ビジネススーツを着替えても大丈夫!ビジネスカジュアル、スマートカジュアルの魔法

view1,017

春ですね!

新しい出会いの季節です。社会人生活にも慣れてきて、休日にデートをする機会も出てくるかも。異性との出会いは社会人にとって貴重品。ここはまさしく張り切りどころといえるでしょう。

しかし、ここで「あれ、何を着ればいいんだ?」となってしまう新社会人は…実はとても多いのです。そして、ここにはもう一つ新社会人の陥りやすい恐ろしい罠が存在します。

スーツマジックが解ける恐怖

「スーツマジック」。この言葉をご存知の方も多いでしょうし、字面でなんとなくわかりますよね。そう、スーツマジックというのは「スーツを着た男性がなんとなくカッコ良く見えてしまう現象」です。

男性がスーツを着こなしていると、体型が引き締まって小顔に見えますし、全体的にスマートな印象が出ます。仕事ができそう、信頼できそう、知的、そういった雰囲気に魅力を感じてしまう女性は多いものです。

そう、いうならばスーツというのは「最高に便利な服」なのです。しかも、着こなしはそれなりに型があり、基本的にはセット買いなので靴やネクタイ、シャツの合わせ程度を覚えれば着こなせる。なんだかんだ、男はスーツが格好いい。これは女性の多くに賛同される意見だと思います。

しかし、休日のデートで一緒にレストランに行くとなれば「スーツで…」というわけにはいきません。新社会人の試されポイントです。さぁ、スマートに突破してみましょう。

スマートカジュアルの魔法

さて、先ほどスーツマジックという魔法のお話をしましたが、「魔法」の服は「スーツ」だけではありません。そう、ここで登場するのが「スマートカジュアル」という着こなしです。これはスーツに負けず劣らずの魔法の服です。覚えておいて損はありません。

スマートカジュアルとは何なのか。例えば、ちょっとお高いレストランでもOK、友人の結婚式の二次会も、ちょっとしたパーティーもこれで問題なし。「仕事よりちょっとくだけた場所」のドレスコードと言えます。

新社会人になって、あの子と初めて行くデートに最適の着こなしと言い切って過言ではありません。それでいて、ミシュラン星付きレストランにも入っていけるとても便利な装いです。

え、くだけた場所なのにドレスコード?なにそれ?そんな気持ちはわかります。しかし、実はこれも「スーツ」と同じで基本の型がバッチリあります。そして、このスマートカジュアルにもスーツと同じ魔法が期待できるのです。

これは覚えるしかない着こなしでしょう!安心してください、難しくありません!

スマートカジュアルは要するにジャケットとパンツ

細かいことは全部なし。スマートカジュアルというのは、ジャケットとパンツを合わせるスタイルだと覚えてください。

「ジャケットとパンツってことはシャツもいるし、どうやって合わせるの?難しいよね?」という気持ちが湧きましたね?

そうなんです。スーツと違って着こなしの自由度が上がる分だけ難度は上昇します。ジャケットとパンツが合ってなければ、シャツを外していれば大惨事。これがスマートカジュアルの怖さ…。筆者も大失敗をした記憶が実は…あります。しかし心配無用!

商品ページ

プロが合わせたスタイルがこちらです。ラフさと軽やかさを感じさせるロングシャツに、キレイ目ジャケットを合わせたスタイル。そして、脚長効果も抜群なテーパードパンツも全体をスマートに仕上げます。

スマートになりすぎないロングシャツのラフさが、スマートカジュアルの真骨頂と言えるでしょう。ほら、ちょっとわかってきた気がしませんか?

商品ページ

こちらも見てみてください。着心地抜群、そしてやわらかな色合いのジャケットに、長そでTシャツのラフさが光ります。代わりにアンクルパンツは濃色で全体をスマートに引き締めます。くるぶしを出すスタイルのアンクルパンツはこれからの季節感もバッチリ。

商品ページ

こちらもオススメのコーディネイトです。ニットテーラードジャケットの中に、濃色の長そでTシャツを合わせてひきしめ、さわやかな色合いのパンツが季節感を添えます。

なんとなくイメージはつかめたのではないでしょうか。まずはマネキン買いで揃え、そこからアイテムをプラスして着こなしを覚えていく。このスタイルで、あなたもスマートカジュアルの魔法を手に入れましょう。

応用編、ビジネスカジュアルとクールビズスタイル

スマートカジュアルの魔法に続いて、ビジネスカジュアルの魔法のお話です。そう、これから暖かくなる季節、クールビズスタイルも求められてきます。

ビジネスの服をややカジュアルに着こなしたのがビジネスカジュアルと言えますが、どの程度の「カジュアルさ」が許容されるかは職場によります。しかし、ビジネスカジュアルを覚えると服の「ビジネス度」を自在に調整できるようになるというとても便利なオプションがついてきます!スーツのビジネス度を8~10とすれば、ビジネスカジュアルは7~5くらいだと思っておけばいいでしょう。スマートカジュアルが2~4ですね。

「今日は上司のホームパーティー、取引先も来るからビジネス寄りだが、スーツというわけにもいかない…」そんなときに使える装いがビジネスカジュアルです。職場によっては、ビジネスカジュアルで出勤が定番というところもありますね。そんな時はこんなコーデです。

商品ページ

クールビズスタイルにも対応。ストライプシャツに、動きやすいストレッチパンツを合わせました。若手はパーティーでもお酌をしたり挨拶周りをしたり、「動きやすい」必要があるのです。シャツは上品なストライプで上質感を。

商品ページ

こちらは大人の落ち着きを重視した着こなしです。清潔感のある白のパンツに落ち着いた色柄のシャツを合わせました。「若く見られすぎてしまう」というのは若手ビジネスマンにはマイナス要素。しっとりとした大人の落ち着きを取り入れてみるのも良いでしょう。

さて、今回のスーツマジックの代わりになってあなたを演出する魔法、スマートカジュアル、ビジネスカジュアルのお話はいかがだったでしょうか。

そして最後に…。気になっているあの子が「スーツが格好いい」と言ってくれたのであれば、あなたはやや「ビジネス度」の高い装いが彼女に好まれているということです。ということは、スマートカジュアルか、ビジネスカジュアルのどちらが正解か…わかってきますね。

大人はどんな場所でもビジネスをする生き物です。それぞれが「ここはこの程度のビジネス度の服が最適」と考えて服を選びます。「いつもスーツ」は必ずしも間違いではありませんが、スマートとは言えません。そして、何より洗練されたビジネスマンは格好いい。この格好良さをスーツ以外でも使いこなせるようになりましょう!

さぁ、上司のパーティーからあの子との初デートまで、あなたのスマートな着こなしにトライしてみましょう。コツを体得すれば、自由自在に着こなすことが出来るようになっていきます。是非、お試しください。

著者:メンズファッション研究所

メンズファッション初心者向けのコーディネートを日々研究している編集スタッフです。今日から始められる簡単コーデをテーマに、無難カッコいい男性向けのファッションを提案していきます。