スマートカジュアルで完璧コーディネート!ドレスシューズ徹底攻略法

view246

最近、「スマートカジュアル」で、とドレスコードを指定している企業が増えてきましたね。スマートカジュアルとはビジネスで使えるきちんとした身なりでありながら、冠婚葬祭ではNGとされる程度にほどよくくだけた服装のことです。たとえば「ちゃんとしたレストランでのディナーや観劇に着ていくファッション」と考えていただければ分かりやすいかと思います。

普段はアメカジに身を包むアナタでも、ちょっとお堅いレストランでデートする場面で、いつも通りのファッションで行くのは流石に厳しい……。「じゃあスーツでいいじゃん」と言いたいところですが、こういった場面では少しカジュアルにできる方が、無難カッコいいんです。ワンランク上の着こなしをバッチリ学んで、どんな場面もコーディネートを楽しんでみませんか?

そしてスマートカジュアルを陰から支え、かつ主役級の活躍をしてくれるアイテムは「ドレスシューズ」です! ドレスシューズとは、ざっくり申し上げると革靴のこと。この記事ではドレスシューズごとの特徴やスマートカジュアルとの合わせ方を解説していこうと思います!

まずは定番から! ドレスシューズの合わせ方アレコレ

商品ページ

「スマートカジュアルって、なんか大変そう」と思った方にまずご覧いただきたいのがこちらのコーディネート。意外とシンプルで、ほっとされたのではないでしょうか。

ひとつのアイテムが眼を引くというより、全体的にしっかりとまとまったコーディネートなのが印象的です。テーラードジャケットやストレッチパンツも気になりますが、ここはドレスシューズに着目してみてください。

すっきりとしたローファーですね。これひとつにカッコいいのすべてが詰まっています。ローファーはドレスシューズの中でも最もカジュアル寄りのスタイル。銀行などお堅い業界では禁止されていることも多いシューズです。

だからこそ、ローファーを選べば「このドレスシューズはビジネス用にイヤイヤ選んだのではなく、主体的にオシャレを楽しんでいるんだ」と見せることができます。女子ウケも抜群なので、ぜひ一歩上のオシャレを目指すなら揃えたいドレスシューズです!

商品ページ

もうひとつ、ドレスシューズが似合う定番コーディネートをご紹介。
背伸びしすぎない程度にフォーマルで、まさにビジネスカジュアルとしてピッタリです。「ローファーだと若すぎる」と心配になる大人びたあなたには、こういったスタイルがベターでしょう。

 

どんなドレスシューズがあるか見たくなったら、商品一覧をぜひご覧ください♪

 

ドレスコードの中でもオシャレ優先! 変わり種ドレスシューズ

「ドレスシューズだからといって、かっちりすぎない」スマートカジュアルに似合うドレスシューズといえばスリッポンシューズ(紐無しの革靴)です。

カチッと決まった場所でも、少外したアイテムが欲しいという人にバッチリ。

商品ページ

こちらのコーディネートはややオフィス寄りですが、ストライプシャツと紺色のベルトが光ります。ワンポイントで遊び心を残すには、腕が問われます。しかし上から下までセットで購入できるマネキン買いならドレスシューズからトップスまでスキのないファッションが完成します。

また、スリッポンシューズは店舗などの立ち作業にも使えるオールマイティな強みがあります。しかも最近、女性もメンズライクなドレスシューズを履くのが流行しています。スリッポンスタイルならウィメンズも多いので、男女でペアルックにもできます。

ただ、いくらスマートカジュアルとはいえ「紐無しはちょっと怖いなあ・・・」という人に、また別の角度からオシャレなドレスシューズを紹介してみようと思います。

まずはこちらをご確認ください!

商品ページ

スマートカジュアルとしては先ほどと似たようなファッションですが、より落ち着いた印象ですね。ここでもチェックして欲しいのはもちろん足元です。

こちらはバブーシュといって、モロッコの伝統的な履き物。シンプルなカッコよさのなかに、どことなく可愛い雰囲気が残っていると思いませんか? 二色のバランスが綺麗に整っているところが売りですね。

もうひとつ変化球のドレスシューズのコーディネートを紹介させてください。

商品ページ

こちらはオックスフォードシューズに黒のジャケット、そしてストレッチパンツの組み合わせ。これならフォーマルなレストランへも問題なく着ていけるスタイルです。

ぱっと見では厚着に見えるかもしれません。しかし上着さえ脱いでしまえば暑い日も出歩けるのがうれしいポイント。こちらのドレスシューズは、ローファーやスリッポンに比べるとかなりフォーマル度が高いオックスフォードシューズです。ちょっと褪せた色味なのがまた素敵ですね。いざというときのために、スマートカジュアルでも一足はオックスフォードシューズを揃えておきましょう。

ここまでいかがでしたでしょうか。シンプルゆえに奥が深いドレスシューズの世界を味わっていただけたかと思います! キメ過ぎてもいけない、外し過ぎてもいけないスマートカジュアルなドレスコードに悩まされた方は人生において一度や二度ではないはず・・・。ここぞという場面でピシッと自分らしさを演出するためにも、間違いのないドレスシューズ選びに挑戦してみてください!

ドレスシューズの商品一覧から、あなたのお気に入りを見つけちゃいましょう

 

著者:メンズファッション研究所

メンズファッション初心者向けのコーディネートを日々研究している編集スタッフです。今日から始められる簡単コーデをテーマに、無難カッコいい男性向けのファッションを提案していきます。