロジェクトだったんですね。

大変でしたけど、勝ち抜くことができて、すごく嬉しかった!
ネット番組「アイドル黙示録」でも放送されて、大きな反響を頂きました。

—プロデュース陣も、かなり豪華だとか。

そうなんです、ももいろクローバーZさんの楽曲提供も務められた前山田健一(ヒャダイン)さんに楽曲を提供して頂いて、すごく光栄です!

これまでで一番のレコーディングでした。

—レコーディングはどうでしたか?

ものすごく緊張しました!
でも、前山田さんのおかげで、すごく歌詞に自分の想いを込めることができたんです。
これまで10回レコーディングを経験しましたが、一番、自分の気持ちを注げた気がしています。

—ご自身の変化を、感じられたんでしょうか。

そうですね。
初めてレコーディングをした時は「うまく歌おう、うまく聴かせよう」という気持ちが大き過ぎて、歌詞に自分の気持ちを込めることが出来ていなかったかもしれません。

いざ上京!でもやっぱり寂しかった。

—デビューからまだ1年も経っていないんですね。

そうなんです、2013年の1月23日に上京してきたばかりです。

—ずっとアイドルになりたかったんですか?

そうです、小さい頃から夢でした。
高校では演劇コースを専攻しましたし、芸能界への夢はずっと変わらず持っていました。

—東京に来よう!と思ったきっかけは何ですか?

はじめは高校を卒業してから事務所に入ろうと思っていたんですけど、どうしても「現役高校生」のうちに活動したいと思うようになったんです。
だから高校を中退して、通信制に切り替えて、上京してきました。

—すごい意志ですね!寂しくなかったですか?

行くぞ! って決意した時は何ともなかったんですけど、両親と別れた瞬間は、すごく寂しくなりました。
自立心はあるほうだと思っていたんですけど、やっぱり両親に甘えさせてもらっていたんだなって、今すごく感じています。

ホームシックの私を支えてくれたのは、ファンの皆さんでした。

—ホームシックになったら、どんな風に奮い立たせているんですか?

やっぱり、ファンの方々の存在が大きいですね。
上京してすぐは、私なんかのファンになってくれる人はいるのかな…と弱気になっていたこともありました。

だけどずっと私のファンだと言ってくださる方、ブログやTwitterに応援メッセージをくださる方…沢山いらっしゃるんです!
そのすべての皆さんが、ホームシックに打ち勝つパワーをくれるんです。

—今回、新たにデビューが決まって、ファンの方もすごく喜ばれているんじゃないですか?

はい。ファンの方々は私の「心臓」のようなもの。
「ツラくても、じゅんちゃんの笑顔を見ると元気になれる」そんなひとつひとつの皆さんの言葉がうれしい。
元気でいよう! パワフルでいなきゃ! って思います。

—前向きですね、本当に笑顔がステキ。

それが私の特技です!
昔からずっと「天真爛漫だね」って言ってもらえることが多くって。
パワフルで明るくて、人見知りせず、誰とでも仲良くできることが、私の長所です。

—じゃあ落ち込んでも、すぐ復活しちゃう?

もちろん!
やっぱりホームシックで寂しいことはよくあるし、ツラい時もあります。

でもとことん泣いたら、すぐに切り替えます! 涙で、毒を出し切っちゃう!
ちなみにお仕事でツラいって思うことはあまりありません。特にライブは楽しくってたまらない!

MCで噛んじゃう!でも、失敗なんか恐くない!

—ライブのMCでは、関西弁も出る?

はい!でも、課題ばっかり。
森カノンさんみたいに面白く話せるようになりたい!
私はまだまだトークで噛んじゃうし、臨機応変に言葉が出てこないんです。

—難しそう!MC。

そうなんです。でも、色々挑戦しています!
たとえシラけてしまっても、何もやらずに黙っているより全然いいと思うから。
何もしなければ、可能性は広がっていかないから。

—かっこいい!ファンの方も、そんな姿を見てくださっているでしょうね。

そうなんです。
全然面白くないこと言っちゃった時も、あたたかく笑ってくれるんです(笑)。

今はひたすら、アイドル界の頂点へ!

—(笑)。トーク力が上がれば、お仕事の幅も広がりますもんね

はい! バラエティでも活躍できるタレントになりたい。
街角景気☆JAPAN↑で、「有吉反省会」に出演させていただいた事があるんですが、その時は私、ぜんぜん話すことができませんでした。
ただただ、緊張するばかり。でも、すごくいい勉強になりました。

—他に挑戦してみたいお仕事はありますか?

はい、やっぱりお芝居にチャレンジしたい!
上戸彩さんに、すごく憧れています。国民的なスターですし、本当に多彩な活躍をなさっているから。
だけど何よりもまず、これからデビューしようとしているアイドル妖怪カワユシ♥で、アイドル界の頂点に立ちます!

—逞しい!応援しています!最後にファンの方へメッセージをお願いします。

いつも私を支えてくださって、本当にありがとうございます。
上京してきた時から、ずっと続けてこられたのは、皆さんのおかげ。
これからも絶対にくじけず、ひたすら上を目指していきますので、天木じゅんをよろしくおねがいします!

—ありがとうございました!

グラビアショット

編集後記

さすが演劇コース出身!と思わせる、ハキハキよく通る声が印象的な天木じゅんちゃんは、17歳ながらとても逞しく、なめらかな敬語を使いこなすシッカリ者でした。
でも、時折こぼれる可愛い関西弁や、「地元にいる両親が心配です」と語る優しい瞳に、思わずキュン!
幼い自分と卒業し、自分の夢に向かってひた走る姿に心から胸を打たれました。応援しています!

編集担当:りえそん

※編集部注:この記事は、2013年にインタビューされたものです。

天木じゅんさんプロフィール

天木じゅんオフィシャルブログ「愛 Love Iカップ」
https://ameblo.jp/jun-amaki/

Twitter
天木じゅん@jun_amaki

・スチームガールズやアリス十番をはじめ地下アイドルの過酷な現状を無料配信しています!
http://www.alice-project.biz/alice_documentary.php